新しいスポーツと補食

2020年初のエントリーとなりました。

今年もよろしくお願いします。

 

アス飯前!!というアスリートフードに関するサイトなのですから

ちょっとスポーツの話を書こうと思います。

 

去年、私たち一家は関西から沖縄へ移住し、

娘は習っていた器械体操やバレエからも離れました。

その後、何か身体を動かすことはやりたいと言っていました

なかなか決めきれずにいた娘。

バレエではない、別のダンスをしようかなとか、

近所のお兄ちゃんから陸上を勧められて興味を持ったりは

していたものの、これといって決め手もありませんでした。

まぁ、そのうち何かやりたいものも見つかるだろうと

私も急かすことなく待っていました。

 

 

かく言う私自身も

アスリートフードマイスター2級の資格を取ったものの

環境の変化にワタワタして、

ちっとも資格や知識を使う機会がありませんでした。

 

ようやく新しい暮らしも落ち着いてきて、

娘は最近、新たなスポーツにチャレンジし始めました。

 

空手です!

きっかけは友達が一緒にやろうと誘ってくれたからと言う

とてもイージーなものなのですが(笑)

 

沖縄は空手が盛んな土地なんですよね。

古来からの沖縄武術と中国の武術が

混じり合ってできたとされる、沖縄空手。

確かにあちこちに空手教室の看板を見かけます。

 

どこまで本格的にやれるか分からないので、

まずはちょっと緩めなところからスタートしているのですが、

先生はフランス人の女性で勇ましくかっこいいお方。

フランス語、英語、ドイツ語、日本語を駆使しながら

いろんな国の子供たちに空手を教えてくれています。

 

器械体操やバレエをしていたので、

割と足はよく上がるらしく、娘も気を良くしております。

ただし、器械体操もバレエも足をあげた時に

つま先はピンと伸ばすのが鉄則。

ついそのくせが出て、

前蹴りの時にもつま先をピンと伸ばしてしまった娘に

先生は「そんなつま先伸ばしたら骨折れるよ!!」

とシャウト!

 

「これまで『つま先!』って先生に怒鳴られるときは

つま先を伸ばす、という意味だったのに、

空手で『つま先!』って言われたら

つま先を伸ばさない!っていう意味なんだよ。」と

娘が笑って教えてくれました。

 

 

練習は夕方に行われるので、

終わった頃にはお腹もペコペコ。

家に帰ってすぐご飯が食べられる時はいいのですが

そうでない時は、ちょっと補食を用意します。

 

体を動かした後、疲労回復と筋肉の回復のためには

出来るだけ早く消化のいい糖質を補給すること。

その後バランスの良い食事を出来るだけ早く摂ること。

これが基本です。

 

というわけで、今回はおにぎり、果物、

クリームチーズ(タンパク質補給をすることで

筋肉の補修が早く行われます)の補食を用意。

もちろん水分補給の水筒も持たせます。

 

その後、家では

お野菜たっぷり、チキンも入ったトマトスープや

白身魚のムニエルなどを夕食にする予定です。

 

そんなにハードな空手教室ではないとはいえ、

1日5回くらい「お腹すいた」と言う成長期の娘。

練習中に筋トレもしているので

疲労回復、筋肉補修を目指した補食があれば

帰ってきてから大慌てで夕食にしなくても

ちょっと余裕ができそうです。

 

 

実は娘が空手を始めて1番喜んでいるのは夫。

娘が空手をする姿を見て

「初心者とは思えない回し蹴りの速さだ!」などと

親バカ炸裂で嬉しそうにしてますわ(笑)

夫は日本に来て最初の数年間、

ものすごく真面目に空手を習っていたそうなのです。

 

去年、引越しで超断捨離モードになっていた私が

「もう全然空手やってないし、道着もいらないんじゃない?」と

言ったら「いや、道着は取っておいて〜!」と懇願した夫。

そのうち引き出しに眠っている夫の道着も

再び陽の目を見ることがあるのでしょうか?

コオロギパウダーついに食べた!

先日書いた昆虫食についてのエントリー

気を持たせるような終わり方になってしまいましたが、ようやく続きが書けます!
あー、早く書きたかった!

