かぼちゃと共に成長

自然がいっぱいの環境に暮らしているからなのか、もともとの性格なのか、多分両方の理由から、うちの娘は動植物が大好き。クラスの男の子に「お前の動物への愛情は異常だ」呼ばわりされるくらいに、動物や植物のことになると血相変えて、空気も読まず(まぁ、もともとあまり読まないけど 泣)、一目散で解決に走ろうとします。

 

その勢いで迷惑をかけることもあるのですが、一方でそういう生き物に対する彼女の愛情深さを、私はちゃんと育てていきたい。だから、彼女の動植物へのこだわりには、できる限り付き合っていこうと決めています。

 

娘の学級で、学校の敷地内にかぼちゃの種を植えたそうです。でもこの暑さ。お休みの日、夏休み、水やりをしなければ枯れてしまいます。

 

そこで娘は休日の朝など、空いている時間を見つけては、せっせと学校へ水やりに通っています。

 

今日は私もお付き合い。

という名の写真係。いや、朝の散歩がてらでした。

最近、将来は北海道に住んで農業をやりたいと言い出した娘。おもろいなーって思いながら、「そしたら月一で遊びに行くから、美味しいもん食べに行こう」って答えています。

 

今朝、学校へ歩きながら娘に伝えました。

 

あなたが、動物や植物のことが大好きでお世話をしようという気持ちは素晴らしいと思う。でも相手は生き物だから、あなたが気まぐれでやったらアカンよ。やるって決めたら、ちゃんと最後までやることね。

 

まぁ、親としては、他の生き物の世話の前に、自分のことを最後まで世話できる人になりなはれ。

という気持ちもあるのですが! が!!

 

そこは娘も(頭では)理解している(しかし行動がともなわない)ことなので、ここではあえて言わずにおきました。

 

かぼちゃの実が成る頃には、娘の心も少しは成長しているかな?そうだったらいいなと、時々私もお散歩がてら眺めていようと思います。

 

 

そうそう、かぼちゃは、アスリートにもいい食材ですよね。

ベータカロテン、ビタミンA、Eが豊富で、活性酸素の多いアスリートには嬉しい抗酸化作用も高め。糖質も入っているので、エネルギー源としても優秀です。

骨を固めるビタミンK、糖質をエネルギーに変える時に必要なビタミンB1なども多めですし、ミネラルも豊富ですよ。

甘酸っぱいけどほろ苦いジャムのお話

うちの娘が器械体操の練習に行く時、たいていは学校から帰ってきて軽く食べてから、練習に行きます。練習は夜9時過ぎまで。学校帰りに何も食べないで行くと、お昼12時台に給食を食べてから、9時間ほど何も食べずに体を動かすことになってしまいます。いくらなんでもエネルギー不足で、パフォーマンスも低下してしまいます。エネルギー不足は怪我の元でもあります。疲れにくく体を動かすためにも、体操の練習に行く前の補食は必須です。

 

とはいえ、私も働く身。いつも手の込んだ補食が作れるわけではありません。かといって、市販のスナック菓子などに頼るのは、栄養的にも不安。もちろん、体重管理も体操選手にとって大切なことなので、脂質の多いものは避けたいところです。そこでバナナやパンが活躍してくれます。エネルギーに変わるのが早く、消化も良い補食としておすすめです。

 

中でもアスリートフードマイスター3級の講座で先生方におすすめされたパンは、ジャムパンジャムの糖質は単糖類なのでエネルギーにすぐ変わり、脂質がない分、消化吸収も早いです。試合前などのエネルギー補給にも、ジャムパンは推奨されます。

 

うちではトーストを焼いて、自家製ジャムを塗ることも多いです(バターはなし)。自家製、といっても作ったのは私ではなく私の父ですが。

 

なぜかうちの父、ここ数年ジャム作りにはまっているんです。これまでにも

りんごジャム、ブルーベリージャム、マーマレード、などなどたくさんのジャムを作っては、私たちにもプレゼントしてくれています。

まさにジャムおじさん。いや、ジャムおじいさんか・・・。

 

 

父のジャムの素晴らしい点は、無添加ということのほか、果物がたっぷりなこと。父のイチゴジャムを食べたら、まあるい実がゴロゴロどっさり入っていて、市販のイチゴジャムでは物足りなくなってしまいます。

 

今年もそんなジャム向きの小粒なイチゴがたくさん出回り始めた頃・・・。

 

実家で両親と話していたら「今年、ジャム向きのイチゴをまだ見ていないんだ」と父。「私、この前近所のスーパーで見かけたよ」と私。

「じゃあ、今度見かけたら買っておいてくれないか?」と父が言うので、買い物に行く時には、果物売り場をちょっと気にして見ていました。

 

