みんながそれぞれできることを

社会人になってもうすぐ四半世紀が経とうとしている中、

この夏から秋にかけて、

私は社会人生活の中で最も難しいプロジェクトかもしれない

というお仕事に関わらせてもらっていました。

それは、聾学校の小学生たちとテレビ番組を作るというプロジェクト。

 

これまでも、小学生と地域を紹介するテレビ番組づくりなどのワークショップを

やってきたチームで今回お邪魔したのは、

耳の聴こえない子供たちが通う学校。

 

 

私はこれまでの番組づくりの時と同じく、

キャスター役の子たちへのトークの指導や、

学校の周りの地域を取材するときのインタビューの仕方などを教える役割を

仰せつかりました。

 

 

でも、耳の聴こえない子たちにどうやって教えればいいのだろうか・・・。

そもそも、初めましてで自己紹介する時に、

「ラジオで喋っている」と伝えてもわかってもらえるのだろうか、

彼らはラジオを知っているのかなぁ・・・。

 

大きな声で話そう、と言っても

そのボリュームの違いはわかってもらえるものなのか・・・。

 

私はどんなスピードで、どんな口調で話しかけたら

わかってもらいやすいのか・・・。

疑問と不安ばかりがぐるぐる渦巻きました。

 

 

プロジェクトが始まった頃に、打ち合わせがてら、学校へお邪魔しました。

子供達の様子を見せてもらわないことには、何も分からないですしね。

 

 

チームのメンバー4人で学校へ行きました。

正直いうと、聾学校って学校の中が静まり返っているのかと思っていました。

学校に入った瞬間、「あれ?めちゃめちゃ賑やかだわ」。

いわゆる「小学校らしい音」がいっぱい聞こえてきます。

子供達のはしゃぐ声、走り回る音、机や椅子を移動させる音などなど。

そして私たちに「こんにちは」と元気に声をかけてくれる子供達もどんどん出てきます。

これまでにテレビ番組づくりをした学校と同じような感じです。

 

 

ただ違っていたのは

「こんにちは」と声をかけると同時に、手話もしていること。

そして、耳に補聴器をつけたり、耳の後ろ側に装着された

「人工内耳」をつけている子ばかりだということ。

 

 

ラジオをやっていると、

とにかく「耳からだけの情報のメディア」ということをいつも意識しています。

それだけに、聾学校に通う子供たちはラジオに興味ないだろうなと思っていました。

そして、自分の声を使って話すことも苦手なのかなと思い込んでいました。

 

でも、初めての聾学校訪問で出会った子供たちの中には

「カーモンベイベー アメリカー♩」と歌って踊る子がいたり、

「ねーねー、カメラ触ってもいい?」と人懐っこく話しかけてくる子がいたり。

補聴器や人工内耳が見えなけば、

ここが聾学校だということに気づかないような様子の子もいました。

 

 

少しゆっくり、丁寧に発音して話しかければ、

コミュニケーションは簡単にできる子たちがたくさんいたのです。

これは、私の聾学校のイメージと全然違っていて、

とても勉強になりました。

 

一方で、人工内耳をつけてもほとんど聴こえない子もいて、

そういう子供たちの母語は手話になります。

声を出して話しながら手話をしてくれることもありますが、

発音だけで彼らが話すことを聞き取るのは難しいです。

手話を母語とする子たちとは、先生の通訳を介して話しました。

 

つまり1つの学校で、言葉で話す日本語と、手話、

という2種類の言語が存在しているのです。

先生方も生徒たちも、両方使いながらコミュニケーションをとっています。

見事なのは、相手によって手話をメインにするのか、

日本語の話し言葉にするのかを切り替えているところ。

これはバイリンガルと同じことだなぁと感じました。

 

