コオロギパウダーついに食べた!

先日書いた昆虫食についてのエントリー

気を持たせるような終わり方になってしまいましたが、ようやく続きが書けます!
あー、早く書きたかった!

 

まずは届いたコオロギパウダー

ネットでもオススメの声が大きかった、「ヨーグルトに入れる」というのをやってみました。

 

まずはその前にまずは粉そのものをちょっと舐めてみる…。

少しざらりとした食感ではありますが、味はほとんど分からないです(ビビって、舐めた量が少な過ぎたのか⁈)。

そんなに味もしないし、大丈夫そう!と、安心した気持ちはあるのですが、「ちょっとおもろない〜」と、心のどこかで思う私はチャレンジャー(笑)

マズイものが食べたいわけでは決してないのですが、「うへ〜」とか言いながら、水をがぶ飲み!みたいなのもネタとしては美味しい。

 

どっちやねん、私!とか思いつつ、次はいよいよヨーグルト。

プレーンヨーグルトを大さじ4杯ほどに、
コオロギパウダーを小さじ3分の1くらい。

だいたいの量です。テキトーです。

見た目、ココアパウダー入りのヨーグルトみたいなんですが、正真正銘コオロギパウダーでっす!

ここに、はちみつを適量いれて混ぜてみました。

 

見た目は明らかに茶色い。
ココアパウダーを混ぜたみたいな色。
食欲をそそるビジュアルではございません。

 

で、味は…

 

 

あんまり分からへん〜!

 

あえていうなら、トリュフパウダーっぽいような、土っぽいような香りがほんのり。

 

食感はちょっとざらりとして、きな粉入りヨーグルトに近い感じ。

 

いずれにしても、ヨーグルトの味が圧倒的に勝っていて、コオロギ成分まったく気にならないです。
一緒に食べた我が家の家族、3人とも同意見でした。

 

 

思っていた以上にクセがないぞ、コオロギ!

 

少し勇気が出て来た小谷ファミリー!

 

 

調子に乗って、
次なるコオロギ料理は、パンケーキ!

 

ホットケーキミックス 380g
コオロギパウダー 20g
卵 3個
牛乳 150ccくらい

 

まずは粉をまぜまぜ。

全粒粉っぽい見た目。でもコオロギーーー!!

 

生地を作ってからフライパンで焼くのは、普通のパンケーキと同じ。
焼いても全粒粉みたいな色目です。

今回は色々な味を試したくて、コインパンケーキと呼ばれる、小さいサイズ(1枚のパンケーキにつき、大さじ一杯くらいの生地を使用)を作りました。

 

完成!

 

って作り過ぎやがな!

推定6人前( ̄▽ ̄)

 

ブランチとして、家族3人で食べられたのは、この半分ほど。

ということで、レシピの分量は適当に加減してください。

これまたテキトーですいません!

 

作っているプロセスで感じたのは、これまでの(コオロギパウダー無し)のパンケーキとまったく変わりないということ。フライパンにくっつきやすいとか、香りがおかしいとか、焦げやすいとか、全くナシでした。

 

そしてお味。

 

まずは何もつけずに一口。

 

甘さ控えめやわ〜。

ホットケーキミックスが減っているのですから、甘みも減りますね。

 

しかも、いつものパンケーキよりモチっとしてる。

後味が香ばしい!

パンケーキなんですが、ちょっともっちりパンみたいなお味になっています。

 

 

バターとメープルシロップという定番も、もっちりしたパンケーキとして、美味しくいただきました!

 

そして、ブルーベリージャムとクリームチーズというトッピングも美味♡

でも、普通のパンケーキ以上に甘さ控えめになったコオロギパウダー入りのパンケーキは、オカズパンケーキとしてもいいんじゃないの?

 

ということで用意したのが、

ザクザク切った春キャベツにシーザーサラダドレッシングをかけたもの

と、ミートソースにチーズを混ぜたもの。

前日に作っていたミートソースにマッシュルームを入れて、ピザ用チーズを加えて火にかけました。これ、缶のミートソースにチーズでももちろんOK

 

パンケーキの上に、春キャベツと、ミートソースを載せて、ナイフで切ってパクリ!

 

おいしーーーい!!

