ソウルフルワールド(Disney+で2020年12月25日からリリース)

最高気温がプラスにもならない日の朝、

カーテンを開けると、窓ガラスの結露が凍って

結晶が氷の花のようにガラスを飾る様子、

陽だまりでくっつきながら、まあるくなって眠る猫たち、

凍えるような寒さの外を眺めながら、暖かい室内で食べるアイスクリーム。

 

毎日の暮らしの中で、簡単に見過ごしてしまいそうな

小さな嬉しいことを、私たちはどこまで大切にしているでしょう。

 

「ソウルフルワールド」の主人公ジョーは、

ジャズピアニストになりたかった学校の先生。

いまひとつやる気のない生徒たちの楽団で教えています。

 

ある日、憧れのジャズクラブのプロのステージで演奏できる

チャンスを手に入れたジョーでしたが、

オーディションの直後にマンホールへ転落してしまいます。

 

ジョーが迷い込んだのは、

ソウル(魂)たちが暮らす世界。

 

ソウルたちが、生まれる前にどんな性格や興味を持つのか、

どんなところで輝くのかを決める場所でした。

ソウルたちが次々へ人間の世界へ羽ばたいていく中、

22番と呼ばれるソウルだけは、決して人間の世界へ行こうとせず

何の興味も得られないまま、

数100年もソウルたちの世界にとどまっていました。

 

そこに行き着いてしまったジョーは

憧れのステージに上がるために、何としても人間界に戻りたい。

そしてそんなジョーと出会った22番の冒険が描かれた作品です。

 

22番は、多くの人が心の何処かに抱えているであろう

ネガティブな感情の代表みたいな存在です。

自分に自信が持てない、

何が自分にとって楽しいのかわからない、

どうせ自分なんて何もないんだと思ってしまう・・・。

 

そんな経験ありませんか?

22番はあまりにもネガティブすぎて、

それを何とかしようとさらに拗らせてしまって

絡まった糸をほぐすにも、糸の先すら見えないような状態です。

 

ジョーには夢もあり、目標もあり、

22番のお手本みたいになるのかなと思いきや、

そんな単純な話でもありません。

 

憧れ続けていたことを、実際に手に入れると

あれ?この次はどうなるのかな?と

急に現実に引き戻されて

気持ちが急に温度を下げてしまったことってありませんか?

 

「で、次はどうするの?」と、夢の次の一歩に期待しても、

実は「ただこれをひたすら毎日繰り返すのだ」と気づいた瞬間

思っていたのと違うかもしれない・・・と気づいてしまうというのでしょうか。

 

私自身の経験も思い出しました。

メディアで喋る仕事に憧れて、ラジオの世界に入った直後のこと。

小学生の頃からやりたかった仕事につけた私は

この世の頂点のように喜びに満ち溢れていました。

でも、思っている以上に大変で責任の重い仕事を

毎日深夜までこなしているうちに

これが本当に私のやりたかったことなの?と思ったことがありました。

常に睡眠不足だし、常に不安だし、自信はないし・・・。

 

その頃、1人で録音番組の収録をしていた夜。

大好きな曲を流しながら、マイクのカフをあげて曲紹介をして

次の曲をつないで・・・、そんな作業をしているうちに

「あぁ、私こういうのをやりたかったんだ。やっぱり楽しい、

やっぱり好きだなぁ」と泣きそうになる瞬間を経験しました。

 

この感覚を忘れてしまいそうになる程

日常に追われていた自分の余裕のなさに気づいた瞬間でした。

 

ソウルフルワールドのジョーと22番の冒険は、

憧れの気持ちだけでは続けられない毎日の営みの中、

ついないがしろにしてしまいそうなことに

スポットライトを当てて、私たちに見せてくれます。

 

このスポットライトが当たっていることに気づけるだけの

人生経験をしている人には、本当に本当に大切な作品に

なってくれることだと思います。

映画の終盤、どんどんと心の琴線に触れられていき、

映画が終わってからも気持ちが揺さぶられ続けて、

終わってからも改めて涙がこみ上げて

なかなか止まらないような、しばらく

収集のつけられない感情に陥りました(良い意味で)。

 

そして(うちの娘もそうでしたが)、

まだこのスポットライトの当たる先の素晴らしさを

実感できない世代の人には、

これから何年か後、もう少し大人になった時に

改めて見て、気づかなかったことを感じ取ってほしい作品でした。

人の成長とともに、この作品との付き合い方も成長していく、

そんな映画と言えるとも思います。

 

まだまだ私たちは幸せになる方法がある。

映画の随所に流れる美しいジャズも、

ジョーと22番を助ける魅力的な脇役たちも、

幸せの大切な立役者です。

 

ピクサー最新作「ソウルフルワールド」

ディズニープラスで現在配信中です。

“ソウルフルワールド(Disney+で2020年12月25日からリリース)” への1件の返信

  1. こんにちわ、まみこさん!
    映画のご紹介ありがとうございます!
    ソウルフルワールド、映画館で観たかったのですが配信に変更になってしまい見られないままです。
    しかし、まみこさんの紹介文を読むと益々見たくなりました。
    FMCOCOLOで映画紹介されてた事を思い出しました!
    ※個人的には「カメラを止めるな」を怖くて観に行くのを躊躇っているメッセージを読んで頂いて、観に行くべきと背中を押して下さった事を思い出します、観に行って良かったです!
    ディズニープラスで見てみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です