実際、日本語を話しながら手話をするというのは、

2つの言語を同時に扱うような難しさがあるんだそうです。

手話といっても、

固有名詞は指で1つ1つの音を表現する「指文字」を使うので、

名詞や動詞の「意味」を動作で表す手話の合間に、

1つ1つの「音」を手の動きで表す指文字が入ることになります。

みんなサラッとやっているので、私もやってみようとしましたが

なかなか覚えられないものです・・・。

 

 

 

とまぁ、前置きが長くなりましたが、

そんな様々な聴こえ方をする小学3年生、4年生、5年生の10数人

との番組づくりが始まりました。

 

 

夏から秋にかけて2時間授業を4回しに行っただけでなく

私たちが行かない間も、

先生方と児童たちがどんどんプロジェクトを進めていました。

 

 

それぞれの聴こえの度合い、また複合的に障害を持つ子もいるので

それぞれができる範囲での役割分担が行われました。

でも、学校側からの希望で、

どの役割の子も一通り全ての役割を経験できるように授業を進めていきました。

 

 

インタビューの時は、はい、いいえ、だけで答えられるような質問より

相手がたくさん喋ってくれるように

「なぜですか」とか「どうやってやるのですか」

というような質問を増やすといいよ、とか

決められた質問だけでなく、相手の答えを聞いて疑問に思うことがあれば

どんどん質問していこうね、

そのためには相手の話をしっかり聞こうなどと

インタビューのコツを説明したり、

カメラの前の立ち位置の決め方など、具体的な説明をしていきました。

 

 

一生懸命聞いてくれた子供達は、

その後の取材に早速伝えたことを実践してくれたりして

とにかく素直で吸収力が高い!

そして彼らの表情がとても豊かで、

いつも生き生きしていることも印象的でした。

みんな子供らしいまっすぐさで、番組づくりを一生懸命楽しんでくれました。

 

 

 

スタジオ(教室)にメインキャスターが3人。

オープニングの挨拶から始まり、

子供達が事前に取材に行っているので、

そのグループごとの代表のレポーターによるVTRの振り、

「学校周りの地域の紹介」「学校紹介」などのVTRを流した後の

キャスターの受けコメント、

そしてエンディング。

というトータル30分ほどの番組です。

タイトルは、ザ!聾ニュース。

教室をニュース番組のスタジオに見立て、 児童たちが看板も作りました。

 

 

 

プロのカメラマンも番組づくりチームにいるので、

プロの機材を使いながらの収録、カメラも3台。

全て子供達が撮影しました。

 

カメラのスイッチを入れる、

ちゃんと写っているか確認できたら、

カチンコを鳴らす役の子に「いいよ」と合図を出す。

カチンコが鳴ったら、キャスターやレポーターが

手話と口話の両方を使って話し出す。

 

 

そんな風にして収録をしたのが、昨日のこと。

みんな本当に集中して、一生懸命頑張りました。

だから予想以上にスムーズに、最後のスタジオ収録が終わりました。

あとは、チームメンバーのプロカメラマンさんが

カッコよく編集してくれるはずです。

 

 

収録が終わってから、子供達の振り返りの感想を発表する時間になりました。

レポーター役をやった男の子が言いました。

「僕はカチンコをやったMちゃんが一番良かったと思います」。

 

Mちゃんは、耳が聞こえないと同時に、視力も非常に低く

みんなで見るテレビの画像も、彼女は専用のiPadを目の前に近づけて

じっと見つめてようやく見えるくらい(自分が写っているのに気がつくと、

体をくねらせて恥ずかしそうに笑うのがたまらん可愛さなのです)。

Mちゃんは声を出して話すこともほとんどできないので

カチンコを鳴らす役に全力を注いでくれていました。

 

そのMちゃんをしっかり見て、よかったと褒めた男の子。

こういう目線が自然に生まれている学校なんだなと、

とても暖かい気持ちになりました。

 

キャスター役の子たちの仕事量が1番多かったので、

どうしても先生方からの指導も増えてしまいます。

褒められることが多いのもキャスター役の3人。

だけど、教室の隅で、

小柄な彼女の手にはちょっと大きすぎて持ちにくいカチンコを

一生懸命鳴らしていたMちゃんのこともちゃんと見えている仲間たち。

この感想を聞けただけでも、このプロジェクトに関わらせてもらえて

よかったなぁと、気持ちが熱くなりました。

 

