ワクワクをつかむ

まだ言えないけど、
まだどうなるかも分からないけど、

 

すごーくワクワクするお話をいただいた。

 

これ、私じゃないとアカンやーつ、なんじゃないの?

と思っちゃうようなお話。

そうだ。これは私以上に適任がいないはず!って

自信を持っておこう。

そして、今できることはアスリートフードマイスターとしての

勉強を怠らないことと、しゃべり手としてもっと磨きをかけること。

 

日々薄皮を積み重ねるようにコツコツと。

そうしたら、きっとワクワクがつかめると信じて。

 

いやー、ほんまに分かりにくい話なので

三流ポエムみたいになってすいません(笑)

「実はこの話だったんですー」って、

いつかこのサイトでご報告できますように⭐︎

アスリートフードマイスターを目指そうと思ったお話

幸いなことにこれまで大病もせず、風邪を引くこともあまりなく過ごしてきた私ですが、実は婦人科系のトラブルがありました。自覚症状もなかったのですが、良いお医者様のおかげで、今は完治してスッキリしております。その治療過程で発覚したのが、私はかなりひどい貧血状態だったということ。幼い頃から貧血傾向だったので、あまり気にすることもなく、数値がここまで下がっていることも知りませんでした。婦人科系のトラブルのせいで、知らず知らずのうちに出血量が増えていたりして、貧血が進んでいたようです。

これまた自覚症状はありませんでしたが、「これはしんどかったですよね」と、ドクター。典型的な鉄分欠乏性貧血でした。

その時の数値がこれ。 “アスリートフードマイスターを目指そうと思ったお話” の続きを読む