アナと雪の女王2(2019年11月22日~公開)

大ヒットとなった「アナ雪」の続編。

前作もつい最近改めて観直して、

復習もバッチリで初日に観てきました。

 

 

妹のアナの命がけの愛によって、

触れるもの全てを凍らせてしまう力をコントロールし、

平和なアレンデール王国を取り戻した女王エルサ。

 

 

城の門は開かれ、前作でアナと仲良しになったクリストフ、

彼の相棒であるトナカイのスヴェン、

そしてキュートな雪だるまのオラフも

姉妹と一緒に暮らしています。

 

 

そんな幸せな日々の中、

エルサだけが、不思議な美しい歌声を耳にします。

何度も聞こえてくる歌声に導かれ、

仲間とともにエルサが向かったのは、

エルサの持つ力の秘密を解き明かす場所。

そこにはアナとエルサの亡き両親が深く関わっていたのでした。

 

 

前作でちょろっと出て来たきりで、

南の海で船の事故で亡くなったとされていた両親ですが、

彼らが実はエルサの力に関わる真実の鍵だったことが

わかって来ます。

ご両親、いいエピソードなんですよ。

 

 

前作「ありのままの自分」という

大きなテーマを掲げた「アナ雪」ですが、

今回私が感じたテーマは「自分の居場所を自分で探すこと」

「未来を変えるために、過去の過ちを認めること」。

 

 

エルサは今回海を渡る大冒険をします。

まぁ、今時のディズニープリンセスは、タフですよ。

ドレスだろうが、ロングヘアだろうが、めっちゃ機敏に動きます!

激しい戦いにもどんどん飛び込んでいきます!

その、エルサが立ち向かう海の荒々しい波、

そこに氷の力を使って必死に挑むエルサのシーンの迫力、

そして今回のメインの舞台となる魔法の森という場所の美しさ、

映像美もさらにレベルアップしていました。

 

大冒険するエルサがビジュアルを変化させていくところ

(髪型やドレスの色など)もとても素敵です。

エルサがどんどんと自分を解放していき、

どんどんと美しくなっていきます。

自分が無理せずいられる場所で輝くことって、

本当に素敵だなと教えてくれます。

 

 

アナはアナで自分の出来る精一杯をします。

そうそう、もう1つのテーマとして

「今できる自分のベストを尽くす」というのもありました。

まさにアナはそれをやってのけていました。

 

 

相変わらずオラフは可愛くて、めっちゃ面白い。

オラフがトリビアを語りまくるシーン、森の中ではしゃぐシーンなど、

魅力全開です。

前回、体が冷え切ったアナのために、

自らの体が溶けることも顧みず、暖炉に火をつけたシーンで

ホロリとさせられましたが、

今回もアナとオラフの愛を感じるホロっとするシーンは健在です。

アナ雪といえばテーマソングも話題になる映画ですが、

今回もエルサ役のイディナ・メンゼルが

「Into The Unknown」

という力強い楽曲を歌い上げています。

未知なる世界へ行くのだ!という力強い誓いの歌です。

 

 

 

そのほかにもチャーミングな楽曲があれこれ出てくるのですが、

私が笑いすぎて涙が出るほどだったのが、

クリストフの歌うシーン。

 

アナへの愛を切々と歌い上げる、

80年代ロックのバラードみたいな歌で

タイトルは「Lost in the woods」。

邦題は「恋の迷い子」らしいです(笑)。

このベタなタイトルもまさに80年代ロックのバラードに

ありがちだったでしょ?

そしてどう観てもそのシーンが、あの頃のミュージックビデオ。

REOスピードワゴンとか、シカゴとか、リチャードマークスとか

あのあたりを彷彿とさせる楽曲とミュージックビデオ風なシーン。

昭和なあなた、このシーン観たら悶えますよ。

っていうか、このクリストフの歌うシーンだけの

ミュージックビデオ欲しいです、私。

悲しいことがあったら、これ観て笑うんだ。

 

 

この楽曲シーンも含めて、今回のアナ雪2は、

前作以上に制作側の遊び心が発揮されている印象です。

もちろんシリアスなシーンも、ジーンとくるシーンも、

姉妹愛にウルウルくるシーンもちゃーんとありますので、

いろんな意味で期待を裏切らない仕上がりは、さすがのクオリティ。

 

魔法の森で登場する魅力的な新キャラたち

(特に火の妖精ブルーニがめちゃ可愛い!)も、

ディズニーらしさ全開でした。

 

 

 