とにかく、相手を知ること。

知っていけば、垣根なんてできるはずがない。

心の中の思い込みなんて、あっという間に消えていくものですね。

切り口は1つ

昨日、9月26日(木)は、この半年間、月1回続けてきた

「つたえるしごとラジオ」の公開放送の日でした。

毎回ゲストをお迎えして「つたえる」を「つたわる」にする極意を

教えてもらっています。

 

今回のゲストは、シンガーソングライターの寺前未来さん。

テーマは「歌でつたえる」。

 

奈良で一緒にイベントをしたり、

ラジオ局でも何度かお会いしたりしていて

大好きなアーティストなんですが、

ゲストとしてゆっくりお話しするのは今回が初めて。

未来ちゃんの柔らかい感性、優しい人柄、創造性、

いろんな魅力に溢れた楽しいラジオとなりました

(私の声が大きくてバランス悪くてごめんなさい)。

よかったら聴いてくださいね。

↓↓こちらで聴けます。

https://www.youtube.com/watch?v=bLe1Setg5do

 

 

そして私が深く深く共感したのは、

未来ちゃんの大学時代の、文章実習の先生の言葉で

未来ちゃんがとても大切にしていること。

「切り口は1つ」。

 

言いたいことはたくさんあるけど、全部言ったら伝わらない。

泣く泣く手放した最後の1個だけを大事に、数分間を紡ぐ。

というお話をしてくれました。

 

そう。私たちラジオの作り手も、

3、4分の内容で喋るために、何時間もかけて取材をして、

そのごくごく1部しか使わないことがほとんどです。

取材内容の大半をバッサリと切り捨てて、

ごくごく絞った内容にします。

だったら最初からそんなに時間かけて取材しなくても

数分間喋れるだけ取材したらいいやん?と言われるかもしれませんが、

10のうちの1を話すから、1に深みが出るのであり、

1しか知らずに1を全部話しても、それは情報としてスカスカ。

1を生かすための、9を捨てるという行為なのです。

 

それは身を切るような行為。まさに「泣く泣く手放し」ます。

あー、あれも伝えたい、これも聴いてほしい!って

いつだって思ってしまうものです。

 

で、欲張って入れちゃうこともありますが、

そういう時は、あまり伝わらなかったかなと、反省することが多いです。

情報の取捨選択、というよりほとんど「捨」なのかもしれませんが

その分、本当に伝えたいことが伝わるのだと思います。

歌なら、なおさらなのかもしれません。

 

そんな未来ちゃんが、

「つたえるしごとラジオ」で私とともにパーソナリティをしている

山本あつしさんと相談して、私のために曲を作ってくれました。

サプライズすぎる〜(泣)。

あつしさんが私について色々と書き連ねてくれたことをもとに

とても美しくて、眩しい曲に仕上げてくれました。

タイトルは「はなむけ」。

 

私の宝物が1つ増えました。

 

フレンドリーやわぁ

9月13日から、2泊3日で沖縄へ行っていました。

なぜなら、娘の小学校の運動会があったから。

 

私にとっては、初めての娘の学校へ行く機会でした。

運動会に行く途中、公園で見かけた子猫ちゃんたち。 沖縄はその辺を気ままにウロウロしている猫ちゃんが多い!

