近々と言いながら・・・

先月、スピードスケートの金メダリスト清水宏保さんのトークショーに行って、ものすごい筋肉を見せてもらった!というお話は書きました。

 

そこで、「トークショーの後に清水さんにちなんだ食材を使った調理実習があった」ということも書きました。

さらには「調理実習については、近々、改めて書きますね」的なことも書きました・・・。よね。よね。

 

近々って、私の感覚では1週間とか、10日くらいまでの間のイメージなんですが、1ヶ月近く空いてしまいましたーーー!ごめんなさいっ!

 

というわけで、大阪ガスのアスリート食・DO、清水宏保さんにちなんだ調理実習編!いきます。

清水さんは北海道出身で青魚を食べる機会が多かったそうなので、青魚を使ったものと、食材としてはバナナを使って欲しいというご希望があったとのこと。

あとはアスリート食としてタンパク質が豊富なもの。

 

そこでメニューはこんなラインナップになっていました。

・アジのムニエル野菜たっぷりソース(青魚)

・卵豆腐のお吸い物(タンパク質)

・サバそぼろのちらし寿司(青魚)

・フルーツのレモンジュレ(バナナ)

 

有能なスタッフさんたちが、アジの中骨を抜く作業や、調味料をはかる作業など、下ごしらえ、下準備をしっっっかりしてくださっていたので、私たちは正直すごく楽な実習でした。

 

・アジのムニエル野菜たっぷりソースは、

塩とお酒をふっておいたアジに、薄力粉をまぶし、それをガスオーブンで焼いていきます。

その間に玉ねぎ、ピーマン、ナスなどのお野菜を1センチ角くらいに切っていため、トマトケチャップやブイヨン、醤油などで味付けをしたソースを作ります。

これをアジの上にかけるだけ。

お野菜たっぷりの美味しいソースでした。

 

・卵豆腐のお吸い物は、

あらかじめ塩茹でしたオクラを1センチ幅に切っておく、卵豆腐を1センチ角に切っておくという下準備をした上で、お吸い物のだし汁をつくり、卵豆腐、オクラに加え、吸い口に千切りにしたミョウガを加えて出来上がりです。

 

普通の豆腐で作っても美味しいのですが、卵豆腐の栄養価の高さを取り入れるお料理としてもいいなぁと思いました。ミョウガもいい仕事しています。

 

・サバそぼろのちらし寿司は、

昆布を入れて炊いたお米に、みじん切りにした紅生姜を加えて、これを酢飯代わりにします(めちゃ便利。このアイデア使えます!)。

サバは水煮の缶詰で、生姜とともに、お酒、みりん、醤油で味付けしてそぼろを作ります。

卵は塩を加えて、いり卵に。

エビは背わたをとって、塩とお酒で揉んでから、さっと茹でで殻を剥きます。

キュウリは斜め薄切り。

型を使って、ご飯、サバそぼろと卵を半分ずつ、その上にキュウリ、エビ、薄切りにした紅生姜を飾り付けて出来上がり。

サバのそぼろは、常備食としても便利で、青菜のおひたしに加えたり、おにぎりの具材に使ったりしても美味しいです。

 

・フルーツのレモンジュレは、

キウイ、オレンジ、バナナを、レモン汁と砂糖にゼラチンを加えたゼリーで固めたもの。

時間を短縮するために、板ゼラチンと粉ゼラチンを併用して作りましたが、時間があるなら板ゼラチンだけでゆっくり冷やし固めることもできます。割と酸味のある仕上がりなので、バナナの甘みがとってもいい仕事をしてくれていました。

 

6人いる班ごとに分かれて実習をして、1人もしくは2人で1つのメニューを担当する形で作りました。私は、一緒にこのイベントに参加したお友達のIさんと、サバそぼろのちらし寿司を担当。

 

「私ら、お互いを知ってから随分の時間が経つけどさぁ、まさかこんな風に一緒にお料理する日が来るとはなぁ」とか言いながら、楽しく作りました。

 

そしていよいよ実食。

 

甘み、酸味、塩味、旨味、辛味など、色々な味覚と食感が楽しめるメニューで、ボリュームもたっぷり。食材数も多かったので、すごく満足感が高かったです。

テキパキと下準備や、実習中のお手伝い、後片付けのお手伝いまでしてくださった有能スタッフの皆さんに、ひたすら感謝感謝でした。

 

そして知らないもの同士が同じ班になって、一緒にご飯をつくり、テーブルを囲んで食べるという作業は、一気に気持ちの敷居も下げてくれて、ご飯を食べながらの会話も弾みました。

食って、体の栄養だけでなく、心の栄養にもなってくれるなぁと実感できる体験でした。

清水宏保さんの太もも!

娘が器械体操やバレエをやっているおかげで、肉体の限界に挑み、身体を作り上げる人たちのすごさを見せていただく機会が増えました。

体操のNHK杯を観に行った時は、無駄のない筋肉質な身体と、まっすぐな手足の美しさに、それを作り上げて来た長年の努力を想像しました。

一流のバレリーナたちの、華奢に見えても筋がしっかりと影を作る筋肉質な脚、トウシューズを履くための足の甲のふくらみ、えぐれて見えるくらいに入り込んだ膝・・・。

ここまで身体を変えるために歩んで来た道のりを、ただただ尊敬の思いで感じ取ることばかりです。

今日はまたそんな肉体の持ち主にお会いしました。スピードスケートで、日本人初の金メダリストに輝いた、清水宏保さんです。

“清水宏保さんの太もも!” の続きを読む

アスリートフードマイスターの講座を受ける前に

本日6月3日(日)、そして昨日2日(土)の2日間、アスリートフードマイスター2級の講座を受けてきました。ようやくようやく受けられて、嬉しかったのと同時に、普段ゆるゆるに使っている脳みそを酷使した週末。ボロ雑巾のようになって帰って来ました(笑)。

