ワンダータウン・新得

旅を終えて2週間経ってしまいましたが、

ローカル鉄道の旅の続きをちょこっと書いていきますね。

旅の模様はこちらから。

 

帰りは帯広を8:55に出発して、

同じルートを反対方向に進んで札幌に戻りました。

とはいえ、富良野は帰りは通過したし、

13分の停車があった岩見沢では、

帰りは数分で乗り換えがあったりと、

ちょっとした変化があるのも鉄道旅の面白さ。

 

そして、帰り道で4時間の滞在をしたのが新得駅でした。

 

まず、おおっ!と目を惹いたのが

駅前のバスロータリーに面したサウナ!

 

駅前の、言わば一等地にどどーんとサウナって

面白いなぁと思いつつ、

もしかしたらあちこちから鉄道の長旅でやってくる人たちが

ここでしばらく体を癒して、また次の鉄道の旅へ向かう英気を養う

なんて存在になっているのかも?と想像したりもしていました。

 

私たちも4時間あるのでサウナ行く?という話にもなりましたが、

残念ながら新得に着いたのは午前中で、

このサウナは13時オープンだったので断念。

 

代わりにこの町をゆっくり散策することにしました。

新得はお蕎麦が有名なところなので、

あちこちに蕎麦屋さんがありました。

そして次に気になったのが駅前すぐの本屋さん。

 

相馬書店さんというお店なのですが、

ここがもう最高でした。

下の写真で見えますでしょうか。

お店のガラスには子供達が描いた自由な絵がカラフルにお出迎え。

お店の方に伺ったところ、

前に1度このガラスに自由に絵を描いていいよというイベントをしたら

大好評だったので、前回参加できなかった子たちのために

2回目を開催して描かれたものだそうです。

 

もうすぐこの絵は拭き取られる予定だったとのことで、

その前に撮影できてよかった!

 

そして、何が面白いかって、相馬書店が売るのは本だけではないのです。

雑貨も、名物のお蕎麦も、お酒も、美味しそうなチーズも、

お店の中に売っているのです。

もうこの店に住んでもいい!っていうくらいに好きなものが

いっぱい売られていて、笑いがこみ上げてしまいました。

 

しかも、お店では時々パソコン教室が開かれたり、

コーヒーの入れ方ワークショップがあったりと、

地域のコミュニティスペースのような存在にもなっているようです。

このラインナップとイベントの感じって・・・

新得の蔦屋書店やんかー!

とさえ思いました。

 

町の人のニーズに合ったものをうまく地域に提供している

とても素敵なスポットだなと思ったものです。

この相馬書店、気に入りすぎて、4時間の間に4回訪れました(笑)。

 

 

そして、町をさらにぶらつくと、

これって、フキノトウじゃないですかー!

見渡す限りフキノトウだらけの空き地を発見。

いや、よく見ると鉄道のそばの土手とか、

あちこちにいっぱい生えています。

「わー、フキノトウだ!天ぷらにしたら美味しいよね〜」と

興奮している私たちを、近所の人は笑って眺めるだけ。

どうやら採っても良さそうな雰囲気・・・。

 

で、美味しそうなところをちょこっと頂いてきました。

採っても採っても、まだまだ生えている、

フキノトウ豊作な町でした。

 

さらにうろうろしていると、町の図書館を発見。

お邪魔しまーすとそっと入ると、

図書館にしては珍しく、玄関で靴からスリッパに履き替える仕組み。

そして2階建と思われる建物の1階に入ると

子供向けの本だけが部屋を埋め尽くしています。

赤ちゃん向けの絵本から、幼稚園で読まれそうな大型絵本、

ジュニア用の小説など、子供の本の充実っぷりが素晴らしいのです。

このフロアを眺めるだけで、町が子供達を大切に育てようとする

姿勢のようなものを感じました。

図書館の壁には絵本作家さんたちの色紙もいっぱい。

後で調べると、こちらの図書館は絵本作家さんを招いたイベントなども

色々開催されているようです。

 

とっても穏やかで、子供を大事にする豊かな町なのだなぁと

新得の印象がさらに良くなっていく中、

私の新得ポイントをさらに上げてくれたのはこちら!

お猫様〜♡♡♡

 

目つきはちょっと怖そうですが(笑)

めちゃめちゃ人懐っこくて可愛い鳴き声の子でした。

この子は地元の時計屋さんの店の前に繋がれていて、

時計屋さんの店主さんらしき方を含めて

3人のおじちゃまおばちゃまが店の前で談笑しています。

3人の話が盛り上がりすぎていて、

誰も私たちに見向きもしてくれませんでしたが、

この猫ちゃんだけが「にゃー」と声をかけてくれました。

お店の方に「触ってもいいですか、写真撮ってもいいですか?」と

伺ってから撮影タイム。

お名前を教えて欲しかったけど、盛り上がっているお3方に

割り込むことができませんでした(笑)。

 

そういえば、駅前の街路樹の根元にもこんなオブジェが。

 

以前訪れた広島県の尾道は「猫の町」として有名で

出会う猫ちゃんの数もとても多かったのですが、

新得はそういうわけではありません。

でも、猫好きマミコの心をくすぐるには十分!

 

そうそう、麺類好きマミコでもありますので、

もちろんお蕎麦もお土産に買いました。

買ったのは、新得の蔦屋書店・相馬書店です。

 

このお蕎麦を作っている「はら農場」では

農薬や肥料を使わず、クローバーを生やしたり、

蜂を使ったりしながら、出来るだけ自然な形で

お蕎麦を作っているんだそうです。

10割蕎麦、茹でてみたらトロっトロの茹で汁になりました。

蕎麦の成分、ルチンがたっぷり。

蕎麦湯も最高でした。

 

駅のそばの踏切も、電車の本数が少ないから

開きっぱなしで写真撮り放題。

線路の上を歩く、映画「STAND BY ME」ごっこもし放題でした。

お腹が空いてきたので、

駅前の蕎麦屋さんで新得そばをいただき大満足。

 

そして、出発までもう少し時間があったし、

駅前も日差しがいっぱいでぬくぬくだったので

駅前のベンチで残りのワインを飲みながら

出発時間を待ちました。

 

帰った翌日、我が家のテーブルは

新得そばと、フキノトウの天ぷらという

新得セットのようなメニューが並びました。

フキノトウをよく知らなかったうちの夫も

「うわ、これは美味しい」と春の味を喜んでいました。

結局どこに行っても、

食べ物と、お酒と、猫と本。

好きなものは変わらないってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です