 

近所に住んでいる同級生のお母さんに色々教えていただきながら、

運動会が始まるのを待っていました。

 

すると、周りのお母さん方が先生を呼ぶ時に

「下の名前+先生」と呼んでいるではありませんか。

いわば「真美子先生」みたいに。

誰も「小谷先生」とは呼んでいません。

 

へーー。なんかフレンドリーやなぁ。と思いながら聞いていました。

 

実はうちの娘も転校早々、担任の先生のことを下の名前+先生で

呼んでいたので、えらい早く仲良しになったのねぇと思っていたのです。

 

保護者たちも、先生を下の名前で呼ぶんだ、と思って、

同級生のお母さんに

「この学校って、先生を呼ぶのに、苗字じゃなくて下の名前に

先生ってつけるんですね。すっごいフレンドリーですねぇ!」って

感激の面持ちで話しかけたんです。

 

そしたら、

「そうなのよ。だって、何人も比嘉先生がいたり、

金城先生がいたりするから。ややこしいでしょ」。

 

あ・・・。そういうことか。

 

沖縄っぽい苗字が被ってしまうことが多いからなんですね。

 

調べたところ、沖縄苗字では比嘉さんが1番多いようで、

沖縄人口の3.2%ほどが比嘉さんなんだとか。

これから、沖縄暮らしが始まると

難読苗字の方々にも出会うことになるのでしょう。

 

沖縄の皆様、お名前をすんなり読めなくても、

どうぞお許しください。。。

ちょっとずつ覚えていきます!

アド・アストラ(9/20〜公開中)

見終わった後、しばらく放心状態で、エンドロールをぼんやり眺めていました。

まるで宇宙から帰還した飛行士のように(あくまでも想像)。

 

 

「明日、東京に出張行ってくれる?」くらいの感じで

「あなたは月へ向かって」と言われちゃうような、今より少し先の未来のお話。

「月へ向かって」と言われたのは、宇宙飛行士のロイ(ブラッド・ピット)。

偉大なる宇宙飛行士だった父は、地球外知的生命の探索に命をかけ、

太陽系の彼方で消息を絶っていました。

その父にまつわる極秘ミッションに、ロイが関わっていきます。

 

 

どんな極限状態でも、心拍数が80を超えることがない冷静沈着なロイ。

いつも心を穏やかに保つように自らを律しているロイ、

そして無限に広がる宇宙、

とにかく静寂に吸い込まれそうな映画です。

 

 

でも、その静けさの奥深くに

髪をかきむしりたくなるような葛藤や、怒り、苦しみがグッと押さえつけられている。

そんなブラッドピットの、マグマを押さえ込んだような表情がとても印象的でした。

 

 

父と息子、自らと愛する誰か、

人と人との親密な関係性を見つめ直す映画でもあり、

今の最新技術で描かれた宇宙の圧倒的な孤独や恐怖を描いたSFでもあり、

一人の男が困難に立ち向かう中で変化していく様を描いた作品でもあります。

 

 

IMAXで観て欲しい!!

ちょっと値段は上がるけど、映像と音と、その音が作り出す振動が

ものすごい臨場感を醸し出してくれます。

 

公式サイトはこちら。

番組卒業宣言

今日のFM COCOLO PACIFIC OASIS内で先ほどお話ししたように、

私は今月末9月30日の放送を持って、

FM COCOLOを辞めることになりました。

急なお知らせで驚かれた皆さん、ごめんなさい。

そして、ここまで聴いてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

 

10月の下旬には、家族の待つ沖縄県へ引っ越します。

夫と娘はすでに沖縄での暮らしを始めています。

どういう経緯で沖縄に暮らすことになったのか、

今後何をやっていくのかなど、また改めてお伝えしていきます。

 

そして、このコタニマミコドットコムのサイトに、

沖縄に行く前も、行ってからも色々と綴っていきますので、

これからもちょくちょく覗いていただけたら幸いです。

 

 ラジオを好きで聴いてくださった方々、

一緒に働いてきた番組スタッフ、

FM COCOLOの仲間たち、

色んな話をして励ましてくれたり、笑い飛ばしてくれたりした友達、

私を応援し、サポートしてくれた家族、

大好きな仕事を長く続けてこられたのは、皆さんのおかげです。

心からありがとうございました。

 

番組卒業まであと2週間ほどあります。

残りの日々も、楽しい番組を作り続けていくつもりです!

