ワンダータウン・新得

旅を終えて2週間経ってしまいましたが、

ローカル鉄道の旅の続きをちょこっと書いていきますね。

旅の模様はこちらから。

 

帰りは帯広を8:55に出発して、

同じルートを反対方向に進んで札幌に戻りました。

とはいえ、富良野は帰りは通過したし、

13分の停車があった岩見沢では、

帰りは数分で乗り換えがあったりと、

ちょっとした変化があるのも鉄道旅の面白さ。

 

そして、帰り道で4時間の滞在をしたのが新得駅でした。

 

まず、おおっ!と目を惹いたのが

駅前のバスロータリーに面したサウナ!

 

駅前の、言わば一等地にどどーんとサウナって

面白いなぁと思いつつ、

もしかしたらあちこちから鉄道の長旅でやってくる人たちが

ここでしばらく体を癒して、また次の鉄道の旅へ向かう英気を養う

なんて存在になっているのかも?と想像したりもしていました。

 

私たちも4時間あるのでサウナ行く?という話にもなりましたが、

残念ながら新得に着いたのは午前中で、

このサウナは13時オープンだったので断念。

 

代わりにこの町をゆっくり散策することにしました。

新得はお蕎麦が有名なところなので、

あちこちに蕎麦屋さんがありました。

そして次に気になったのが駅前すぐの本屋さん。

 

相馬書店さんというお店なのですが、

ここがもう最高でした。

下の写真で見えますでしょうか。

お店のガラスには子供達が描いた自由な絵がカラフルにお出迎え。

お店の方に伺ったところ、

前に1度このガラスに自由に絵を描いていいよというイベントをしたら

大好評だったので、前回参加できなかった子たちのために

2回目を開催して描かれたものだそうです。

 

もうすぐこの絵は拭き取られる予定だったとのことで、

その前に撮影できてよかった!

 

そして、何が面白いかって、相馬書店が売るのは本だけではないのです。

雑貨も、名物のお蕎麦も、お酒も、美味しそうなチーズも、

お店の中に売っているのです。

もうこの店に住んでもいい!っていうくらいに好きなものが

いっぱい売られていて、笑いがこみ上げてしまいました。

 

しかも、お店では時々パソコン教室が開かれたり、

コーヒーの入れ方ワークショップがあったりと、

地域のコミュニティスペースのような存在にもなっているようです。

このラインナップとイベントの感じって・・・

新得の蔦屋書店やんかー!

とさえ思いました。

 

町の人のニーズに合ったものをうまく地域に提供している

とても素敵なスポットだなと思ったものです。

この相馬書店、気に入りすぎて、4時間の間に4回訪れました(笑)。

 

 

そして、町をさらにぶらつくと、

これって、フキノトウじゃないですかー!

見渡す限りフキノトウだらけの空き地を発見。

いや、よく見ると鉄道のそばの土手とか、

あちこちにいっぱい生えています。

「わー、フキノトウだ!天ぷらにしたら美味しいよね〜」と

興奮している私たちを、近所の人は笑って眺めるだけ。

どうやら採っても良さそうな雰囲気・・・。

 

で、美味しそうなところをちょこっと頂いてきました。

採っても採っても、まだまだ生えている、

フキノトウ豊作な町でした。

 

さらにうろうろしていると、町の図書館を発見。

お邪魔しまーすとそっと入ると、

図書館にしては珍しく、玄関で靴からスリッパに履き替える仕組み。

そして2階建と思われる建物の1階に入ると

子供向けの本だけが部屋を埋め尽くしています。

赤ちゃん向けの絵本から、幼稚園で読まれそうな大型絵本、

ジュニア用の小説など、子供の本の充実っぷりが素晴らしいのです。

このフロアを眺めるだけで、町が子供達を大切に育てようとする

姿勢のようなものを感じました。

図書館の壁には絵本作家さんたちの色紙もいっぱい。

後で調べると、こちらの図書館は絵本作家さんを招いたイベントなども

色々開催されているようです。

 

とっても穏やかで、子供を大事にする豊かな町なのだなぁと

新得の印象がさらに良くなっていく中、

私の新得ポイントをさらに上げてくれたのはこちら!

