親愛なるダーウィン様、バッタはどこからきたのでしょう

うちには時々、宗教の勧誘のおばさまが、ピンポーンとインターホンを鳴らして、お話に来ます。

「うちは誰も信心深い人はいませんが、私は一応、仏教だし、夫は一応、ユダヤ教。これ以上うちに宗教を増やす気はないので、うちに来ても無駄ですよ」とはっきりお伝えしているのですが、「わかりました。でも小谷さんとお話するのは、なんだかパワーをもらえて楽しいので、時々会いに来ていいかしら」と言うおばさま。

勧誘はしないでねという私の気持ちはわかっていただき、その後も時々会いに来られては、ちょっと立ち話程度のことはします。

 

そんな中で、そのおばさまが、「イエス様が人間や動物を作り、宇宙を作り・・・」といった話が載った本を「お嬢さんにどうぞ」と渡そうとしてきたので、「いやいやいやいやいやいや・・・・」と思わず遮ってしまった私。

 

「そういうお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、我が家はジーザスよりも、ダーウィンを信じているんです。すいません」とお断りしました。

 

そう。進化論のあの、チャールズ・ダーウィンです。

その進化論の枠組みの外にいるのが、昆虫なんですってね。

爬虫類や両生類が地球を支配していた頃に、昆虫は今の姿とほとんど変わらない状態でいきなり姿を現したんだとか。昆虫の祖先というのが、いまいちわからない。だって、羽根を独立して持っているのは昆虫だけ。鳥の羽根は前足だったものが変化した形だから、昆虫の羽根とは成り立ちが違うんですね。

そのため、地球外生物がいきなりやってきたのではないかという説もあるほど。

 

今、1番メジャーな考え方としては、甲殻類(エビカニなど)が変化した形が昆虫なのではないかという説。

 

体の外が骨のように硬い殻状になっていて、その中に肉がある。

脊椎動物は骨が肉の内側ですから、逆の作りなんですね。

そして、昆虫の硬い殻は、カニやエビのキチンキトサン成分と同じ。

そんな共通点が多いから、甲殻類起源説が有力なんだそうです。

 

そして、私もこの、「昆虫=甲殻類起源説」を支持する気持ちが、今とても強くなっています。

 

昆虫の硬い殻を分析したとか、観察したとかではなく、食べたことで実感できたからです。

 

今月18日、19日にグランフロント大阪で開催された、ナレッジキャピタル大学校でお邪魔した、昆虫食ブース。この間の投稿にも書きましたが、価値観を変えてくれる体験になりました。

その同じブースで、コオロギパウダーのentomoの社長、松井さんとお話することができました。

この日はコオロギパウダーを盛り込んだコオロギパンも販売されていて、大人気。

 

さらには、メキシコでは500種類ほどの食べられる昆虫がいるそうで、メキシコで市販されている「味付けバッタ」を見せてもらいました。

こういうジャーに入っていて、ぽりぽりつまみながらビールを飲んだりするんだとか。

 

会場の関係で、その場での試食はできないですが、サンプルとして少し持って帰りますか?と、分けていただきました。(松井さん、ありがとうございます!)

体長は1〜2センチくらいの小さなバッタ。

これを天日干しして、メキシコ人好みの味付けにしてあるとのこと。

 

帰ってから、さっそく家族で試食会。

うちの家族、食への好奇心が旺盛で、ホンマに助かる・・・。

 

まずは小皿に盛ってみる。

 

お皿に盛った時の乾燥具合とかが、もうそのまんま干しエビ。

触った感じも干しエビ。

 

さあ、いきますわよ。

 

味付けが、まずはメキシカーン。

ちょっとスパイシーで、酸味もある味わい。これはビールが進みそう♡

食感はやはり、干しエビ。

匂いも全然気にならないし、カルシウム多そう〜な感じでポリポリいけました。

「これ、エビだよねー」と言いながら、家族みんなでポリポリ。

夫はお箸でつまんでみたり。

宮本武蔵か!

あ、宮本武蔵はハエでしたね。

 

あっという間に無くなりました。

普通においしいおいしい。って食べられました。

この干しエビ感、もしやお出汁などもとれるかしら?とか思ったり。

 

ちょっとしたおつまみに、子供のヘルシーおやつにもいい感じ。

(ちなみにentomoさん、この味付けバッタを作っているメキシコの会社の製品を日本でも販売するべく、現在動いておられるとのこと!)

