フレンドリーやわぁ

9月13日から、2泊3日で沖縄へ行っていました。

なぜなら、娘の小学校の運動会があったから。

 

私にとっては、初めての娘の学校へ行く機会でした。

運動会に行く途中、公園で見かけた子猫ちゃんたち。 沖縄はその辺を気ままにウロウロしている猫ちゃんが多い!

 

近所に住んでいる同級生のお母さんに色々教えていただきながら、

運動会が始まるのを待っていました。

 

すると、周りのお母さん方が先生を呼ぶ時に

「下の名前+先生」と呼んでいるではありませんか。

いわば「真美子先生」みたいに。

誰も「小谷先生」とは呼んでいません。

 

へーー。なんかフレンドリーやなぁ。と思いながら聞いていました。

 

実はうちの娘も転校早々、担任の先生のことを下の名前+先生で

呼んでいたので、えらい早く仲良しになったのねぇと思っていたのです。

 

保護者たちも、先生を下の名前で呼ぶんだ、と思って、

同級生のお母さんに

「この学校って、先生を呼ぶのに、苗字じゃなくて下の名前に

先生ってつけるんですね。すっごいフレンドリーですねぇ!」って

感激の面持ちで話しかけたんです。

 

そしたら、

「そうなのよ。だって、何人も比嘉先生がいたり、

金城先生がいたりするから。ややこしいでしょ」。

 

あ・・・。そういうことか。

 

沖縄っぽい苗字が被ってしまうことが多いからなんですね。

 

調べたところ、沖縄苗字では比嘉さんが1番多いようで、

沖縄人口の3.2%ほどが比嘉さんなんだとか。

これから、沖縄暮らしが始まると

難読苗字の方々にも出会うことになるのでしょう。

 

沖縄の皆様、お名前をすんなり読めなくても、

どうぞお許しください。。。

ちょっとずつ覚えていきます!