お猫様〜♡♡♡

 

目つきはちょっと怖そうですが(笑)

めちゃめちゃ人懐っこくて可愛い鳴き声の子でした。

この子は地元の時計屋さんの店の前に繋がれていて、

時計屋さんの店主さんらしき方を含めて

3人のおじちゃまおばちゃまが店の前で談笑しています。

3人の話が盛り上がりすぎていて、

誰も私たちに見向きもしてくれませんでしたが、

この猫ちゃんだけが「にゃー」と声をかけてくれました。

お店の方に「触ってもいいですか、写真撮ってもいいですか?」と

伺ってから撮影タイム。

お名前を教えて欲しかったけど、盛り上がっているお3方に

割り込むことができませんでした(笑)。

 

そういえば、駅前の街路樹の根元にもこんなオブジェが。

 

以前訪れた広島県の尾道は「猫の町」として有名で

出会う猫ちゃんの数もとても多かったのですが、

新得はそういうわけではありません。

でも、猫好きマミコの心をくすぐるには十分!

 

そうそう、麺類好きマミコでもありますので、

もちろんお蕎麦もお土産に買いました。

買ったのは、新得の蔦屋書店・相馬書店です。

 

このお蕎麦を作っている「はら農場」では

農薬や肥料を使わず、クローバーを生やしたり、

蜂を使ったりしながら、出来るだけ自然な形で

お蕎麦を作っているんだそうです。

10割蕎麦、茹でてみたらトロっトロの茹で汁になりました。

蕎麦の成分、ルチンがたっぷり。

蕎麦湯も最高でした。

 

駅のそばの踏切も、電車の本数が少ないから

開きっぱなしで写真撮り放題。

線路の上を歩く、映画「STAND BY ME」ごっこもし放題でした。

お腹が空いてきたので、

駅前の蕎麦屋さんで新得そばをいただき大満足。

 

そして、出発までもう少し時間があったし、

駅前も日差しがいっぱいでぬくぬくだったので

駅前のベンチで残りのワインを飲みながら

出発時間を待ちました。

 

帰った翌日、我が家のテーブルは

新得そばと、フキノトウの天ぷらという

新得セットのようなメニューが並びました。

フキノトウをよく知らなかったうちの夫も

「うわ、これは美味しい」と春の味を喜んでいました。

結局どこに行っても、

食べ物と、お酒と、猫と本。

好きなものは変わらないってことですね。

札幌での日々をようやく綴ります

沖縄から札幌への引っ越しが決まり、このブログでもお伝えして、

そこから放置すること4ヶ月・・・。

 

温かいコメントをくださった皆さん、

ブログを読んでくださった皆さん、

本当に本当に失礼しました。

 

8月の下旬に娘と共に札幌へ引っ越しました。

新千歳空港に着くとこんな雪国っぽいサインがお出迎えしてくれて、真夏にも関わらず北へ来た(ダジャレではない)のだなぁと実感。

 

沖縄に置いてきた臆病者のプディ子はんのことを

心配していたのですが、

9月には迎えに行くからねーと約束して

まずはお家の片付けに専念。

 

引っ越し当日の夕方、窓から見えた虹。実は沖縄に引っ越した日にも虹が見えたのですが、札幌でも同じく虹に迎えてもらえて、すごく嬉しかったことを覚えています。

 

今回、就職先であるAmazonからは、

家族の引っ越しの費用も出してもらえるという条件だったのですが

夫は当分沖縄に暮らすこともあり、

会社からの引っ越し費用は夫が札幌に来る時に

大型家具を運搬する際に使わせてもらおうと思い、

娘と私が当面必要なものを段ボール25箱くらいにまとめ

沖縄の郵便局からひたすら札幌に送りました。

あと、必要な家具なども私と娘の引っ越しに合わせて

届くように手配しました。

 