 

昆虫は草を食べて生きるものが多いので、植物のビタミンやミネラルが体に多く含まれているんだそうです。そしてもちろんタンパク質も。

やっぱりアスリートにもいい食材だなぁ。

近い将来、アスリートの補食にバッタやイナゴ、なんてこともあるのかな。

 

カーリングのもぐもぐタイム。
「あ、日本チームは、イチゴとともにイナゴも出てきましたねぇ。字面は似ていても見た目は随分違います」というアナウンサーの声を妄想・・・。

 

 

そうそう。妄想している場合じゃない。大事なお話。

私が食べて「干しエビやんー」と実感したバッタですが、エビカニなどの甲殻類アレルギーを持つ方は、バッタなどでもアレルギー反応が出る可能性があります。十分ご注意くださいね。

 

このことからも、やはり昆虫=甲殻類起源説に1票!

 

親愛なるダーウィン様。いかがでしょう?

 

 

コオロギパウダーついに食べた!

先日書いた昆虫食についてのエントリー

気を持たせるような終わり方になってしまいましたが、ようやく続きが書けます!
あー、早く書きたかった!

 

まずは届いたコオロギパウダー

ネットでもオススメの声が大きかった、「ヨーグルトに入れる」というのをやってみました。

 

まずはその前にまずは粉そのものをちょっと舐めてみる…。

少しざらりとした食感ではありますが、味はほとんど分からないです(ビビって、舐めた量が少な過ぎたのか⁈)。

そんなに味もしないし、大丈夫そう!と、安心した気持ちはあるのですが、「ちょっとおもろない〜」と、心のどこかで思う私はチャレンジャー(笑)

マズイものが食べたいわけでは決してないのですが、「うへ〜」とか言いながら、水をがぶ飲み!みたいなのもネタとしては美味しい。

 

どっちやねん、私!とか思いつつ、次はいよいよヨーグルト。

プレーンヨーグルトを大さじ4杯ほどに、
コオロギパウダーを小さじ3分の1くらい。

だいたいの量です。テキトーです。

見た目、ココアパウダー入りのヨーグルトみたいなんですが、正真正銘コオロギパウダーでっす!

ここに、はちみつを適量いれて混ぜてみました。

 

見た目は明らかに茶色い。
ココアパウダーを混ぜたみたいな色。
食欲をそそるビジュアルではございません。

 

で、味は…

 

 

あんまり分からへん〜!

 

あえていうなら、トリュフパウダーっぽいような、土っぽいような香りがほんのり。

 

食感はちょっとざらりとして、きな粉入りヨーグルトに近い感じ。

 

いずれにしても、ヨーグルトの味が圧倒的に勝っていて、コオロギ成分まったく気にならないです。
一緒に食べた我が家の家族、3人とも同意見でした。

 

 

思っていた以上にクセがないぞ、コオロギ!

 

少し勇気が出て来た小谷ファミリー!

 

 

調子に乗って、
次なるコオロギ料理は、パンケーキ!

 

ホットケーキミックス 380g
コオロギパウダー 20g
卵 3個
牛乳 150ccくらい

 

まずは粉をまぜまぜ。

全粒粉っぽい見た目。でもコオロギーーー!!

 

生地を作ってからフライパンで焼くのは、普通のパンケーキと同じ。
焼いても全粒粉みたいな色目です。

今回は色々な味を試したくて、コインパンケーキと呼ばれる、小さいサイズ(1枚のパンケーキにつき、大さじ一杯くらいの生地を使用)を作りました。

 

完成!

 

って作り過ぎやがな!

推定6人前( ̄▽ ̄)

 

ブランチとして、家族3人で食べられたのは、この半分ほど。

ということで、レシピの分量は適当に加減してください。

これまたテキトーですいません!

 

作っているプロセスで感じたのは、これまでの(コオロギパウダー無し)のパンケーキとまったく変わりないということ。フライパンにくっつきやすいとか、香りがおかしいとか、焦げやすいとか、全くナシでした。

 

そしてお味。

 

まずは何もつけずに一口。

 

甘さ控えめやわ〜。

ホットケーキミックスが減っているのですから、甘みも減りますね。

 

しかも、いつものパンケーキよりモチっとしてる。

後味が香ばしい!

パンケーキなんですが、ちょっともっちりパンみたいなお味になっています。

 

 

バターとメープルシロップという定番も、もっちりしたパンケーキとして、美味しくいただきました!

 

そして、ブルーベリージャムとクリームチーズというトッピングも美味♡

でも、普通のパンケーキ以上に甘さ控えめになったコオロギパウダー入りのパンケーキは、オカズパンケーキとしてもいいんじゃないの?