夫が用意してくれていた夕飯を食べて、ちょっと元気復活。ありがとう、夫。

 

3級の時とほとんど変わらなかったのですが、やはり久しぶりの受講で、ちょっと緊張して出かけました。3級を受けられる方は特に「初めての」アスリートフードマイスターの講座となりますので、参考までに講座を受けられる前に私が知っておきたかったことをまとめてみます。ちなみに私は大阪会場で受けましたので、会場によって多少の差がある可能性をご了承ください。

 

・ 集合時間の10分前くらいには着いておきましょう

私は15分前目指して行きましたが、元来の方向音痴がたたって、7、8分前に到着しました(一度行ったことがある場所なのに・・・)。

 

・ 2級の座席は自由に座れました(確か3級は座席指定されました)

私は1番前の席に座りたかったので、座りたい席にこだわりがある方は早めに行く方がいいと思います。

 

・ 1授業は90分。トイレは必ず済ませましょう

授業の途中でトイレ退出しても構わないのですが、なんせすごい量を詰め込まれる授業です。トイレに行っている数分間で聴き漏らす内容があってはもったいないです!あと、授業が長引いて、各授業の合間の15分休憩(お昼は1時間)が短くなってしまうこともあります。トイレは行ける時に早めに!

 

・ 室内の空調はリクエストを聞いてくれました

大阪会場での話なので、他会場は分かりませんが、係りの方が「室温はちょうどいいですか?」などと声をかけてくださって、「少し寒いです」などとリクエストを聞いてくれました。私はブラウス1枚にミドル丈パンツでちょうどいい感じの室温でした(6月の講座です)。

 

・ お昼休憩は1時間。外に出る人がほとんどでした

3級の時も、2級の時も、お昼ご飯は外に食べに行く人、コンビニなどに買いに行く人がほとんどでした。お昼は教室内での食事ができます。私は毎回お弁当を持参したのですが、今回は教室でお弁当を食べているのは私1人。。。ポツンと寂しく、ではなく、のびのびリフレッシュさせていただきました。

ちなみに、持って行ったお弁当はこんな感じ。

五分づき米にあさりの佃煮、ネギ入り卵焼き、プチトマト、小松菜とエノキと薄揚げの煮浸し、豆腐入りミートボールでした。

 

真面目に頭使って勉強しているから、ご飯が心身ともにしみるしみる。お弁当を持って行ったおかげで時間にも余裕があり、初日はお昼休憩にちょっと散歩までできました。

 

・ 3級のテキストは教室で配布されましたが、2級は事前にテキストが送られてきました。

3級よりも分厚く、内容も濃いテキストにおののきました・・・。

 

・ 持ち物は3級の時は筆記用具があれば良し。2級は事前送付されたテキスト、筆記用具、それに電卓も必要です。

携帯電話は原則使用不可なので、いわゆる「電卓」を持っていきます(2018年6月現在の情報。受講の際に届く情報が正確ですので、この情報を鵜呑みにしないでくださいね)。

 

・ そのほかに持って行って良かったものとしては、

クリアファイル(当日に配られる書類などもありますので、全部ひとまとめにいれておけて便利でした)

ルーズリーフのノート(テキストに書き込みきれない内容などをメモしたりするのに使いました)

食品成分表(3級受講の後に買いました。2級の授業の後半に実践編があるので、その時にちょっと参考にしたり、休憩時間に先生の話に出てきた食物の栄養素をチェックしたりできて良かったです。もちろん無くても授業に支障はありません)

目薬(午後からの授業前にさして、気分すっきり)

書きやすい筆記用具(とにかくひたすら書くことが多いので、この2日で右手の中指第一関節の下あたりが赤くヒリヒリ痛みました。指あたりの良いペン、シャーペンなどがある方が良さそうです)

ちょっとつまめる甘いもの(昨日の2級講座初日は、本当に「ザ・勉強!」という感じで栄養学や身体機能などについて学びます。内容盛りだくさんで脳が疲れました(笑)午後の休憩時に近くの席の方が大福を食べているのが最高に美味しそうに見えました。というわけで、学んだ私は今日はチョコレートをチョコっと持って行くことにしたのです。が、今日の後半は実践編だったので、チョコは食べずに乗り切れました!)

ふせん(テキストの中で後で確認しておきたいところ、何度も確認する図などに貼っておくと、後からの勉強にも便利そうです)

飲み物(授業中も自由に飲めます)

 

以上、細々したことですが、私が講座を受ける前に知っておいたら便利だったなぁということを書いてみました。せっかく受講するなら、できるだけベストの状態で受けたいですもんね。お互い頑張りましょう!

幻の10点満点

今日は娘の体操の試合でした。

そんなに大きな大会ではないのですが、今日のはある意味めちゃめちゃ気合の入る試合でもあったのです。

 

というのも、娘の所属している体操クラブは、大きなグループの1つのクラブ。

同じ学校法人(グループ)のもとに、複数の学校(体操クラブ)が存在しているみたいなものです。

 

そのグループ全体で毎年開催される試合なのです。同じグループには、10団体ほど体操クラブがあって、個人競技での表彰とはいえ、総合成績のトータルはクラブ対抗戦となります。

“幻の10点満点” の続きを読む