おじさま酵素?

【この投稿に特に広告の意図はありません。どの企業からも金品の提供などは受けておりません】

 

娘の話ばかりで恐縮ですが、

先週のバレエの公演後、1週間ほどレッスンがお休みになりました。

それまで食べすぎないように我慢していた彼女も、

公演後すぐに「焼肉食べたい!!」とモリモリ。

体が肉を欲していた!って感じの見事な食べっぷりでした。

基本的に食べるの大好き、好き嫌い無しという娘が

「わぁ、お腹いっぱい食べた〜」と満足気な笑顔を見せていました。

 

その後、ボチボチ現実に戻ってきて

「レッスン再開前にもう少しスッキリしておきたいなぁ」と言い出した娘。

私としては「ダイエットなんてやらなくてええんちゃうの?」

って感じだったのですが、

バレリーナとしての自覚は大事なことだと思いますし、

体に影響がない程度のダイエットを計画しました。

 

でもダイエットって一人でするのはしんどいですよね。

ですから、私と夫も一緒に

2日半のファスティング的ダイエットをすることにしました。

 

今回娘がどうしても試したいと言っていたのはお嬢様酵素Jewel

 

フィギュアスケートのメドベージェワ選手がアンバサダーを務めているそうで、

可愛いYouTuberさんたちの間でも人気なんだとか。

 

酵素ジュースにマンナンタピオカ入りというこの商品を

牛乳、豆乳、炭酸水、ヨーグルトなどで割って1食置き換えるというダイエットです。

「これだけを食事にする生活を2日続ければ即痩せ!」

 

みたいな謳い文句も書かれていたのですが、

なんせ成長期の子供ですので、これだけを食べ続けるのは絶対禁止。

 

1日1食は、お嬢様酵素Jewel、

あとはスープやご飯少なめのおじやなどにしました。

脂肪分はほとんど摂らず、

消化にいいものだけを食べるという生活を2日間。

お腹が空いたら、お茶を飲む。

水分は1日2リットルを目標に。

 

栄養バランスはしっかり考えて、体の不調が起こらないよう、気をつけました。

 

 

その結果、2日半で

娘は1.5キロオフ。

夫も私も約2キロのオフとなりました。

 

痩せたこと以外によかったこと。

 

1 胃が小さくなったこと

スープなども、ちょっと食べたらお腹が満足!という感じになりました。

 

2 昼間の眠気が軽減されたこと

ランチの後、眠くなったりしませんか?

それがほとんどないというのは、とっても快適。

なんだか軽快に動けました。

 

3 何を食べるかを厳選するようになったこと

1回の食事で、何をどう食べるか、どういう順番で食べるかも

含めて、じっくり考えるので、食のありがたみもすごく感じます。

 

などなど、メリットはいろいろありました。

 

続いてはデメリット。

1 空腹

もちろんお腹は減ります。「お腹すいたー」と家族の誰かが言い出したら

「この空腹の瞬間、あなたは痩せているのよ!」と励ます(笑)。

 

2 買い物が辛い

スーパーやデパ地下、パン屋さんやケーキ屋さんなど、

街に溢れるいい匂いの誘惑に負けないように頑張りました。

 

3 レシピ作りが辛い

一人でダイエットをしていると、自分は食べないのに家族のために

ご飯を作るのはなかなかの苦行。

そうならないように、家族全員でダイエットしようと決めたのに、

私は番組でご紹介しているレシピを作らねばならない・・・。

美味しいのができたら、試食はほんのちょっぴり。

あとはダイエット終了後に食べるように冷蔵保存にしました。

 

4 味に飽きる

甘いものがあまり好きでない我が家にとって、

お嬢様酵素のマンナンタピオカの酸味は、とてもありがたかったです。

とはいえ、甘酸っぱいだけのご飯っていうのもやっぱりさみしい。

しかもお嬢様酵素以外の食事も、スープ1皿とか、おじや1ボウル

と言ったワンプレートもの。

いわゆる日本の定食のような、様々な味のものをバランスよく食べる

というのは、本当にいいものだなぁと改めて思いました。

 