しかーし。

注文した家具が私と娘の到着よりも早く着いてしまい

「居住者不在」で返送されてしまったり、

来るはずの荷物が来るべき日に届かなかったり・・・。

引っ越し初日、私と娘は寝具が届かず、

段ボールを何枚も重ねた上で寝ました・・・。

(思ったよりは寝られたけど、翌日体が痛かった)

 

 

ちなみに9月に沖縄に迎えにいったプディ子はんは

ふてくされながらも私との再会を喜んでくれました。

札幌に着いてからは

少しだけ猫トイレやクローゼットに引きこもったものの

あとはウロウロと新しい家を探検し、

夜は私にくっついて眠り、

意外と早く慣れてくれました。

 

9月とはいえ、夜になると気温がきっちり下がるので

猫がくっついて寝ていても暑くないのが良かったです。

新しいお家でもくつろぎ始めたプディ子はん。彼女なりにゆっくり慣れてくれればいいと思っていましたが、予想以上の適応力を発揮してくれました。グッジョブ。

 

 

とにかく引っ越しして最初の数日間は

ひたすら家具を組み立て、段ボールの荷物を片付け、

なんとか暮らせる状態には持っていきました。

当時の私の腰痛はハンパなく、コルセットが手放せない状態。

その合間に娘の転校手続きなども済ませて、

気づけば私の入社日。。。

 

方向音痴の私は、30分余裕を持って家を出たのですが、

会社に着いたのは集合時間の10分前。

しかもビルの1階に迎えに会社の人が迎えに来てくれる

ことになっていたらしいのですが、

私は1人でエレベーターに乗って会社の受付まで行き、

そこで待っていたという別行動!!

 

一緒に入社した他のメンバーが揃ってエレベーターから上がってきて

「あれ?下で集合だったんですか?」と

すっとぼけた声を出したのが、

私と、私の上司にあたるマネージャーとの最初の会話でした。

 

 

初日は社内でオリエンテーション的な時間や

支給されるパソコンのセッティングやらに忙殺されました。

その途中で、マネージャーが

「明日から自宅で仕事してください」と一言。

 

え?右も左も上も下も分からないというのに、

明日から在宅勤務ですとーーー??

最初の数週間は研修で、それは社内で行われると思っていたため

張り切って1ヶ月分の通勤定期買っちゃったやーーん。

 

などなど悲喜こもごもありましたが、

半ば強制的にオフィスにいる人数を減らしている中

新入社員(しかも同期でぶっちぎり最年長)の私が

従わないわけにいきません。

 

不安しかないまま、支給されたパソコンを持って退社しました。

同期にもう1人、ママさんワーカーがいらして

(とはいえ、彼女は私より10歳近く年下)

2人で「不安しかないよね・・・」って言いながら

駅まで歩いたものです。

コルセットを巻いた腰痛がシクシク辛かったぜ・・・(笑)

 

 

翌日から研修が始まりました。

色々な人に「マミコさんはAmazonで何の仕事をしているの?」

と聞かれるのですが、

簡単に言うと、Amazonで販売をする、いわゆるセラーさん側に

関わるお仕事です。

お買い物をする人が、安心していい環境で楽しんでもらうためにも

販売する側のサポートやコンプライアンスの遵守は絶対必要で

毎日なかなかの緊張感を強いられる瞬間があります。

 

ラジオの世界で四半世紀ほど仕事をしてきた私にとっては

全くの未知なるお仕事。

研修中、そして実際の業務についてからも、

私本当にこの仕事やっていけるのか?と何度も思いました。

 

でも、オンラインでの研修にも関わらず

非常にアットホームで質問しやすい雰囲気があったり、

繰り返し自習できるシステムがあったりしたおかげで

なんとか業務に携われる状況に成長させていただきました。

 

実際に仕事をして思うのは、

若い会社であり、どんどん新しいチャレンジをする社会なので、

システムの変更や見直しもすごい頻度で行われます。

それこそ週単位で業務上のルールが変わったりもします。

その変化についていくこと、変化を理解して、

出来るだけ疑問点を早く解消することの大切さも

学びました。

 

