オクトパスの神秘:海の賢者は語る(Netflixで配信中)

今年のアカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画にもノミネートされている

初めての南アフリカの自然を舞台にしたドキュメンタリー作品を

ぜひ多くの方に観てもらいたいと!心から思ってこの投稿をしています。

 

ここに出てくる人間はたった2人。

映画制作者であるクレイグ・フォスターと彼の息子のトムだけ。

(奥様であり、この映画のプロダクションマネージャーも務めた

スワティ・ティヤガラジャンさんの姿もちらりと映る程度)

 

その他のキャストは、南アフリカの海の豊かの生物たちがたくさん。

 

そして主役は1匹のメスダコです。

 

クレイグが仕事で精神的にボロボロになり、

カメラ機材などを見るのも嫌になってしまった時に

足を向けたのが、子供の頃毎日潜っていた南アフリカの

荒々しい海でした。

海藻が原生林のように繁った海は温度も低く、獰猛で、

小さい頃に慣れ親しんだはずのクレイグにとっても

恐怖心との戦いから始まりました。

 

本能的にこの海にはタンクも背負わず、

ウェットスーツも身につけず、

出来るだけ生身の自分に近い状態で接したいと感じた彼は

海水パンツにシュノーケルマスクとウェイトとフィンだけつけて

潜るようになりました。

 

そこで見つけたのは身体中に貝殻をまとわせて

まるで海底のオブジェのような姿でじっとしている

1匹のタコでした。

周りの魚もまさに「ギョギョ!」と驚いている様子が

映像で伝わってきます。

 

なぜこんな不思議ないでたちになる必要があったのか?

タコは一体何を考えているのか?

 

クレイグはそのタコに急速に興味を惹かれていきます。

 

「もし毎日このタコに会いに行ったらどうなるだろう?」

 

ここからスタートしたのが、この映画です。

 

タコのこと、全然知りませんでした。

知性と、好奇心と、優美さと、機敏さを兼ね備え、

与えられた命を誠実に守り抜き、役目を果たそうとする

なんと高貴な生き物なのか。。。

 

最初は、クレイグさんがタコオタクすぎて

心情的についていけなかったらどうしようと

ちらりと思ったのですが、

そんな心配は無用でした。

 

まさか、タコのドキュメンタリーを見て

号泣することになろうとは。

 

そしてタコの生態だけでなく、

タコの心までも伝えてくれるほどの映像は必見です。

最初の方に出てくる、貝殻をまとったオブジェのような

姿の理由もちゃんと解明されます。

 

沖縄に住んでいた頃、週末になると近くの海まで歩いて行って

シュノーケリングをしていました。

時々水中カメラで撮影をしたりもしましたが、

海の撮影って本当に本当に難しいのですよね。

気に入った写真なんてほとんど撮れませんでした。

 

それが、この映画では海洋学者もびっくりな

タコの生き様がクリアに、丁寧に撮影されています。

制作チームの素晴らしい技術も、

粘り強い撮影の成果も、

クレイグ自身のダイバーとしての力量も、

人としての好奇心と優しさも、

どれ一つ欠けても成り立たなかったと思います。

 

タコを狙うサメもいます。

そのサメを追い払ってしまいたくなるくらいに

タコのことを大好きになるクレイグ。

でも、それをするのは自然の秩序を乱すことになる。

この苦しい葛藤を抱えながら、

自然の厳しさを見つめるしかないクレイグは

胸が張り裂けんばかりの気持ちだったことでしょう。

大切だから、手を出さずにそっと見つめているしかない。

大切な家族や友人を思うような気持ちでタコのことを

思うようになる、クレイグの独白も心にしみました。

 

そしてタコと毎日会うことで、

クレイグ自身が周りの人や自然に対しての思いを

深めていくプロセスも、とても美しく思えました。

 

あぁもっと語りたいところはたくさんあるのですが、

海の世界の美しさや厳しさを

見る人それぞれが120%楽しんでいただくために

私はそろそろ口をつぐみます。

 

見た方、ぜひ語り合いましょう。

 

あ、私は当分お寿司屋さんに行っても

タコは頼まないかも・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です