するとある日、あったのです。

小さめのジャムがたっぷり。しかもお手頃価格で。

 

 

その日、私と夫と娘は出かけていました。出先で思ったよりも長く遊んでしまい、ちょっと帰りが遅くなりました。「帰り、どこかで夕飯食べていこうか」と話していたのですが、1日外で過ごしていて、家族みんな疲れ気味。

「でも早く家に帰りたいよね。お風呂に入ってゆっくりお家でご飯食べたいなぁ」。

 

 

かといって、そこから私が夕飯を作ると、時間も遅くなるし、私もちょっと疲れていました。「じゃあ、近所のスーパーで、何か簡単に食べられるものを買って、家にあるものと組み合わせて適当に食べちゃおう」。と、手抜き夕飯を提案してくれた家族に甘えることにしました。

 

 

そこで寄ったスーパーマーケットで見つけたのです。

ジャム用イチゴちゃんたちを!

 

 

「おお!これは買わねば。父に美味しいジャムを作ってもらって、また美味しいジャムパンを食べよう!」と、食いしん坊一家が飛びつきます。

 

とりあえず実家に電話をかけました。「イチゴ見つけたよ!」。

「ぜひ買っておいてちょうだい!」と母。

横で父が言います。「3キロくらい買ってきて」と。

 

しかーし。

電話を切った後に気づきました。

 

「ちょっと待って。今、お財布に2600円しかない・・・(汗)」と私。

 

 

イチゴは1箱(およそ1キロ)800円。

3箱買ったら、私の全財産が吹っ飛びます。

 

 

ま、いいや。クレジットカード払いにすれば。

 

と、夕食用のおかずもカートに入れて、レジに向かったところ、

「お客様、すいません〜。うち、現金払いのみなんです〜」と、レジのお姉さんに済まなさそうに言われてしまいました。

 

「ひゃー!!!」

 

 

変な汗が出てきました。

スーパーの閉店時間もあと10分ほど。

家に帰ってお金を持ってくる時間はありません。

 

「あ、道を渡ったところにコンビニがありますので、そこでお金下ろすこともできますよ」。とレジのお姉さんがナイスアシスト。

 

しかーし(再び)。

 

その日は1日お外で過ごす予定だったので、荷物を少なくして出かけたのです。普段持っているお財布やカードケースを持たずに、あれこれ減らした上で、お財布バッグに1まとめにして、コンパクトにしていました。念のためクレジットカードは持っていたものの、銀行のキャッシュカード類は全部置いてきてしまっていました。そして出先で、そこそこ現金も使ってしまっていて、残金2600円ぽっきり。冷え切った懐に、さらに北風が吹き込みます。さむいよーーーー!

 

「私、キャッシュカードも家に置いてあるんです〜(泣)お金、おろしにいけません〜(号泣)」。

 

 

レジのお姉さんも、おばちゃんも、「あぁぁぁ〜」と痛恨の叫び。

ありがとう、共感してくれて。ありがとう。

涙で前が見えません(言い過ぎ)。

途方にくれるとは、まさにこのこと。

 

 

とか言ってる場合じゃなく、決断を下さねばなりません。

カートに入っているものすべてを買うことはできないのですから。

閉店時間も迫っています。

 

夕飯をとるか、イチゴをとるか。

イチゴをとるか、夕飯をとるか。

 

 

・・・・・・・。

 

↑この間の私の心の逡巡。

(夕飯は私がちょっと頑張れば作れるけど、父のイチゴジャムはこの時期にしかできないじゃないか・・・。そうだ、イチゴジャムはもらったら長く楽しめるし、夕飯はあれをこうして、これをああして・・・。なんとかなる!)

 

「よし!イチゴ以外のものを全部あきらめるよ!

みんな、棚に戻しに行こう!」

 

 

と家族に掛け声をかけたら、レジのお姉さん&おばちゃんが「私たちが戻しておきますからいいですよー」と優しいお声。

 

「本当にすいません。お恥ずかしい!!