家族との会話や、ラジオでのコングさんとのやり取りで

英語を使う機会はたくさんあったものの、

ビジネス用語のボキャブラリーが貧困だった私は

英語の壁にも苦労しました。

毎日知らない英語をノートに書き留めたり、

スマホの英語辞書アプリを常に開いた状態で自習をしたり。

最初の1ヶ月くらいは仕事に必要な文書を読むだけでも

途中で挫折しそうになったりしていました。

老眼加速中の目にも辛かった・・・。

 

それでも、少しずつ必要な英単語を覚えて、使えるようになり、

世界規模で送られてくる業務用メールの膨大な英語も

業務の合間に読んで対応できるようになってきました。

 

あと、長年マックユーザーだった私は

会社支給のWindowsの操作にも慣れなくて、

それにも泣かされました。

Outlookの設定が分からへーん!とか

右クリックの必要なタイミングが分からへーん!とか

そんなのしょっちゅうでした。

 

でも、とにかく必死でついて行くしかなく、

チーム最年長なので足を引っ張ってはいけないと

始業時は誰よりも早くログインして自習したり、

業務が終わってから夜もう1度復習したり、

翌日のやることを見直したり、

私ができることは時間をかけて能力を上げることしかありませんでした。

 

その甲斐あって、先月会社から

「Best new comer」の1人として賞をいただいたことは

本当に嬉しいことでした。

(もちろん他の賞もありますし、受賞したのは私だけではないですよー)

アラフィフの私でもまだ成長できるんだ!

って思えたのが何より嬉しかったです。

 

 

とはいえ、業務の最先端の難しいことを、

私が先頭切って理解して伝えて行くことは、控えめにいっても

ちっともできていません。

でも、私はマネージャーの業務がいっぱいいっぱいな時に

「お手伝いしましょうか」と声をかけたり、

チームで欠けていることに気付いた時に

「こういう機会を作ってみませんか?」と提案したりといった

隙間を埋めて行く役割が似合っているようです。

 

実は、入社翌日から在宅勤務が続いているチームで仕事をする中

圧倒的にコミュニケーションの機会が少なく、

オンラインでのコミュニケーションではどうしても

業務にまつわる堅苦しい話に終始してしまう環境を

すごく不自然に感じていました。

ある日思い切って「私たちには雑談が圧倒的に足りない!!」

「だから雑談のためだけの時間を作りたいです!」と

上司に勝手に企画書を送りつけました(笑)

 

Amazonに入社して、この会社のいいところだなと思う点の1つに

やりたいことがあれば、どんどん提案してねと言う文化が

浸透していることがあります。

ひらめきや、ちょっとした思いつきで、

こうしてみようか、ああしてみようか、と言う思いつきを

すぐ口にしたがる私にとっては本当にありがたい。

そしてそれをきちんと評価してくれる社風に乗っかりました。

もちろん、アカン提案は「うーん、これはちょっと難しいかな」

とやんわり却下されますが。

 

現在、同じチーム内のメンバーたちと雑談のためのグループを作り

みんなが好き勝手に喋れる時間を定期的に開催しています。

まだまだ足りないなぁと思うこともいっぱいありますし、

そんなことより本来の業務のスキルアップを図りなはれ、

という思いもあるのですが、

私にできることをやっていけばいい、と半ば開き直りのようであり

半ば私らしくいるための立ち位置のようなものを

見つけた気分にもなりつつあります。

 

まだ入社4ヶ月の私ですが、1つ1つ壁を超えて

きっとこれからもどんどんやってくる壁を前に

凹んだりもするのでしょうが、

まぁ何とか攻略してみようと、手を替え品を替え

やって行くことになるのでしょう。

 

私がラジオの世界で身につけた最大といってもいいスキルは

反省はするけど、長く落ち込まない、ということです。

ラジオの世界に入ったばかりの頃、

生放送で失敗をし(それほど大きな失敗でなくても)、

1週間近く落ち込んでいたことがありました。

当時週に1回の生放送を担当していたので、

「落ち込んだまま次のオンエアが来てしまう!これはダメだ」

と必死になって気持ちを切り替えたことを覚えています。

 

週に4日の生放送を担当し、週末はイベントで司会をし、

というような仕事になっていくと、

そんなに長いこと落ち込んでいられません。

落ち込んで得をする人は誰もいません。

私は仕事の時は「いつもご機嫌さん」でいることを

モットーにしていますので、なおさらです。

そこで、失敗した後は、とことん反省をして、

なぜ失敗が起こったのか、どうすれば起こらなかったのか、

次に同じ状況になった時はどう対応するのかなど

自己分析だけはしっかり行って、

それが終わったら完全にピリオドを打つ!

