番組卒業宣言

今日のFM COCOLO PACIFIC OASIS内で先ほどお話ししたように、

私は今月末9月30日の放送を持って、

FM COCOLOを辞めることになりました。

急なお知らせで驚かれた皆さん、ごめんなさい。

そして、ここまで聴いてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

 

10月の下旬には、家族の待つ沖縄県へ引っ越します。

夫と娘はすでに沖縄での暮らしを始めています。

どういう経緯で沖縄に暮らすことになったのか、

今後何をやっていくのかなど、また改めてお伝えしていきます。

 

そして、このコタニマミコドットコムのサイトに、

沖縄に行く前も、行ってからも色々と綴っていきますので、

これからもちょくちょく覗いていただけたら幸いです。

 

 ラジオを好きで聴いてくださった方々、

一緒に働いてきた番組スタッフ、

FM COCOLOの仲間たち、

色んな話をして励ましてくれたり、笑い飛ばしてくれたりした友達、

私を応援し、サポートしてくれた家族、

大好きな仕事を長く続けてこられたのは、皆さんのおかげです。

心からありがとうございました。

 

番組卒業まであと2週間ほどあります。

残りの日々も、楽しい番組を作り続けていくつもりです!

コングさん共々よろしくお願いします。

2019年9月17日(火) 小谷真美子

運動会で震えた

この2学期から娘が通い始めた沖縄の学校は、

地元の幼稚園、小学校、中学校の合同運動会を行います。

先週末にその運動会があったので、ヒューっとひとっ飛び、

沖縄へ行ってきました!

 

しかーし。

天気予報に晴れマークは付いていません。

南の海上には、怪しい熱帯低気圧があるし、

チェックするたびに降水確率が増えたり減ったり・・・。

 

そして運動会当日。

台風か?っていうくらいの強い風に大雨。

こりゃ、残念ながら中止だね・・・と思いつつ、

中止の連絡が来るまでは、お弁当用の卵焼きなどを焼いたりしていました。

 

そして、朝7時半ごろ、「運動会、やるってよーーーー!!」

との娘の叫び声。

 

 

本気か?

 

と思うくらいの、なかなかの暴風雨。

 

沖縄では雷がならない限り、ちょっとくらいの雨なら運動会はやるらしい

という話をちらりと聞いたことはありますが(真偽のほどは不明)、

ちょっとくらいの雨じゃなーい。

結構バケツひっくり返してるレベルでしたもの。

奈良だったら、秒で中止!だったはず。

 

もちろん小学生達は体操服に傘さして、首をすくめながら登校。

傘さしたって、風が強いから、ちょっと歩いただけでずぶ濡れですわ。。。

 

そこから私は大慌てでお弁当を仕上げました。

なんせ、まだパジャマ着てましたし(笑)

 

 

さすがに土砂降りの中で応援、ということはなく、

保護者の場所はちゃんと屋根が確保されていたのですが、

子供達が走ったりするであろうグラウンドは

どんどん水たまりと化していきます。

 

しばらくすると

「本日の運動会は体育館での開催になりました」との放送が。

 

その手があったかーーー。

 

というわけで、リレーなどの一部種目は行われずに、

体育館での運動会開催となりました。

 

娘の出番の最注目は、何と言ってもエイサー。

5、6年生と中学1、2、3年生の合同で行われます。

中3男子の迫力ある大太鼓を始め、なんせ本場のエイサー。

私もこれを何より楽しみにしていました。

ちなみに、エイサーの太鼓は「パーランクー」って言うらしいですね。

コタニマミコハ アタラシイ ボキャブラリーヲ テニイレタ!!

 

 

さぁ、始まるぞとドキドキして待っていたら、

なんと本物の三線を持った女の子がステージに登場。

ライブで演奏しながら、そこに子供達が太鼓を打ち鳴らして踊るのです。

しかも、先生が指笛もヒュイって鳴らすんです。かっこいーーー。

もう、それだけで震えました。

ちょっとだけ動画を。。。

 

5曲も披露してくれたんです。

しかも、たったの3週間しか練習期間がなかったのに。

うちの娘はバレエを習っていたおかげで、

振り付けを覚えるのだけは早いんです(漢字を覚えるのはとてつもなく遅い)。

だから何とか全部覚えられたものの(もちろん本場のエイサーの動きには

程遠かったとは思いますが)、私だったら絶対無理だなぁと思う分量。

 

でも、中学生のエイサーは特に、動きにも迫力があってかっこいい〜。

娘の同級生のお母さんが解説してくれました。

「あの子たちは毎年踊ってるから、もう飽きちゃってるくらい。

だから練習もほとんどしなくたって踊れるのよ」。

 

