大和丸茄子の鶏そぼろあんかけ

夏野菜がどんどん出て来ています。たくさんいただいた丸茄子を使って、お料理をしました。ただ、茄子ってそれほど「栄養たっぷり!」って野菜ではないんですね。でも、調理法によって、栄養素がアップします。
食品成分表を見ると、茄子は「生」「ゆで」「油炒め」「天ぷら」の4つの栄養素が載っています。その中でも「油炒め」の場合の栄養成分が、全般的に増えているのです。

例えば、100gあたりカリウムは
生:220mg  ゆで:180mg       油炒め:290mg  天ぷら:200mg

カルシウムは、
生:18mg  ゆで:20mg       油炒め:22mg  天ぷら:31mg

βカロテンは、
生:100μg  ゆで:98μg       油炒め:190μg  天ぷら:110μg

食物繊維も
生:2.2g  ゆで:2.1g       油炒め:2.6g  天ぷら:1.9g

などなど、油炒めの数字が上がります。
もちろん、脂質も上がってしまいますので(生、ゆでの場合は脂質0.1g、油炒めは5.8g、天ぷらは14.0g)、そこは適宜状況に応じて調理法を変えていく必要があるとは思います。

スポンサードリンク



でも、茄子が油との相性が良いのは間違いありません。油と合わせることによって、とろんと柔らかく、美味しくいただけます。
ということで、せめてタンパク質は脂質少なめの鶏胸肉のミンチを使う、あんかけとからめていただく茄子料理、大和丸茄子の鶏そぼろあんかけのレシピをご紹介します。茄子は体を冷やす野菜ですので、体を温める食材の生姜と組み合わせてみました。

“大和丸茄子の鶏そぼろあんかけ” の続きを読む

鶏胸肉の生姜風味揚げ焼き

鶏胸肉はイミダペプチドのおかげで持久力を高めてくれますし、低カロリー高タンパクの、嬉しい食材。しかもお財布にも優しいですもんね。これからも鶏胸肉をパサつかずおいしく食べられる方法を追求してまいります!
今日ご紹介するのは、鶏胸肉の生姜風味揚げ焼きです。唐揚げよりも油を使う量が少なく、短時間で仕上がります。鶏胸肉1枚分の分量でお伝えしていますが、倍量にして作り置きにするのもオススメです(理由は後で書きます)。

“鶏胸肉の生姜風味揚げ焼き” の続きを読む