 

甘さ控えめのもちもちパンケーキに、ほんのちょっぴり香ばしさが加わっているところに、春キャベツの甘みとシーザーサラダドレッシングの酸味と、ミートソースの旨味。

ハーモニーーー♪

 

しかも、通常のパンケーキより

糖質控えめ、

カロリーも少々減ります。

タンパク質、

鉄分、

ビタミンB12、

カルシウムなどがUP。

 

これはアリですね。

我が家ではコオロギパウダー入りパンケーキ、リピート決定です。

 

まぁちょっと値段が高いのが気になるところではありますが。
(56g入り2011円)

私が買ったのは、カナダ産で、EU米国カナダでオーガニック認証を受けているコオロギパウダーだったので、お値段高めというのは納得なのですが、日常的に使うとなると、もう少し値段が下ってくれるとありがたいですね。

 

ちなみに、大量に作りすぎたパンケーキ。

あまった具材を挟んで、(コオロギパウダー入り)パンケーキサンドイッチとしてオヤツに食べました^^ 美味美味。

 

さぁ、あなたもコオロギパウダーが食べたくなって来たでしょ〜。

プチファスティング

先週夫が数日間、東京に出張に行っておりました。

飲み放題食べ放題のお店での会食、

忙しい中でパパッと済ませる食事などが続いたそうで、

帰ったらファスティングする!デトックスする」と宣言。

 

というわけで、私もちょっぴりおつきあい。

 

ファスティングと言っても、ストイックなものは専門家のアドバイスも必要だし、ファスティング期間に口にするものも厳選しなければなりません。

 

そこまでの気合がないので(笑)、もっと手軽にできるプチファスティング
トライしました。期間は1日半。

朝・昼・晩・朝・昼と5食を抜きました

 

その間に口にしたのは

・無添加の野菜・果物ジュース

・ヨーグルト(フルーツジャムつき)

・水・お茶などカフェインのない飲み物

・具なしのお味噌汁

 

でした。

 

まずは前日の晩からたっぷりの昆布だしをとっておき、

お味噌汁大量(お味噌は少なめでちょっと薄味)。

 

実は以前もプチファスティングにトライしたことがあったのですが、

野菜ジュースとヨーグルトだけで乗り切ったので、

何が苦しかったって、味の変化が少ないこと。

今回は無添加お味噌と日高昆布のおだしいっぱいの、このお味噌汁が救世主でした。

私も夫もサーモマグにこのお味噌汁を入れて、仕事に行きました。

お腹がすいたら水分、野菜ジュースなどで小腹を満たして過ごす。

水と二酸化炭素のみで作られた炭酸水は、お腹にしっかり溜まってありがたかったです。

 

トイレの回数は増えますが(笑)、とにかく体がずっと軽い状態が続きました。

あと、昼食後に眠くならないのが良かったですねぇ。

それと、味覚が敏感になる気がしました。

昆布だしの美味しいこと。

ヨーグルトに入れたイチゴジャムの美味しいこと。

じわーーっと味覚に染み渡る感覚、食への感謝みたいな気持ちもいっぱい味わいました。

お腹すいてきたから早く寝よう・・・と早寝もできて健康的!

そして翌朝には空腹感も落ち着いていました。

1日にコーヒーを何杯も飲んでいた夫は、カフェイン不足で1日目の夜に頭痛があったりしましたが、それも翌日には解消。

 

結果、東京から帰ってきてぽっこりしていた夫のお腹も平らに近づき、

私も体重1.5キロほど落ちました。

まぁ、こういうのって油断するとすぐに戻るのでしょうけれど、

ダイエットというよりは、体を整える感じが気持ち良いですね。

 

これだけの期間なら、回復食などで気を使うこともなく、

ファスティング明けは、脂っこくなく、消化の良い食事を心がけた程度。

胃腸の調子も全く問題ないどころか、快調です。

消化のエネルギーを使わない食事が1日半続くと、胃腸が休まるのだなぁということを実感しました。

 

というわけで、我が家ではこのプチファスティングを1ヶ月に1回取り入れることになりました!少しずつファスティングについても勉強しなければ。

 

ちなみに成長期であり日々体を動かしている娘は、いつも通りのご飯でした。

ファスティング中にご飯を作るのが大変かなと思い、前もって常備菜を増やしていたこと、大量のお味噌汁に、娘用には茹でた菜の花やわかめなどを加えたり、ちょっとした工夫をしたことなどで乗り切りました。