 

ということで用意したのが、

ザクザク切った春キャベツにシーザーサラダドレッシングをかけたもの

と、ミートソースにチーズを混ぜたもの。

前日に作っていたミートソースにマッシュルームを入れて、ピザ用チーズを加えて火にかけました。これ、缶のミートソースにチーズでももちろんOK

 

パンケーキの上に、春キャベツと、ミートソースを載せて、ナイフで切ってパクリ!

 

おいしーーーい!!

 

甘さ控えめのもちもちパンケーキに、ほんのちょっぴり香ばしさが加わっているところに、春キャベツの甘みとシーザーサラダドレッシングの酸味と、ミートソースの旨味。

ハーモニーーー♪

 

しかも、通常のパンケーキより

糖質控えめ、

カロリーも少々減ります。

タンパク質、

鉄分、

ビタミンB12、

カルシウムなどがUP。

 

これはアリですね。

我が家ではコオロギパウダー入りパンケーキ、リピート決定です。

 

まぁちょっと値段が高いのが気になるところではありますが。
(56g入り2011円)

私が買ったのは、カナダ産で、EU米国カナダでオーガニック認証を受けているコオロギパウダーだったので、お値段高めというのは納得なのですが、日常的に使うとなると、もう少し値段が下ってくれるとありがたいですね。

 

ちなみに、大量に作りすぎたパンケーキ。

あまった具材を挟んで、(コオロギパウダー入り)パンケーキサンドイッチとしてオヤツに食べました^^ 美味美味。

 

さぁ、あなたもコオロギパウダーが食べたくなって来たでしょ〜。

昆虫食(insect diet)に私もトライ?

先日、私が担当しているラジオ番組、FM COCOLO PACIFIC OASIS(月〜木11:00〜14:00)の中でお話した「昆虫食」。番組へのリスナーさんからのリアクションも多く、番組を聞いていた知人たちともその後「虫を食べること」について、熱く語り合う機会があったりもしました。

結構たくさんの人が昆虫食にご興味ある?

怖いもの見たさも含め??

なんてことを思いました。

 

アスリートフードマイスターとして昆虫食を考えると、タンパク質豊富、カロリー低め、ミネラルも豊富という昆虫食の特徴は、アスリートにも活用すべき食材だなと感じました。

 

というわけで、ここ「アス飯前!」でも昆虫食についての投稿をしてみようと思います。先日ラジオでお話した内容を復習しますので、聞いてくださっている方は内容ダブってしまってごめんなさいね。

 

日本に暮らしているとピンと来にくいかもしれませんが、世界ではどんどん人口が増えていて、今や世界の人口は75億人近く。世界中で1日に6000万人が無くなる一方で、1億3000万人が生まれます。つまり、1年で7000万人が増えています。1分に換算すると137人!

 

このペースだと2050年には世界の人口は90億人になると推定されています。ということは、それだけ食料が不足する恐れがあるということ。

 

今でも途上国で8億人以上が食糧が足りないのですが、どれだけ食糧を増産しても、2050年、世界人口が90億人になる頃は、5億人以上が食糧不足に悩まされ、さらには地球温暖化が進む可能性を考えると、食糧問題が今以上に深刻化することも指摘されています。

 

そんな中、2013年頃から取り組まれていたのが、昆虫食世界的な食糧問題の対策の1つとして役に立つ食材になるだろうと、国連食糧農業機関(FAO)が提唱したことで、昆虫食の注目が高まりました。

 

高タンパク、ビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富で、たとえ、食糧用として養殖するとしても、豚や牛といった家畜動物よりも小さな土地や少ない餌で済みます。家畜動物そのものが発するCO2もバカにできない量なので、食材としての家畜と昆虫、100gあたりのタンパク質を得るのに発生するCO2の量が、虫の方がずっと少ないそうです。昆虫食は環境にも良いのですね。

 

世界では1900種類以上の虫が食用として扱われて、現在も20億人ほどの食生活の中で虫が食べられているのですが、もっと幅広く虫が食べられれば食糧問題対策としてかなり有効になりそうです。

 

そんな中、今年に入ってから、コオロギを原料とする食品を製造する、アメリカ・テキサス州の会社が、プロテインバーのメーカーを買収。また、カナダで全国展開している流通大手「ロブロウズ」が自社ブランドの中にコオロギの粉末を加えて、全国2000以上ある店舗で全国展開することになったそうです。