コングさん共々よろしくお願いします。

2019年9月17日(火) 小谷真美子

運動会で震えた

この2学期から娘が通い始めた沖縄の学校は、

地元の幼稚園、小学校、中学校の合同運動会を行います。

先週末にその運動会があったので、ヒューっとひとっ飛び、

沖縄へ行ってきました!

 

しかーし。

天気予報に晴れマークは付いていません。

南の海上には、怪しい熱帯低気圧があるし、

チェックするたびに降水確率が増えたり減ったり・・・。

 

そして運動会当日。

台風か?っていうくらいの強い風に大雨。

こりゃ、残念ながら中止だね・・・と思いつつ、

中止の連絡が来るまでは、お弁当用の卵焼きなどを焼いたりしていました。

 

そして、朝7時半ごろ、「運動会、やるってよーーーー!!」

との娘の叫び声。

 

 

本気か?

 

と思うくらいの、なかなかの暴風雨。

 

沖縄では雷がならない限り、ちょっとくらいの雨なら運動会はやるらしい

という話をちらりと聞いたことはありますが(真偽のほどは不明)、

ちょっとくらいの雨じゃなーい。

結構バケツひっくり返してるレベルでしたもの。

奈良だったら、秒で中止!だったはず。

 

もちろん小学生達は体操服に傘さして、首をすくめながら登校。

傘さしたって、風が強いから、ちょっと歩いただけでずぶ濡れですわ。。。

 

そこから私は大慌てでお弁当を仕上げました。

なんせ、まだパジャマ着てましたし(笑)

 

 

さすがに土砂降りの中で応援、ということはなく、

保護者の場所はちゃんと屋根が確保されていたのですが、

子供達が走ったりするであろうグラウンドは

どんどん水たまりと化していきます。

 

しばらくすると

「本日の運動会は体育館での開催になりました」との放送が。

 

その手があったかーーー。

 

というわけで、リレーなどの一部種目は行われずに、

体育館での運動会開催となりました。

 

娘の出番の最注目は、何と言ってもエイサー。

5、6年生と中学1、2、3年生の合同で行われます。

中3男子の迫力ある大太鼓を始め、なんせ本場のエイサー。

私もこれを何より楽しみにしていました。

ちなみに、エイサーの太鼓は「パーランクー」って言うらしいですね。

コタニマミコハ アタラシイ ボキャブラリーヲ テニイレタ!!

 

 

さぁ、始まるぞとドキドキして待っていたら、

なんと本物の三線を持った女の子がステージに登場。

ライブで演奏しながら、そこに子供達が太鼓を打ち鳴らして踊るのです。

しかも、先生が指笛もヒュイって鳴らすんです。かっこいーーー。

もう、それだけで震えました。

ちょっとだけ動画を。。。

 

5曲も披露してくれたんです。

しかも、たったの3週間しか練習期間がなかったのに。

うちの娘はバレエを習っていたおかげで、

振り付けを覚えるのだけは早いんです(漢字を覚えるのはとてつもなく遅い)。

だから何とか全部覚えられたものの(もちろん本場のエイサーの動きには

程遠かったとは思いますが)、私だったら絶対無理だなぁと思う分量。

 

でも、中学生のエイサーは特に、動きにも迫力があってかっこいい〜。

娘の同級生のお母さんが解説してくれました。

「あの子たちは毎年踊ってるから、もう飽きちゃってるくらい。

だから練習もほとんどしなくたって踊れるのよ」。

 

「沖縄でずっと暮らしている人って、たいていエイサー踊れるんですか?」

と聞いたら「そうねー。みんな踊れるんじゃないかな?」とのこと。

 

コタニマミコ、また震えました。

 

その土地に暮らす人が、当たり前のように踊れる伝統舞踊がずっとあるって

カッコいいよ!なんか、すごいよ!って思っちゃったんです。

みんな、照れたり、カッコつけたりすることなく、

ものすごく自然に一生懸命踊ってました。

体育館に響き渡る太鼓、三線、指笛の音が、身体中に響いて、

これが沖縄のバイブスね、なんてことも思いました。

 

 

すごく不思議な気持ち。

私が育った場所とはまた全然違う文化が大切に育まれている。

それを、自慢するでもなく、大げさに言うでもなく、

ごくごく当たり前に自分のものにしていく人たち。

素敵だよーーーー!!