 

それでも気分が晴れない時は、

好きな映画を見るとか、お酒を飲むとか、漫画を読むとか、

何でもいいから簡単で楽しいことをします。

それで終わり!

 

こういうスキルが身についたことは、今の仕事にもとても

役に立っています。

新しい仕事に就いてからも失敗は何度もしました。

失敗の報告書の書き方も上手くなりました。

そこを自慢するなって感じですが。

 

私の若い同期の中には

失敗することによって、以前から練っていた

素晴らしい提案があるにも関わらず

「あんな失敗した自分が、こんな提案をするのは良くない」

と口を閉ざしてしまう人もいます。

 

そんなんもったいなーーーい!!

と思うのです。

失敗は失敗。終わったことは取り戻せない。

そこから学んでいくしかない。

だからと言って、もっと環境を良くするための提案や

仕事に役立ちそうなアイデアを封印するなんて

そんな罰を自らに与える必要はないと思うのです。

 

 

こんな風に思えるようになったのは

私が歳を重ねたせいでしょう。

私も彼らくらいの歳の頃には、もっと別の考えをしていました。

 

だからチーム最年長、おばちゃんパワーを発揮して、

「もっとみんなどんどん声に出していこう!!」と

いう雰囲気を作って行くことは

私だからできる役割だと思います。

「色々失敗しているマミコさんも平気でやっているんだから

私も、僕もやっていいのだ」と思ってもらえれば

そんなに嬉しいことはありません。

 

と、仕事にも少しずつ慣れてきて、

どんどん面白くなってきたところで、

夫も今月頭に、もう1匹のニャンコの

イジーとともに札幌に引っ越ししてきました!

やっぱり2匹揃うと、愛おしさ10倍。全然違う性格だけど、それなりにうまくやっています。可愛いコンビ。

 

現在夫は沖縄の職場の有給消化中で、

来月からは札幌の新しい職場での仕事が始まります。

家族3人、ニャンズ2匹、雪に囲まれた

真っ白の街で、時々喧嘩もしますが

基本笑って暮らしています。

 

 

札幌はとても美しく、

暮らしぶりは合理的で便利。

優しい人が多くて、気持ちよい日々です。

 

ようやくブログに手をつけられるくらいの余裕が

取り戻せました。

次の更新がいつになるかはわかりませんが、

こちらでも時々綴っていけたらと思っています。

 

長い文章、読んでくださってありがとうございました。

 

2020年12月19日(土)雪の降る札幌より

ジローデビュー

最近うちのニャンコ、イジーさんが粗相をしましてね。

時々やるんです。ストレスかなぁ。

前は引越しでどんどん家の中の様子が変わって行く時に

何度か立て続けにやられました。

 

今回は、雨が降ったり強風だったりで、

窓さえ開けてあげられない日が続いたので

ベランダでゴロゴロするのが大好きなイジーさんは

ストレス溜まったのかなぁ。。。

(昨日から晴れ間が戻ったので、早速ベランダを楽しんでます)

 

 

イジーが粗相するのは、いつも布団の上(泣)。

今回は娘の布団の上でした。

その直前に、年下のお友達がうちに遊びにきて、

娘の布団の上にお茶をこぼしました。

お茶と猫の粗相のダブルパンチ。

 

もう悲惨。。。

わっるい顔しとります・・・

 

というわけで、行ってきました「フトン巻きのジロー」

 

 

ご存知ですか?ジロー。

 