 

ちなみにカナダでは、数年前からバンクーバーでコオロギのピザとか、トロントでタランチュラの天ぷらを売る店が登場はしてきていたそうなんです。東南アジアでもタランチュラを焼いて食べたりするところもありますね(タランチュラは、カニ味噌風なんだとか。まぁ、見た目もどっちかというとカニですもんね)。

 

ということで、カナダではこのところ昆虫食のムーブメントがじわじわ来ていたのか、今年に入ってから、全国規模でコオロギの粉末が販売されることになりました。アメリカなどでも、体を鍛える人が食べるなどして、プロテインバーが人気なんですが、そのプロテインバーのタンパク質として昆虫が使われるケースが結構あるんだとか。

 

調べたところ、コオロギの粉末は、多く使うとナッツのような、マッシュルームのようなアーシーなテイストらしいのですが、少しだけ使うときはほとんど味も気にならないそうですよ。ヨーグルトに入れたり、小麦粉の代用品としてカレーに使ったり、おかし作りに使ったりできるそうです。

 

といったお話をラジオでしたんです。

(その他にも、カミキリムシの幼虫はトロみたいな味がするらしいとか、美味しいバッタは海老の味だとかも言いましたっけ)

 

で、ここまで話したのだし、私自身も興味がある昆虫食。

これは自らも体験してみるしかないんじゃないの??と思い始めました。

 

これまたラジオでもお話したのですが、子どもの頃「蜂の子」は食べたことがあるんです。うちの父が当時、商社の食品部門に勤めていまして、時々不思議な食べ物を持ち帰ってきていました。蜂の子は缶に入っていて、その缶がちょっと凹んでいたか何かで売り物にならなかったからだったと記憶しているのですが、味はうなぎっぽい美味しさだったような・・・。悪くなかったです。

 

でも昆虫食は、それ以来ご無沙汰。

 

せっかく2018年に昆虫食にトライするのなら、やはり今何かと注目のコオロギの粉末がいいのではないかと、さっそくメールオーダーでポチッとな。

 

すごいわ、アマゾンプライム。翌日には我が家のテーブルに!

 

クリケットパウダ、参上ーーーー!!

 

裏にはこんなパッケージ。

「原材料名 コオロギ」

まじりっけなしの100%!!

 

10gあたり

熱量 45kcal

タンパク質 6.0g

脂質 2.5g

炭水化物 1.0g(食物繊維0.8g、糖質0.2g)

食塩相当量 0.08g

オメガ3 64.8mg

オメガ6 6771mg

ビタミンB12 1.5μg

鉄分 0.64mg

カルシウム 22mg

 

タンパク質豊富ですねぇ。

そして、この表示、食物繊維や糖質まで書いてあって、親切だこと。さすがEU、アメリカ、カナダのオーガニック認証受けている、意識高い系昆虫食メーカー。

 

いよいよ開けました。

匂いはほんのちょっぴりしか感じられません。

あえて言うならちょっと土っぽい香り?

 

中身はこんなふう。

ココア?いや、これはコオロギを粉末に・・・キャーーー!!! ってなことは、あまり考えない方が良さそうです。

 

さぁ、どんなお味か!

 

近々、コオロギの粉末の食レポもUPします!!

COMING SOOOOON!

 

糖質制限について

前からずっと書こうと思っていた糖質制限について、今日は書いていこうと思います。実は昨年の11月、FM COCOLOのスポンサー企業でもあるサラヤさん主催の、糖質制限についての勉強会に参加させていただきました。サラヤさんは、血糖を上げない自然派甘味料(天然素材なのに、カロリーゼロで砂糖と同じ甘さを持つ調味料です)、ラカントSを作っておられる関係で、糖質制限についてのセミナーなどを行っておられます。そこで学んだことも加えながら、ちょっと長めの投稿をしてみるつもりです。

 

“糖質制限について” の続きを読む

幻の10点満点

今日は娘の体操の試合でした。

そんなに大きな大会ではないのですが、今日のはある意味めちゃめちゃ気合の入る試合でもあったのです。

 

というのも、娘の所属している体操クラブは、大きなグループの1つのクラブ。

同じ学校法人(グループ)のもとに、複数の学校(体操クラブ)が存在しているみたいなものです。

 

そのグループ全体で毎年開催される試合なのです。同じグループには、10団体ほど体操クラブがあって、個人競技での表彰とはいえ、総合成績のトータルはクラブ対抗戦となります。

“幻の10点満点” の続きを読む