ノマドランド(2021年3月26日より公開中)

必要最小限の物しか持たない「ミニマリスト」とか

パソコン1つであちこちで仕事をする「ノマドワーカー」とか

なんとなくオシャレな響きがあるような

イマドキなカテゴリーですが、

現実はもっともっと覚悟を決めて、

腹くくって生きるものなのでしょう。

 

キャンピングカーに生活に必要なものすべてを詰め込んで

あちこちを旅しながら暮らす現代のノマド(遊牧民)たち。

実際にノマドとして暮らしている人たちの中に

オスカー女優・フランシス・マクドーマンドが飛び込んで撮影した

フィクションともドキュメンタリーとも言える映画です。

監督は次作はマーベル作品に抜擢されているという、

(ものすごく多才なのでしょうね)クロエ・ジャオです。

 

フランシス・マクドーマンドが演じるのは

夫を亡くし、長年暮らしてきたネバダ州の会社も倒産し

身の回りのものをキャンピングカーに積んで

各地を季節労働者のように渡り歩く暮らしを選んだファーンという女性。

時にはホリデーシーズンで忙しいAmazonの配送センターで働き、

時にはバーガーショップの店員や、工事現場の作業員など

短期労働をしながら

キャンピングカーで移動をします。

そんな現代の遊牧民たちとの交流の中で

ファーンが出会いと別れを繰り返し、

選んだ生き方を静かに描いています。

 

ファーンが出会うノマドの1人に

スワンキーという女性がいます。

彼女は実際にノマドとして暮らしている女性です。

スワンキーの生き方、いや、人生の最期まで見据えた覚悟が

あまりにも潔くて、そして美しくて、

気持ちに突き刺さってきました。

 

非常に私事ですが、

40代後半にもなると、

この間まで笑って同じ時を過ごしていた人が

突然旅立ってしまったり、

ずっと一緒に楽しい時間を重ねていけると信じていた人が

志半ばでいなくなってしまったりする

悲しい出来事も起こるようになってきます。

 

そうやって大切な人を見送るたびに

私はどうやって生きようか、何を大切に人生を歩いていくのか、など

普段の私とは全然違うシリアスな思いにとらわれることもあります。

 

「ノマドランド」を観た後、

また同じように考え込んでしまいました。

私は自分の人生にもっと筋を通すべきではないのか、と。

そんな大それたことではないのです。

小さいけど、大切なことを、もっと大切にしなくてはと思ったのです。

 

それは言葉にするのは難しいけれど

この世を旅立つ時に

「私はたくさん美しいものを目に焼き付けたから、

大満足。もう十分この世界を楽しんだよ」って

言えるように生きていきたい。

多分、あえて言葉にするならこんな感じです。

日常に追われているだけでは、

あまり考えが及ばないところに引っ張り出してくれた

この映画「ノマドランド」にありがとうと言いたいです。

 

原作は、気鋭のジャーナリスト、ジェシカ・ブルーダーの

ノンフィクション「ノマド:漂流する高齢労働者たち」で、

この本自体が大きな話題となりました。

そして映画「ノマドランド」に出てくる

ノマドとして暮らすことを選んだ人たちは、

実際の名前で登場し、彼らがファーンと交わす会話の多くが

アドリブだったそうです。

 

先ほど書いたスワンキーもその1人。

彼女は誰にも頼らない生き方を選んだのに、

映画の中でファーンに頼み事をするシーンがあり

それがとてもしんどかったとインタビューで答えていました。

とてもリアルで、たくましくて、

切なくて、自由な彼ら。

そしてアメリカ各地を旅するファーンが見る

壮大な風景、圧倒的な迫力は、

紛れもない芸術です。

 

日本時間の4月26日(月)に発表される

アカデミー賞主要6部門にノミネートされていて、

オスカーに最も近いとも言われる映画ですが、

多分、20代の頃の私が観たら「ちょっと地味な作品だな」と

思ったかもしれません。

今、この作品を見終わった後、

しばらく席から立ち上がれなかったほど

心を動かされた私自身を考えると、

歳を重ねることはなかなかいいものだなとも思うのです。

各駅停車の旅

子供の頃に憧れていたものがあっても、

それが何か、どこにあるのかハッキリわからないまま

憧れの気持ちを持ち続けていることってありませんか。

そしてその憧れの気持ちが、

歳とともに記憶の彼方に行ってしまうことも。

 

北海道で暮らすようになって、子供の頃の私が

憧れていたもの、気になっていたものを思い出すことが増えました。

私、結構北海道が好きな子供だったんだ、と。

 

例えば、私より上の世代の方なら「あぁぁぁぁ〜」と同意してくださるであろう

ドラマ「北の国から」。

富良野という場所、キタキツネ、自然の素材で作られた手作りの家、

厳しい冬のシーンも幾度となく登場していたものの

ドラマに出てくる北国に憧れる気持ちがたくさんありました。

 