「沖縄でずっと暮らしている人って、たいていエイサー踊れるんですか?」

と聞いたら「そうねー。みんな踊れるんじゃないかな?」とのこと。

 

コタニマミコ、また震えました。

 

その土地に暮らす人が、当たり前のように踊れる伝統舞踊がずっとあるって

カッコいいよ!なんか、すごいよ!って思っちゃったんです。

みんな、照れたり、カッコつけたりすることなく、

ものすごく自然に一生懸命踊ってました。

体育館に響き渡る太鼓、三線、指笛の音が、身体中に響いて、

これが沖縄のバイブスね、なんてことも思いました。

 

 

すごく不思議な気持ち。

私が育った場所とはまた全然違う文化が大切に育まれている。

それを、自慢するでもなく、大げさに言うでもなく、

ごくごく当たり前に自分のものにしていく人たち。

素敵だよーーーー!!

 

だから、代わりに私が自慢しよう。

スイ!とかイーヤーサーサー!といった掛け声も鳥肌モノの迫力。

子供達のエイサー、最高でした。

ワールドミュージック、文化人類学好きな私には大ご馳走でした。

 

私が沖縄の人たちみたいにエイサーを踊るのは無理だとしても、

そのカッコよさだけはしっかり理解できる人になりたいなぁ。すい!

 

(で、こっそり指笛練習中。このサイトの解説、わかりやすい!)

 

 

小阪JAZZストリート出演のお知らせ(2019/10/06)

2000年に結成して、ほそーーーーーーぼそ続けている

私の大事なバンド、トリヲ座P(トリオザピー と読みます)。

社会人生活を送っていたり、子育て中だったり、

みんなそれぞれの生活が忙しい中での活動なので

ライブの本数が、とっても控え目♡

あぁ、奥ゆかしい私たち。

年間2本くらいしかライブしないんだもの。

そしてライブが終わったら、すぐに冬眠活動に入っちゃうんだもの。

ナマケモノもびっくりだわ。

ナマケモノ
トリヲ座P

 

そんな私たちを毎年やる気にさせてくれる、小阪ジャズストリート

ありがたいことに、ここ数年、毎年出演させていただいています。

自分たちでライブブッキングとかしない、控えめな・・・

いや、面倒臭がりの私たちには、ひたすらありがたい機会です。

 

 

東大阪の小阪駅を中心としたいくつもの会場に、

ミュージシャンたちが集うイベントで、私たちは毎年

イオンタウン小阪店会場のトリをつとめさせてもらっています。

出演時間は16時〜

タイムテーブルはこちらです。

入場無料、お気軽にお越しください。

 

 

とはいえ、来て下さる方にお願いがあります。

小阪ジャズストリートは今年で11回目。

毎年、限られた資金の中で頑張って運営しておられます。

そこで頼りになるのは、オーディエンスの皆様のチップ。

各出演者のステージ後半に、お客様からのチップを呼びかけますので、

お気持ちだけでもちょっぴりご協力いただけると幸いです。

音楽が街に流れる喜びを、これからも続けていくために、

どうぞよろしくお願いします♪

つたえるしごとラジオ 出演のお知らせ(2019/09/26)

私がこうしてウェブサイトに投稿したり、

SNSに何か書いたりするように、

誰もが手軽に発信できる時代になったからこそ

「伝える」を「伝わる」に変える技術が大切になってきました。

 

様々な方法で「つたえるしごと」に取り組む

プロフェッショナルを毎回ゲストに迎え、

伝えるための技術について考える、

月一回オンエアの公開放送ネットラジオ。

友人の、ならそら代表 山本あつしさんと私で始めて、

今回で6回目となります。

 

毎回、本当に面白い切り口の「伝える」仕事のお話が聞けて

確実に私の視野は広がっています。ありがたやー。

 

次の開催は2019年9月26日(木)

場所は 未来を紡ぐ場所 PLY OSAKA

今回は「歌でつたえる」というテーマで

私も大好きなシンガーソングライターの

寺前未来さんをお迎えします。

 

未来さんの歌は、柔らかいのに強くって、

グイッっと筋が通っているのに、しなやかで、

控えめなのに、ちゃーんと気持ちの奥底に届いてきます。

 

言葉もとても大切にされている寺前未来さんから

どんな「伝える」を「伝わる」にするお話が飛び出すのか

楽しみです。

未来ちゃん、歌ってくれるかなぁ・・・♡

 

詳しくはこちらをご覧ください。