プチファスティング

先週夫が数日間、東京に出張に行っておりました。

飲み放題食べ放題のお店での会食、

忙しい中でパパッと済ませる食事などが続いたそうで、

帰ったらファスティングする!デトックスする」と宣言。

 

というわけで、私もちょっぴりおつきあい。

 

ファスティングと言っても、ストイックなものは専門家のアドバイスも必要だし、ファスティング期間に口にするものも厳選しなければなりません。

 

そこまでの気合がないので(笑)、もっと手軽にできるプチファスティング
トライしました。期間は1日半。

朝・昼・晩・朝・昼と5食を抜きました

 

その間に口にしたのは

・無添加の野菜・果物ジュース

・ヨーグルト(フルーツジャムつき)

・水・お茶などカフェインのない飲み物

・具なしのお味噌汁

 

でした。

 

まずは前日の晩からたっぷりの昆布だしをとっておき、

お味噌汁大量(お味噌は少なめでちょっと薄味)。

 

実は以前もプチファスティングにトライしたことがあったのですが、

野菜ジュースとヨーグルトだけで乗り切ったので、

何が苦しかったって、味の変化が少ないこと。

今回は無添加お味噌と日高昆布のおだしいっぱいの、このお味噌汁が救世主でした。

私も夫もサーモマグにこのお味噌汁を入れて、仕事に行きました。

お腹がすいたら水分、野菜ジュースなどで小腹を満たして過ごす。

水と二酸化炭素のみで作られた炭酸水は、お腹にしっかり溜まってありがたかったです。

 

トイレの回数は増えますが(笑)、とにかく体がずっと軽い状態が続きました。

あと、昼食後に眠くならないのが良かったですねぇ。

それと、味覚が敏感になる気がしました。

昆布だしの美味しいこと。

ヨーグルトに入れたイチゴジャムの美味しいこと。

じわーーっと味覚に染み渡る感覚、食への感謝みたいな気持ちもいっぱい味わいました。

お腹すいてきたから早く寝よう・・・と早寝もできて健康的!

そして翌朝には空腹感も落ち着いていました。

1日にコーヒーを何杯も飲んでいた夫は、カフェイン不足で1日目の夜に頭痛があったりしましたが、それも翌日には解消。

 

結果、東京から帰ってきてぽっこりしていた夫のお腹も平らに近づき、

私も体重1.5キロほど落ちました。

まぁ、こういうのって油断するとすぐに戻るのでしょうけれど、

ダイエットというよりは、体を整える感じが気持ち良いですね。

 

これだけの期間なら、回復食などで気を使うこともなく、

ファスティング明けは、脂っこくなく、消化の良い食事を心がけた程度。

胃腸の調子も全く問題ないどころか、快調です。

消化のエネルギーを使わない食事が1日半続くと、胃腸が休まるのだなぁということを実感しました。

 

というわけで、我が家ではこのプチファスティングを1ヶ月に1回取り入れることになりました!少しずつファスティングについても勉強しなければ。

 

ちなみに成長期であり日々体を動かしている娘は、いつも通りのご飯でした。

ファスティング中にご飯を作るのが大変かなと思い、前もって常備菜を増やしていたこと、大量のお味噌汁に、娘用には茹でた菜の花やわかめなどを加えたり、ちょっとした工夫をしたことなどで乗り切りました。

 

 

糖質制限について

前からずっと書こうと思っていた糖質制限について、今日は書いていこうと思います。実は昨年の11月、FM COCOLOのスポンサー企業でもあるサラヤさん主催の、糖質制限についての勉強会に参加させていただきました。サラヤさんは、血糖を上げない自然派甘味料(天然素材なのに、カロリーゼロで砂糖と同じ甘さを持つ調味料です)、ラカントSを作っておられる関係で、糖質制限についてのセミナーなどを行っておられます。そこで学んだことも加えながら、ちょっと長めの投稿をしてみるつもりです。

 

“糖質制限について” の続きを読む

まずは自分を知ることから

ダイエットって何から始めたらいいのかわからない、という方にもぜひ読んでいただきたいです。

痩せたい〜!とか痩せなきゃ〜!とか明日からダイエット〜!そしてまた明日からダイエット〜!とか。いいながらパクパク食べてしまうなんていうのは、多くの方がご経験済みかと思います。もちろん私もしょっちゅうです。
外食の際にメニューに書かれているカロリー表示を気にするくらいのことは、なんとなく心がけておられる方も多いでしょう。でも、その時に選ぶ決め手って、もしや「ほとんど900kcalくらいのものばかりだから、その中で700kcalは少なめだわ」なんていう、「周りとの比較」程度だったりしませんか?

“まずは自分を知ることから” の続きを読む

鶏胸肉の白ワイン蒸し

タンパク質を摂るのに、肉や魚、卵、大豆製品など様々な食材がありますが、鶏胸肉は脂質も低く、しかも疲労回復成分があるため、とてもお勧め。「渡り鳥が飛び続けられるのは」などというフレーズで、サプリの成分としてご存知の方もおられるかもしれません。「イミダペプチド」という成分が、鶏胸肉には豊富です。

ただ、鶏胸肉はパサついて苦手、という話もよく聞きます。パサつかずに、美味しく食べられる鶏胸肉レシピをこれからも載せていくつもりですが、今回は、シンプルな鶏胸肉の白ワイン蒸しをご紹介します。

“鶏胸肉の白ワイン蒸し” の続きを読む

冷奴のわかめ納豆トッピング

たんぱく質を多めに取った方が良いアスリート。特に筋力系、瞬発系のスポーツの場合は、たんぱく質の量をしっかり考えた食生活が必要です。

どうしても、たんぱく質=お肉となる方も多いのですが、植物性のたんぱく質もバランス良く食べたいところ。特に大豆・大豆製品のたんぱく質は必須アミノ酸の量も豊富で、非常にオススメです。

というわけで、豆腐と納豆という、大豆製品の中でも総選挙でセンター獲得!みたいな存在の食材を使った、超簡単レシピをご紹介します。

“冷奴のわかめ納豆トッピング” の続きを読む