 

 

おやつタイム

夏も冬も、オリンピックもパラリンピックも、毎回そうなのですが、

普段あまり馴染みのないスポーツを生中継で見られたりして、

それがすごく面白かったりしますよね。

 

このところ冬のオリンピックのたびに話題になる競技の1つにカーリングがあります。今回の平昌オリンピックでの女子カーリングは、実力もあるし、しかもかわいいし、「そだねー」「いいんじゃないー?」「ナイス〜」とかいう選手たちの掛け声が、いい具合に柔らかいし、なんか応援したくなりますね。おまけに5ゲーム終わったところで入るハーフタイムが「おやつタイム」としても注目されています。

“おやつタイム” の続きを読む

アスリート向けりんごのカップケーキ

もうすぐバレンタインデー。義理チョコやら友チョコやら、あちこちにスイーツを贈る方もいらっしゃるでしょうね。そんな我が家では、「みんながやっているから」という理由だけで、クラス全員用のチョコレートを作ったりするのはやめようという取り決めをしています。本当にあげたい人にはもちろん協力するけれど、みんながやっているからというだけで、そこに流されては欲しくないのです。
とはいえ、娘にもスイーツをあげたい仲良しのお友達、毎年交換しているお友達は数人いるので、今年は一緒にチョコチップクッキーを作る予定です。あ、もちろんパパにもあげるそうですよ。

 

今日は、以前もこのサイトのためにアスリートわらび餅を考案してくれた、私の友人の高校生の娘さんが、再びアスリート向けスイーツレシピ開発をしてくれたので、バレンタインデーが近づいてきたタイミングでご紹介します!l高校生とはいえ、彼女はもうすぐ卒業して、春からはパティシエの勉強をする学校に入学します。今でもパティシエさんみたいに素敵なスイーツをいっぱい作っているんですが、春からますます腕を上げてくれることでしょう(私、もう親戚おばちゃん状態ですから。かわいくってしょうがない♡)。

 

というわけで、アスリートにもおすすめ(もちろん、アスリートでない方にもオススメ)、りんごのカップケーキのレシピです。

 

カップケーキ型4個分の分量

  • りんご 1個
  • 砂糖 大さじ1
  • 卵 1個
  • はちみつ 30g
  • ヨーグルト 50g
  • 小麦粉 50g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • レーズン 20g

 

1 りんごの皮をむいて、1センチ角にカットし、そこに砂糖をふりかけ、ラップをして、600wのレンジで3分加熱する。

 

2 水気をしっかり切って冷ます。

 

3 ボウルに卵を割り、ハチミツを加え、もこもこ白っぽくなるまで泡立てる。

4 さらにヨーグルト、小麦粉、ベーキングパウダーをふるい入れて、混ぜる。

 

5 2のりんご、レーズンを加えて軽く混ぜ、カップケーキ型に入れる。

 

6 170度に予熱しておいたオーブンで20分〜25分焼いたら出来上がり。

(焼き色がついたところで、竹串を刺して、竹串に生地がつかなければOK)

 

フルーツは、ビタミン、ミネラル、抗酸化作用、糖質など、アスリートに必要な成分がいっぱい。ハチミツのミネラルもうれしいところです。そして、卵、ヨーグルトのタンパク質、ヨーグルトのカルシウム、小麦粉の糖質など、体をしっかり動かすアスリートのエネルギー補給になってくれる一品ですね。補食にもオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カルシウム補給のヨーグルトドレッシングサラダ

汗をかく季節になってきました。
カルシウムや鉄分といったミネラルは、汗とともに流れてしまいますので、これからの暑い季節は、意識的に多めに摂ることがスポーツする方には特に大事です。そして、成長期の子供たちは、背を伸ばしたり、骨や歯を丈夫にするためにも、大人以上のカルシウムが必要となります。

毎食、乳製品や牛乳を摂ることもアスリートには推奨されていますが、普段の食事の中で、少しでもカルシウム補給になる食材を使うことも大事ですね。小さなことを積み重ねて、1日のカルシウム摂取量を上げていきたいものです。

というわけで、カルシウム補給のヨーグルトドレッシングサラダのレシピです。

“カルシウム補給のヨーグルトドレッシングサラダ” の続きを読む