それから、白樺の木。

初めて白樺を知ったのは、

家族で新潟のペンションに泊まりに行った小学生の夏休み。

真っ白な幹、枝ぶりの美しさに、童話の挿絵のようなメルヘンチックな

美しさを感じたものです。

北海道に来てすぐ白樺が林立する風景を見て、

私が好きな木がこんなにもたくさんある!と感激しました。

 

まだまだありますが、前置きだけでお腹いっぱいになりそうなので

そろそろ本題に移ります。

 

そう、そんな私の憧れを再確認するような旅をしてきました。

JRの青春18きっぷを使っての、北海道・鈍行列車の旅です。

ひたすら電車に乗っている話が続きますが、

ローカル列車の旅気分をちょっとでも味わっていただけたら嬉しいです。

 

 

7:00 札幌駅発 滝川行き (JR函館本線)

 

出発日の3/26(金)の札幌は、道路の雪も溶けて

あとは除雪作業で積み重ねられた雪の山がどんどん小さくなるのを

待つばかり、という春を感じられる暖かさでしたが、

列車が進むにつれて、雪景色に逆戻り。

 

北海道ローカルニュースの天気予報で、

「それではこの時間の岩見沢です」と定点カメラで雪の様子が

映ることの多い、道央の豪雪地、岩見沢が近づいてきました。

札幌から1時間もかからないうちに春から冬へと季節が後退した雰囲気です。

 

岩見沢では停車時間が13分ありました。

この時間を利用して、飲み物を買いに行く!と

夫に席と荷物の確保を頼んで、ダッシュで改札へ。

18きっぷは1日利用で改札の出入りも自由なので

駅員さんにきっぷを見せて駅ナカのコンビニへ走り込みました!

 

岩見沢を出発するのは7時58分。

レジの前には長蛇の列。その列に私が加わったのが7時50分。

コンビニから電車まで走れば2分と計算して、

7時55分までにレジが終わらなければアウトだな・・・などと

考えていました。

でもそこは、さすがに朝のラッシュを捌き慣れている

セブンイレブンのお姉さん。

サクサクとレジ前の行列が短くなり、53分には私は改札に向かって

走り出していました。

心の中で「グッジョブ!セブン!」と叫びながら(笑)。

 

おかげで隣のホームにあった

ばんえい競馬の銅像を撮影するくらい余裕で電車に乗れました。

 

そんなこんなで、最初の乗り換え地の滝川に、無事到着。

 

滝川では待ち時間が1時間半ほどあって、

駅前をウロウロしたり、

駅の待合室(これが、テーブルと椅子もあり、広々していてとても優秀!)で

本を読んだりして過ごしました。

意外と退屈することもなく、次の電車の案内アナウンスが

聞こえてきました。

 

8:38 滝川発 富良野行き (JR根室線)

 

改札を抜けてホームに行くと「うわ、可愛い電車!」と

思わず声を上げてしまいました。

1両編成の電車はこんな感じ。

 

そして中もこんなレトロキュートな電車でした。

 

もちろん私の周りの乗客の皆さんも

カメラを取り出して電車と記念撮影などしておられました。

この辺りのローカル線っぽさが濃くなってきた頃から

乗り鉄さん、撮り鉄さんのような鉄道ファンの方々がちらほら。

同時に、めっちゃ地元の高校生!といったいでたちの

毎日この電車を利用している人たちとの混在っぷりも

面白い風景でした。

 

何駅か過ぎると地元の人たちもどんどん電車を降りてしまい

車内は数える程の乗客になっていました。

そこで夫がバックパックから取り出したのはワインボトル。

えーっとまだ午前中ですけどー!と笑いながら

私もカバンに忍ばせておいたプラスチックのカップを取り出します。

結局飲むんかーい!(笑)

 

美しい針葉樹林を眺めながらのワイン、最高でした。

 

この18きっぷの旅を計画し始めた頃から、

夫が何度も「ワインを持って〜」と言っていたので

「普段、ビールもウイスキーも焼酎も飲むのに、

18きっぷの話をするときのアルコールはいつもワインなのね」

と言ったんです。

「もちろんそうだよ!ワインは常温で美味しく飲めるでしょ?」

 

あぁ、なるほど納得。

では、赤ワインねと、事前に2本買っておきました。

惜しむらくは、北海道のワインでなく、チリワインだったこと(笑)。

 

 

私たちがワインを楽しんでいる間に

可愛い1両列車ちゃんは、次の終着駅へ近づいていきます。

富良野です。

 

富良野は、子供の頃の私が憧れていた場所。

だって蛍と純がゴローさんと暮らしていた場所だもの

(分からない人は「北の国から」で検索Please)。

 

