Time’s up

今回の投稿は「食」と関係ないお話です。

ハリウッドでのセクハラに立ち上がろうという「#Me Too」ムーブメントを皮切りに、それまで口を噤んでいた女性たちが少しずつ声を上げ始めました。

日本時間の今年2018年1月8日にアメリカロサンゼルスで行われた、ゴールデングローブ賞では、この動きに賛同する人たちが会場を黒いドレスで染めました。会場で語られた「Time’s up」は、反セクハラ運動への大きなスローガンとなっています。

そして、同じく今月、日本時間の29日にニューヨークで行われた、第60回グラミー賞授賞式では、多くのアーティストが胸元に白のバラを刺して、反セクハラへの意思表明をしました。

“Time’s up” の続きを読む