これからはキャッシュカードを家に置いておくなんてこと、しません!!(普段めったにしないのですよー)」

とか言いつつ、恐縮しまくりで、ペコペコとコメツキバッタのように頭を下げます。

「いえいえ、そういうお客様、たくさんいらっしゃいますよ。『あとでお金持ってきますから、取り置きしてもらえますか?』とか言われる方もいらっしゃいますしね」と、レジのおばちゃんがニッコリ笑顔でお会計をしてくれました。

 

 

800円のイチゴ3箱、プラス消費税で2592円。

お財布の中の2600円を全部払って、8円のお釣り・・・。

 

 

チロルチョコも買われへん〜。

イマドキ、小学生でももっと持ってるわー。

 

 

その日、イチゴの香りに包まれながら、私は大急ぎで帰宅して、遅い夕飯を作ったのでした。ちゃんちゃん。

 

 

 

教訓。

クレジットカードとキャッシュカードは大事。

スーパーの店員さんには感謝の気持ちをいっぱい表わそう。

はい、これからも贔屓に使わせていただきます。

 

 

そんなこんなで手に入れたイチゴ。

翌日には実家に届け、そしてその数日後には我が家に美味しい美味しい、ゴロゴロとイチゴ果肉が入ったジャムの大瓶として届けられました。あぁ、苦労して口に入ったイチゴジャム。ほろ苦い思い出なのに、甘酸っぱくて最高においしいぜ(涙)。

お父さん、今年もありがとう。

大事にいただいています。

親愛なるダーウィン様、バッタはどこからきたのでしょう

うちには時々、宗教の勧誘のおばさまが、ピンポーンとインターホンを鳴らして、お話に来ます。

「うちは誰も信心深い人はいませんが、私は一応、仏教だし、夫は一応、ユダヤ教。これ以上うちに宗教を増やす気はないので、うちに来ても無駄ですよ」とはっきりお伝えしているのですが、「わかりました。でも小谷さんとお話するのは、なんだかパワーをもらえて楽しいので、時々会いに来ていいかしら」と言うおばさま。

勧誘はしないでねという私の気持ちはわかっていただき、その後も時々会いに来られては、ちょっと立ち話程度のことはします。

 

そんな中で、そのおばさまが、「イエス様が人間や動物を作り、宇宙を作り・・・」といった話が載った本を「お嬢さんにどうぞ」と渡そうとしてきたので、「いやいやいやいやいやいや・・・・」と思わず遮ってしまった私。

 

「そういうお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、我が家はジーザスよりも、ダーウィンを信じているんです。すいません」とお断りしました。

 

そう。進化論のあの、チャールズ・ダーウィンです。

その進化論の枠組みの外にいるのが、昆虫なんですってね。

爬虫類や両生類が地球を支配していた頃に、昆虫は今の姿とほとんど変わらない状態でいきなり姿を現したんだとか。昆虫の祖先というのが、いまいちわからない。だって、羽根を独立して持っているのは昆虫だけ。鳥の羽根は前足だったものが変化した形だから、昆虫の羽根とは成り立ちが違うんですね。

そのため、地球外生物がいきなりやってきたのではないかという説もあるほど。

 

今、1番メジャーな考え方としては、甲殻類(エビカニなど)が変化した形が昆虫なのではないかという説。

 

体の外が骨のように硬い殻状になっていて、その中に肉がある。

脊椎動物は骨が肉の内側ですから、逆の作りなんですね。

そして、昆虫の硬い殻は、カニやエビのキチンキトサン成分と同じ。

そんな共通点が多いから、甲殻類起源説が有力なんだそうです。

 

そして、私もこの、「昆虫=甲殻類起源説」を支持する気持ちが、今とても強くなっています。

 

昆虫の硬い殻を分析したとか、観察したとかではなく、食べたことで実感できたからです。

 

今月18日、19日にグランフロント大阪で開催された、ナレッジキャピタル大学校でお邪魔した、昆虫食ブース。この間の投稿にも書きましたが、価値観を変えてくれる体験になりました。

その同じブースで、コオロギパウダーのentomoの社長、松井さんとお話することができました。

この日はコオロギパウダーを盛り込んだコオロギパンも販売されていて、大人気。

 

さらには、メキシコでは500種類ほどの食べられる昆虫がいるそうで、メキシコで市販されている「味付けバッタ」を見せてもらいました。

こういうジャーに入っていて、ぽりぽりつまみながらビールを飲んだりするんだとか。

 

会場の関係で、その場での試食はできないですが、サンプルとして少し持って帰りますか?と、分けていただきました。(松井さん、ありがとうございます!)

体長は1〜2センチくらいの小さなバッタ。

これを天日干しして、メキシコ人好みの味付けにしてあるとのこと。

 

帰ってから、さっそく家族で試食会。

うちの家族、食への好奇心が旺盛で、ホンマに助かる・・・。

 

まずは小皿に盛ってみる。

 

お皿に盛った時の乾燥具合とかが、もうそのまんま干しエビ。

触った感じも干しエビ。

 

さあ、いきますわよ。

 

味付けが、まずはメキシカーン。

ちょっとスパイシーで、酸味もある味わい。これはビールが進みそう♡

食感はやはり、干しエビ。

匂いも全然気にならないし、カルシウム多そう〜な感じでポリポリいけました。

「これ、エビだよねー」と言いながら、家族みんなでポリポリ。

夫はお箸でつまんでみたり。

宮本武蔵か!