ここでの停車時間は3時間少々。

まずは富良野の地元のお野菜などを売っているマルシェへ。

魅力的な食材一杯でしたが、さすがに大量購入はできず

山わさびを1パックと、ラベンダーの入浴剤だけお買い上げ。

 

あとは、地元食材を使ったご当地バーガーを食べたりして

のんびり過ごしました。

夏に来たら、きっとラベンダー畑まで足を伸ばしたのでしょうけれど

今回の旅は鈍行列車に乗ることが第一目的だったので、

電車の時間最優先で動きました。

 

14:19 富良野発 東鹿越行き (JR根室線)

 

次なる電車へ乗り込むためへ、富良野駅へ戻ります。

 

そしてワインをちびりちびりと楽しみながら

本を読んだり、車窓の景色を楽しんだり・・・。

 

もうすぐ降りる準備をしなきゃなぁと思い始めた頃、

電車が激しくクラクションを鳴らしました。

何?何?事故?

と慌てて窓の外を見ると・・・

 

 

はい、エゾシカ!

うまく写真に収められたのはこの子くらいで、

他にも何匹もいました。

 

そしてこの路線の終点は「東鹿越(ひがししかごえ)」。

 

あぁ、なんと分かりやすい地名だこと。

この東鹿越は、本当に地名の通り

帰りの電車も何度もクラクションを鳴らしていてました。

窓からはわらわらわら〜と山へ戻っていく鹿のご一行様が見えました。

それにしても、エゾシカは奈良公園の鹿より、ガタイがいい。。。

 

さて、この東鹿越から次は新得へ向かうのですが、

実は線路が途中で使えなくなってしまっているのです。

2016年の台風の被害で土砂が線路に流出し、

その後復旧されていません。

代わりに東鹿越〜新得間を結ぶ代行バスがあるのです。

なぜ線路の復旧がこんなに遅いの?と調べたところ、

このあたりの電車はいわゆる超赤字路線なんだそうです。

1日の利用者が片手で足りてしまうくらいの少なさで、

100円を稼ぐのにかかる経費が2000円以上かかってしまうのだとか。

 

そんな心痛む実情も知りながら、バスに乗り込みました。

 

15:13 東鹿越発 新得行き(JR根室線 代行バス)

 

 

このバスにも鉄道ファンと地元高校生が混在していましたが、

地元の高校生たちは、新得に行く手前の駅で降りて行きました。

 

この途中の駅たちが、もう本当に味わい深くて。

古き良きローカル線の駅の理想形みたいなんです!

中には高倉健さん主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地となった

幾寅駅(映画内では幌舞駅)もありました。

廃駅にはなっていないものの、

今は鉄道も止まらない駅。

ちょっと切ない気持ちになりながら、シャッターを切りました。

この駅に電車から降り立ってみたかったなぁ。

 

美しい森林の風景を眺めながらバスは走り、

バスの終着地点である新得駅へ。

 

穏やかなローカル駅という感じなのですが、

なかなか面白かった新得駅。

帰りの電車のスケジュールで、新得には4時間滞在することが

分かっていたので、新得散策は帰りにゆっくりとすることにしました。

 

16:49 新得発 釧路行き (JR根室線)

 

この辺りからは釧路までの直通列車が通っているのか!

JRの底力を見るような驚きもありました。

一瞬釧路まで行くことも考えたのですが

新得から釧路までは5時間乗りっぱなし。

夜9時過ぎに釧路についても、何もできない・・・。

下手すりゃ夜ご飯すら食べられない・・・。

ということで、今回の旅の終着駅は帯広にしました。

 

夕暮れの街を抜けて

17:45 帯広着

 

帯広では、名物豚丼を食べるだけだったのですが、

帯広も実は子供の頃に気になっていた地名でした。

というのも、私が所属していた奈良放送児童合唱団は

全国各地の児童合唱団、少年少女合唱団との交流演奏会を幾度となく

行ってきました。

その中に帯広からの合唱団もいたのです。

すごく遠いところから奈良まで来てくれたんだという思いと、

澄んだ歌声に、遠い北の大地への憧れの気持ちが強まったことを

今でもよく覚えています。

その帯広にようやくたどり着けました。

帯広の合唱仲間と一緒に歌ってから40年近い年月が経ったことになります。

 

そんな帯広のホテルの朝食ブッフェでは

ホタテのバター焼きを始め、

十勝地方の名物山芋、その名も「ネバリスター」を

使ったお料理のコーナーなどもありました。

ネバリスターのとろろ、きんぴら、漬物など、ちょっとずついただきました。

個人的には漬物が1推し。

 

食後のコーヒーも楽しみつつ、帯広を出発。

札幌への帰路につきました。

 

ね、ひたすら電車に乗っている話でしたよね。

最後まで読んでくださった方、素晴らしい。

ありがとうございます♡

 

途中の駅で見つけたこと、出会ったものなど

書きたいことはまだまだあるので、

また近いうちに旅レポの続きを書きますね。