なんて偉そうな言い方してますが、私も半年前くらいに知りました。

テレビで「今勢いのあるコインランドリー」として

紹介されていたのです。

なんでも沖縄発の会社で、

布団を丸ごと洗って乾燥させる洗濯乾燥機があること、

布団のワタがよれないように

布団を巻くというやり方が画期的なこと、

などが紹介されていました。

 

お布団丸洗いのお店は他にも色々ありますが、

敷布団を「巻いて」「洗う」というフトン巻きは

商標登録出願済みの、フトン巻きのジローオリジナルだそうです。

 

沖縄は梅雨時の湿度も高いし、きっと需要あるだろうなぁと

思っていましたし、布団を丸ごと自分で洗えるのって

やっぱり気持ちよくて嬉しいもの。

 

最近沖縄以外の地域にも出店が増えてきていますが

(今のところ、関西には無いみたいです)、

沖縄には30店舗もあるというフトン巻きのジロー。

我が家の近くにもあるので、近々行くつもりではいました。

 

で、娘のお布団が大惨事になったので、「ヘルプミー!ジロー!」と

出かけてきました。

 

持って行ったのは、掛布団1枚と敷布団3枚。

 

広々した明るい店内には大きなテーブル。

このうえにお布団を置いて巻き巻きするんです。

 

お店のクルーの女性に「巻く必要がある布団かどうか」を

見定めてもらいます。

キルティング加工のない敷布団は、巻かねばなりません。

中綿のヨレを軽減するためです。

 

縦長に3分の1サイズに折りたたんで、

マジックテープ様のスペシャルバンドで5箇所ほど

ぎゅっと縛ります。

巻き寿司を超拡大した様な、縦長ロールのお布団の出来上がり。

これを、ドラム式洗濯機の中の、ドラムに沿わせる様に

入れて、洗濯スタート。

 

洗濯が終わったら、乾燥させる前に1度取り出し、

中のワタを均等にしてから、また縦長に巻いて、乾燥機へ。

30分ほど乾燥させたら、また取り出して今度は反対方向に巻いて

さらに乾燥させると乾きが早い、

といった技を、お店のクルーのお姉さんが教えてくれます。

セルフサービスのお店なのですが、

そのクルーのお姉さんは一緒に布団を巻いてくれたり

洗濯機にセットしてくれたり、いっぱい手伝ってくれました。

 

プリペイドカードは値段に応じて最大20%分余分に

金額が付いてくるので、お得ですよー

なんていう営業もしつつ手伝ってくれたお姉さん。

プロの仕事っぷり、素敵でした。

 

思わず嬉しくなって

「私ね、最近関西から引っ越してきたんですが、

関西にいるときにフトン巻きのジローのことをテレビで見て

沖縄に行ったら絶対洗いにこようと思ってたんです。

今日が初ジロー!(笑)」なんて雑談までしちゃったりして。

 

洗い終わった布団は、除湿できるお部屋にしばらく置いてくれて

出来るだけ乾燥させてくれました。

「お家に戻ってからもしばらく干しておくとよりカラッとしますよ」

とアドバイスもらい、

帰ってからさらに天日干し。

おかげでふんわり綺麗な布団になりました。

 

お姉さんが惜しみなく教えてくれて、手伝ってくれたおかげで

私もすっかりジロー通(笑 ほんまかな)。

 

うちの娘は、ハウスダストアレルギーがあるので

マメにジローで洗っておくといいなぁ。

また行こう。

 

サンキュー・ジロー。

シーユー・ジロー。

 

と、ここまで書いて、

やっぱりネーミングって大事だなぁと改めて思いました。

 

お店のコンセプトも、

お店で働く人も素晴らしかったので

人気があるのにも納得なのですが、

例えば「フトンクリーン」とかいうシンプルな名前の

コインランドリーだったら、

同じやり方でもここまで流行っただろうか。

 

固有名詞なんて、今やなかなか覚えられない私が

フトン巻きのジローはすぐに覚えましたもの。

覚えていたら、検索もするし、グーグルマップでも確認するし。

行ってみるためのハードルがぐっと下がりますよね。

やっぱり名前って大事です。

キャッチーだもの。ジロー。