アナと雪の女王2(2019年11月22日~公開)

大ヒットとなった「アナ雪」の続編。

前作もつい最近改めて観直して、

復習もバッチリで初日に観てきました。

 

 

妹のアナの命がけの愛によって、

触れるもの全てを凍らせてしまう力をコントロールし、

平和なアレンデール王国を取り戻した女王エルサ。

 

 

城の門は開かれ、前作でアナと仲良しになったクリストフ、

彼の相棒であるトナカイのスヴェン、

そしてキュートな雪だるまのオラフも

姉妹と一緒に暮らしています。

 

 

そんな幸せな日々の中、

エルサだけが、不思議な美しい歌声を耳にします。

何度も聞こえてくる歌声に導かれ、

仲間とともにエルサが向かったのは、

エルサの持つ力の秘密を解き明かす場所。

そこにはアナとエルサの亡き両親が深く関わっていたのでした。

 

 

前作でちょろっと出て来たきりで、

南の海で船の事故で亡くなったとされていた両親ですが、

彼らが実はエルサの力に関わる真実の鍵だったことが

わかって来ます。

ご両親、いいエピソードなんですよ。

 

 

前作「ありのままの自分」という

大きなテーマを掲げた「アナ雪」ですが、

今回私が感じたテーマは「自分の居場所を自分で探すこと」

「未来を変えるために、過去の過ちを認めること」。

 

 

エルサは今回海を渡る大冒険をします。

まぁ、今時のディズニープリンセスは、タフですよ。

ドレスだろうが、ロングヘアだろうが、めっちゃ機敏に動きます!

激しい戦いにもどんどん飛び込んでいきます!

その、エルサが立ち向かう海の荒々しい波、

そこに氷の力を使って必死に挑むエルサのシーンの迫力、

そして今回のメインの舞台となる魔法の森という場所の美しさ、

映像美もさらにレベルアップしていました。

 

大冒険するエルサがビジュアルを変化させていくところ

(髪型やドレスの色など)もとても素敵です。

エルサがどんどんと自分を解放していき、

どんどんと美しくなっていきます。

自分が無理せずいられる場所で輝くことって、

本当に素敵だなと教えてくれます。

 

 

アナはアナで自分の出来る精一杯をします。

そうそう、もう1つのテーマとして

「今できる自分のベストを尽くす」というのもありました。

まさにアナはそれをやってのけていました。

 

 

相変わらずオラフは可愛くて、めっちゃ面白い。

オラフがトリビアを語りまくるシーン、森の中ではしゃぐシーンなど、

魅力全開です。

前回、体が冷え切ったアナのために、

自らの体が溶けることも顧みず、暖炉に火をつけたシーンで

ホロリとさせられましたが、

今回もアナとオラフの愛を感じるホロっとするシーンは健在です。

アナ雪といえばテーマソングも話題になる映画ですが、

今回もエルサ役のイディナ・メンゼルが

「Into The Unknown」

という力強い楽曲を歌い上げています。

未知なる世界へ行くのだ!という力強い誓いの歌です。

 

 

 

そのほかにもチャーミングな楽曲があれこれ出てくるのですが、

私が笑いすぎて涙が出るほどだったのが、

クリストフの歌うシーン。

 

アナへの愛を切々と歌い上げる、

80年代ロックのバラードみたいな歌で

タイトルは「Lost in the woods」。

邦題は「恋の迷い子」らしいです(笑)。

このベタなタイトルもまさに80年代ロックのバラードに

ありがちだったでしょ?

そしてどう観てもそのシーンが、あの頃のミュージックビデオ。

REOスピードワゴンとか、シカゴとか、リチャードマークスとか

あのあたりを彷彿とさせる楽曲とミュージックビデオ風なシーン。

昭和なあなた、このシーン観たら悶えますよ。

っていうか、このクリストフの歌うシーンだけの

ミュージックビデオ欲しいです、私。

悲しいことがあったら、これ観て笑うんだ。

 

 

この楽曲シーンも含めて、今回のアナ雪2は、

前作以上に制作側の遊び心が発揮されている印象です。

もちろんシリアスなシーンも、ジーンとくるシーンも、

姉妹愛にウルウルくるシーンもちゃーんとありますので、

いろんな意味で期待を裏切らない仕上がりは、さすがのクオリティ。

 

魔法の森で登場する魅力的な新キャラたち

(特に火の妖精ブルーニがめちゃ可愛い!)も、

ディズニーらしさ全開でした。

 

 

 

そして今回観た劇場は、沖縄の嘉手納基地に近い映画館だった

ということもあり、字幕版のアナ雪2の会場は

アメリカ人ファミリーがたーくさん。

アメリカの映画館みたいな賑やかな会場の空気で、

それも面白かったです。

オラフのシーンで大爆笑するファミリー。

ゲラゲラ笑い続けるキッズたち、

その後「お茶の間か!」っていうくらいの会話が聞こえたり。

終わってから拍手するお客さんがいたり。

 

その雰囲気も含めて、ご機嫌な映像体験となりました。

 

あ、エンドロール長いですが、

最後まで見たほうがいいと思いますよ^^

2 Replies to “アナと雪の女王2(2019年11月22日~公開)”

  1. アナ雪… 楽しく観られたんですね。
    ウチは息子で、プリンセスのお話に縁がなかった😖
    戦隊シリーズやポケモンは一緒に行きましたが。。。何が何やらわからずじまい。笑笑
    映画館って地域色ありますよね。
    ワタシは先日。旦那さんと”イエスタディ”を観たんですが、大阪市内とは逆に地方の小さなシネコンに行きました。
    市内はどこも満席なのに、そこは20人くらい。座席指定の意味すらなく、何なら寝転んで見られるくらい。ポップコーンを食べても誰にも迷惑かからない!周りに誰もいない!
    混雑がイヤで中々映画を観る機会が少なかったけど、平日の小さなシネコン、狙い目でした。また観に行こう^^
    アナ雪は、きっとまたケーブルテレビで観るかなぁ^^
    お嫁ちゃんと行こうかしら…🥺

    1. 戦隊シリーズ、私も兄と一緒に見たりしましたが、よく分からなかったです(笑)
      幼い頃、兄とは「サウンド・オブ・ミュージック」とか、「南極物語」とか、
      年齢性別関係なく楽しめる映画を一緒に観た記憶が強いです。

      平日の静かなシネコン、私も大好きです。
      1人映画を昔からよくやっていたので、ゆったり観られる環境だと
      より集中できて嬉しいです。
      お気に入りの映画館ができると、映画を見に行く回数も増えそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です