そして今回観た劇場は、沖縄の嘉手納基地に近い映画館だった

ということもあり、字幕版のアナ雪2の会場は

アメリカ人ファミリーがたーくさん。

アメリカの映画館みたいな賑やかな会場の空気で、

それも面白かったです。

オラフのシーンで大爆笑するファミリー。

ゲラゲラ笑い続けるキッズたち、

その後「お茶の間か!」っていうくらいの会話が聞こえたり。

終わってから拍手するお客さんがいたり。

 

その雰囲気も含めて、ご機嫌な映像体験となりました。

 

あ、エンドロール長いですが、

最後まで見たほうがいいと思いますよ^^

JOKER(10月4日〜公開中)

公開前から「早くJOKERのレビューを書かなきゃ!」と思いながら、

目の前にそびえ立つ壁が大きすぎて、なかなか書けずにいました。

 

まだPACIFIC OASISを担当していた9月中に観せてもらっていたので

翌日コングさんに「昨日、JOKERの試写を観てきたよ」と報告。

「どうだった?」と聞かれた時に、とっさに出たのが

「悲しかった」という言葉でした。

「怖いんじゃなくて、悲しかったの?」とコングさん。

私にはとても悲しく思えました。

 

バットマンの舞台のゴッサムシティで生きるアーサーという男が

スーパーヴィランである「ジョーカー」なった経緯を描いた作品です。

 

病気の母を助けながら、人を笑わせたいという一心で

コメディアンを目指していた心優しい男性だったはずなのに、

何が彼をジョーカーにしたのか。

貧困、(おそらくトゥレット症候群かと思われる)突然笑い出す発作、

治安の悪い街・・・。様々な条件が重なって、追い込まれるアーサー。

 

 

ジョーカーの役は、古くはジャック・ニコルソン、

そして恐ろしいほどのはまり役だった

ヒース・レジャー(この役の後ヒースは急死。

ものすごくショックだったことを今もくっきり覚えています)。

さらには「スーサイドスクワッド」では、ジャレッド・レトが

見事な役作りで演じていました。

ものすごくハードルの高い役です。

 

そして今回のジョーカー誕生のストーリー。

ホアキン・フェニックスが24キロのダイエットをして

「栄養失調の狼」のような役作りをして臨みました。

身のこなし、表情、時には老人のように背中を丸め、

時にはスポットライトを浴びて踊るダンサーのように

しなやかで軽やかな身のこなしを見せるホアキン・フェニックス。

ジョーカーが憑依していました。すごかった・・・。

目をそらしたくなるような救いのない展開なのに、ジョーカーから

目が離せませんでした。

 

 

いつの間にか、正義と悪がぐるりと入れ替わる感じ。

自分の常識が試されるような危うさ。

きっとこの「JOKER」を観た後に、バットマンシリーズの作品を

見直すと、見え方が以前とは違ってきそうな気がします。

 

 

この映画、入り込むと結構メンタルきついかもしれません。

あるタイプの人たちには全然ピンとこないかもしれません。

私にはひたすら悲しかった。

誰だってジョーカーになりうる可能性があることも怖かった。

今の社会では、これが単なるフィクションと思えないのも辛かった。

 

 

トッド・フィリップス監督をはじめ

映画人たちが魂を込めて作り上げた作品。

敬意を込めて、お勧めします。

アド・アストラ(9/20〜公開中)

見終わった後、しばらく放心状態で、エンドロールをぼんやり眺めていました。

まるで宇宙から帰還した飛行士のように(あくまでも想像)。

 

 

「明日、東京に出張行ってくれる?」くらいの感じで

「あなたは月へ向かって」と言われちゃうような、今より少し先の未来のお話。

「月へ向かって」と言われたのは、宇宙飛行士のロイ(ブラッド・ピット)。

偉大なる宇宙飛行士だった父は、地球外知的生命の探索に命をかけ、

太陽系の彼方で消息を絶っていました。

その父にまつわる極秘ミッションに、ロイが関わっていきます。

 

 

どんな極限状態でも、心拍数が80を超えることがない冷静沈着なロイ。

いつも心を穏やかに保つように自らを律しているロイ、

そして無限に広がる宇宙、

とにかく静寂に吸い込まれそうな映画です。

 

 

でも、その静けさの奥深くに

髪をかきむしりたくなるような葛藤や、怒り、苦しみがグッと押さえつけられている。

そんなブラッドピットの、マグマを押さえ込んだような表情がとても印象的でした。

 

 

父と息子、自らと愛する誰か、

人と人との親密な関係性を見つめ直す映画でもあり、

今の最新技術で描かれた宇宙の圧倒的な孤独や恐怖を描いたSFでもあり、

一人の男が困難に立ち向かう中で変化していく様を描いた作品でもあります。

 

 

IMAXで観て欲しい!!

ちょっと値段は上がるけど、映像と音と、その音が作り出す振動が

ものすごい臨場感を醸し出してくれます。

 

公式サイトはこちら。