あ、宮本武蔵はハエでしたね。

 

あっという間に無くなりました。

普通においしいおいしい。って食べられました。

この干しエビ感、もしやお出汁などもとれるかしら?とか思ったり。

 

ちょっとしたおつまみに、子供のヘルシーおやつにもいい感じ。

(ちなみにentomoさん、この味付けバッタを作っているメキシコの会社の製品を日本でも販売するべく、現在動いておられるとのこと!)

 

昆虫は草を食べて生きるものが多いので、植物のビタミンやミネラルが体に多く含まれているんだそうです。そしてもちろんタンパク質も。

やっぱりアスリートにもいい食材だなぁ。

近い将来、アスリートの補食にバッタやイナゴ、なんてこともあるのかな。

 

カーリングのもぐもぐタイム。
「あ、日本チームは、イチゴとともにイナゴも出てきましたねぇ。字面は似ていても見た目は随分違います」というアナウンサーの声を妄想・・・。

 

 

そうそう。妄想している場合じゃない。大事なお話。

私が食べて「干しエビやんー」と実感したバッタですが、エビカニなどの甲殻類アレルギーを持つ方は、バッタなどでもアレルギー反応が出る可能性があります。十分ご注意くださいね。

 

このことからも、やはり昆虫=甲殻類起源説に1票!

 

親愛なるダーウィン様。いかがでしょう?

 

 

アスリート向けりんごのカップケーキ

もうすぐバレンタインデー。義理チョコやら友チョコやら、あちこちにスイーツを贈る方もいらっしゃるでしょうね。そんな我が家では、「みんながやっているから」という理由だけで、クラス全員用のチョコレートを作ったりするのはやめようという取り決めをしています。本当にあげたい人にはもちろん協力するけれど、みんながやっているからというだけで、そこに流されては欲しくないのです。
とはいえ、娘にもスイーツをあげたい仲良しのお友達、毎年交換しているお友達は数人いるので、今年は一緒にチョコチップクッキーを作る予定です。あ、もちろんパパにもあげるそうですよ。

 

今日は、以前もこのサイトのためにアスリートわらび餅を考案してくれた、私の友人の高校生の娘さんが、再びアスリート向けスイーツレシピ開発をしてくれたので、バレンタインデーが近づいてきたタイミングでご紹介します!l高校生とはいえ、彼女はもうすぐ卒業して、春からはパティシエの勉強をする学校に入学します。今でもパティシエさんみたいに素敵なスイーツをいっぱい作っているんですが、春からますます腕を上げてくれることでしょう(私、もう親戚おばちゃん状態ですから。かわいくってしょうがない♡)。

 

というわけで、アスリートにもおすすめ(もちろん、アスリートでない方にもオススメ)、りんごのカップケーキのレシピです。

 

カップケーキ型4個分の分量

  • りんご 1個
  • 砂糖 大さじ1
  • 卵 1個
  • はちみつ 30g
  • ヨーグルト 50g
  • 小麦粉 50g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • レーズン 20g

 

1 りんごの皮をむいて、1センチ角にカットし、そこに砂糖をふりかけ、ラップをして、600wのレンジで3分加熱する。

 

2 水気をしっかり切って冷ます。

 

3 ボウルに卵を割り、ハチミツを加え、もこもこ白っぽくなるまで泡立てる。

4 さらにヨーグルト、小麦粉、ベーキングパウダーをふるい入れて、混ぜる。

 

5 2のりんご、レーズンを加えて軽く混ぜ、カップケーキ型に入れる。

 

6 170度に予熱しておいたオーブンで20分〜25分焼いたら出来上がり。

(焼き色がついたところで、竹串を刺して、竹串に生地がつかなければOK)

 

フルーツは、ビタミン、ミネラル、抗酸化作用、糖質など、アスリートに必要な成分がいっぱい。ハチミツのミネラルもうれしいところです。そして、卵、ヨーグルトのタンパク質、ヨーグルトのカルシウム、小麦粉の糖質など、体をしっかり動かすアスリートのエネルギー補給になってくれる一品ですね。補食にもオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご質問をいただきました

先日、とあるシェフの方からご質問をいただきました。

その方は、シェフの知識や技術を生かしながら、病人食の勉強もされていて、地域のお年寄りが食べられる、体に優しいお食事の提供などもされています。

いただいたご質問は「普通の栄養学と、アスリートフードの違いについて、また糖質制限についてのお考えも聞かせてください」ということでした。

 

“ご質問をいただきました” の続きを読む