 

だから、代わりに私が自慢しよう。

スイ!とかイーヤーサーサー!といった掛け声も鳥肌モノの迫力。

子供達のエイサー、最高でした。

ワールドミュージック、文化人類学好きな私には大ご馳走でした。

 

私が沖縄の人たちみたいにエイサーを踊るのは無理だとしても、

そのカッコよさだけはしっかり理解できる人になりたいなぁ。すい!

 

(で、こっそり指笛練習中。このサイトの解説、わかりやすい!)

 

 

小阪JAZZストリート出演のお知らせ(2019/10/06)

2000年に結成して、ほそーーーーーーぼそ続けている

私の大事なバンド、トリヲ座P(トリオザピー と読みます)。

社会人生活を送っていたり、子育て中だったり、

みんなそれぞれの生活が忙しい中での活動なので

ライブの本数が、とっても控え目♡

あぁ、奥ゆかしい私たち。

年間2本くらいしかライブしないんだもの。

そしてライブが終わったら、すぐに冬眠活動に入っちゃうんだもの。

ナマケモノもびっくりだわ。

ナマケモノ
トリヲ座P

 

そんな私たちを毎年やる気にさせてくれる、小阪ジャズストリート

ありがたいことに、ここ数年、毎年出演させていただいています。

自分たちでライブブッキングとかしない、控えめな・・・

いや、面倒臭がりの私たちには、ひたすらありがたい機会です。

 

 

東大阪の小阪駅を中心としたいくつもの会場に、

ミュージシャンたちが集うイベントで、私たちは毎年

イオンタウン小阪店会場のトリをつとめさせてもらっています。

出演時間は16時〜

タイムテーブルはこちらです。

入場無料、お気軽にお越しください。

 

 

とはいえ、来て下さる方にお願いがあります。

小阪ジャズストリートは今年で11回目。

毎年、限られた資金の中で頑張って運営しておられます。

そこで頼りになるのは、オーディエンスの皆様のチップ。

各出演者のステージ後半に、お客様からのチップを呼びかけますので、

お気持ちだけでもちょっぴりご協力いただけると幸いです。

音楽が街に流れる喜びを、これからも続けていくために、

どうぞよろしくお願いします♪

つたえるしごとラジオ 出演のお知らせ(2019/09/26)

私がこうしてウェブサイトに投稿したり、

SNSに何か書いたりするように、

誰もが手軽に発信できる時代になったからこそ

「伝える」を「伝わる」に変える技術が大切になってきました。

 

様々な方法で「つたえるしごと」に取り組む

プロフェッショナルを毎回ゲストに迎え、

伝えるための技術について考える、

月一回オンエアの公開放送ネットラジオ。

友人の、ならそら代表 山本あつしさんと私で始めて、

今回で6回目となります。

 

毎回、本当に面白い切り口の「伝える」仕事のお話が聞けて

確実に私の視野は広がっています。ありがたやー。

 

次の開催は2019年9月26日(木)

場所は 未来を紡ぐ場所 PLY OSAKA

今回は「歌でつたえる」というテーマで

私も大好きなシンガーソングライターの

寺前未来さんをお迎えします。

 

未来さんの歌は、柔らかいのに強くって、

グイッっと筋が通っているのに、しなやかで、

控えめなのに、ちゃーんと気持ちの奥底に届いてきます。

 

言葉もとても大切にされている寺前未来さんから

どんな「伝える」を「伝わる」にするお話が飛び出すのか

楽しみです。

未来ちゃん、歌ってくれるかなぁ・・・♡

 

詳しくはこちらをご覧ください。