5 あっという間に痩せたから、リバウンドに気をつけねば

身体は、自分に必要なエネルギー量に適応していきます。

つまり、急激に摂取カロリーを減らしたら、当然痩せるものの、

少ない食事をデイリーに続けていたら、ある一定以上は痩せません。

ダイエット中の停滞期の理由です。

停滞したら、ちょっと運動を増やすなどの負荷をかけると

また身体は痩せ始めますが、少ないエネルギーでも身体を維持しようと

いう風に人の体は変化していくんですね。

今、うちの家族みんなの身体は

「やばい!急激に痩せている!」と思っているわけです。

ここでどか食いなどしてしまったら、「よっしゃー、取り戻すぞ!」と

どんどん増やしていこうとするはずです。

 

だからこそ、大事なのはここから。

少しずつ、

量やタイミングに気をつけながら、通常食に戻していく。

「この体重が正常だよ。この食事量で、この体重を維持するんだよ」と

身体を騙していくという感覚ですね。

 

 

あーーー、書いてしまった。

リバウンドしないように、自らを追い込んでしまったよ、私。

2キロくらいのダイエットだったら、周りに分かるほどではないし、

リバウンドだって気づかれないはずなのに。

 

みなさま、私がふっくらしてきたら(今も十分ふっくらしているのだが)、

「リバンドしちゃったんだね。人間だもの。よしよし」と

優しい目で眺めておいてください(←すでに逃げ腰だわ 笑)。

 

 

まぁ、ダイエット&リバウンド防止は

多くの方にとって興味あるトピックスに違いありません。

まずは体が健やかに動くことを前提に、

これからも人体実験、いや、実体験も踏まえながら

書いていけたらと思っています。

 

余談ですが。

このお嬢様酵素って、どこから見ても若い女性をターゲットにした商品。

それを40代後半の夫が、いそいそとグラスに注いで

「今日は豆乳で割ろうかな」とか言っている図は

なかなかシュールでした。

 

お嬢様酵素ならぬ、おじさま酵素。

我が家のおじさまにも好評でした(笑)

 

冒頭にも書きましたが、お嬢様酵素の回し者では決してございません。

昼食の中食を考える

「平日はいつ昼ごはん食べてるの?」とよく聞かれます。
月曜日から木曜日、11時〜14時のラジオの生放送を担当していると、いわゆるお昼ご飯の時間はずっとマイクの前にいることになります。喋り手さんにもよるのですが、番組中の曲の合間などに軽くつまみながら空腹を収める人もいれば、番組が始まる前にしっかり食べておく人もいるでしょう。私は番組中は食べずに、終わってからランチを食べることにしています(番組中食べると、唾液が増えて、なんとなくしゃべりにくくなるんです)。

“昼食の中食を考える” の続きを読む

ご飯とお味噌汁の朝食に付け加えればアスリートのパワーアップになるもの4つ

1 小松菜&レモンなどの柑橘系

鉄分を始め、ミネラルは、汗で失われやすい栄養素です。ですから運動で汗をかくアスリートは、意識的に多めのミネラルを摂る必要があります。中でも鉄分は持久系のスポーツの時に不足すると、貧血を引き起こします。マラソンなどの長距離走のアスリートは特に、かかとを叩きつける動きで、かかとの赤血球が壊れると言われていますので、鉄分を意識した食事がパフォーマンス向上のためにとても大切になります。鉄分の多い食事を継続することにより、体内の鉄の貯蓄も増えますし、赤血球の形もふっくらとしたものになります。そのためには毎日の食事の中での鉄分補給が必要です。赤身のお肉や、お魚の血合い部分など、動物性のものから摂るのが吸収率の面では効果的です。ただ、ビタミンAなどの他の栄養素をの摂取を考えると、小松菜などの緑黄色野菜から効率よく鉄分が摂れるといいですね。鉄分の多い野菜は色々ありますが、吸収率がよくないのが難点。その場合は、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率がUPします。もちろん生の小松菜にフルーツを加えてスムージーにしても良いですし、小松菜のおひたしにポン酢をかけたり、塩レモンで和えたりするのもおすすめです。この時ちょっとオリーブオイルなどの油類を加えると、ビタミンAの吸収率も上がります。
ちなみに、鉄分の多い野菜のトップはパセリ。だからパセリのレモン醤油漬けは、毎日のご飯のともなどに、常備菜的に置いておきたいものです。うちの娘はお弁当のご飯の上に乗っけて食べています。「練習で疲れた時にこれ食べるのが好き」なんだそうです。クエン酸は疲労回復効果もありますね。

“ご飯とお味噌汁の朝食に付け加えればアスリートのパワーアップになるもの4つ” の続きを読む