 

まずは届いたコオロギパウダー

ネットでもオススメの声が大きかった、「ヨーグルトに入れる」というのをやってみました。

 

まずはその前にまずは粉そのものをちょっと舐めてみる…。

少しざらりとした食感ではありますが、味はほとんど分からないです(ビビって、舐めた量が少な過ぎたのか⁈)。

そんなに味もしないし、大丈夫そう!と、安心した気持ちはあるのですが、「ちょっとおもろない〜」と、心のどこかで思う私はチャレンジャー(笑)

マズイものが食べたいわけでは決してないのですが、「うへ〜」とか言いながら、水をがぶ飲み!みたいなのもネタとしては美味しい。

 

どっちやねん、私!とか思いつつ、次はいよいよヨーグルト。

プレーンヨーグルトを大さじ4杯ほどに、
コオロギパウダーを小さじ3分の1くらい。

だいたいの量です。テキトーです。

見た目、ココアパウダー入りのヨーグルトみたいなんですが、正真正銘コオロギパウダーでっす!

ここに、はちみつを適量いれて混ぜてみました。

 

見た目は明らかに茶色い。
ココアパウダーを混ぜたみたいな色。
食欲をそそるビジュアルではございません。

 

で、味は…

 

 

あんまり分からへん〜!

 

あえていうなら、トリュフパウダーっぽいような、土っぽいような香りがほんのり。

 

食感はちょっとざらりとして、きな粉入りヨーグルトに近い感じ。

 

いずれにしても、ヨーグルトの味が圧倒的に勝っていて、コオロギ成分まったく気にならないです。
一緒に食べた我が家の家族、3人とも同意見でした。

 

 

思っていた以上にクセがないぞ、コオロギ!

 

少し勇気が出て来た小谷ファミリー!

 

 

調子に乗って、
次なるコオロギ料理は、パンケーキ!

 

ホットケーキミックス 380g
コオロギパウダー 20g
卵 3個
牛乳 150ccくらい

 

まずは粉をまぜまぜ。

全粒粉っぽい見た目。でもコオロギーーー!!

 

生地を作ってからフライパンで焼くのは、普通のパンケーキと同じ。
焼いても全粒粉みたいな色目です。

今回は色々な味を試したくて、コインパンケーキと呼ばれる、小さいサイズ(1枚のパンケーキにつき、大さじ一杯くらいの生地を使用)を作りました。

 

完成!

 

って作り過ぎやがな!

推定6人前( ̄▽ ̄)

 

ブランチとして、家族3人で食べられたのは、この半分ほど。

ということで、レシピの分量は適当に加減してください。

これまたテキトーですいません!

 

作っているプロセスで感じたのは、これまでの(コオロギパウダー無し)のパンケーキとまったく変わりないということ。フライパンにくっつきやすいとか、香りがおかしいとか、焦げやすいとか、全くナシでした。

 

そしてお味。

 

まずは何もつけずに一口。

 

甘さ控えめやわ〜。

ホットケーキミックスが減っているのですから、甘みも減りますね。

 

しかも、いつものパンケーキよりモチっとしてる。

後味が香ばしい!

パンケーキなんですが、ちょっともっちりパンみたいなお味になっています。

 

 

バターとメープルシロップという定番も、もっちりしたパンケーキとして、美味しくいただきました!

 

そして、ブルーベリージャムとクリームチーズというトッピングも美味♡

でも、普通のパンケーキ以上に甘さ控えめになったコオロギパウダー入りのパンケーキは、オカズパンケーキとしてもいいんじゃないの?

 

ということで用意したのが、

ザクザク切った春キャベツにシーザーサラダドレッシングをかけたもの

と、ミートソースにチーズを混ぜたもの。

前日に作っていたミートソースにマッシュルームを入れて、ピザ用チーズを加えて火にかけました。これ、缶のミートソースにチーズでももちろんOK

 

パンケーキの上に、春キャベツと、ミートソースを載せて、ナイフで切ってパクリ!

 

おいしーーーい!!

 

甘さ控えめのもちもちパンケーキに、ほんのちょっぴり香ばしさが加わっているところに、春キャベツの甘みとシーザーサラダドレッシングの酸味と、ミートソースの旨味。

ハーモニーーー♪

 

しかも、通常のパンケーキより

糖質控えめ、

カロリーも少々減ります。

タンパク質、

鉄分、

ビタミンB12、

カルシウムなどがUP。

 

これはアリですね。

我が家ではコオロギパウダー入りパンケーキ、リピート決定です。

 

まぁちょっと値段が高いのが気になるところではありますが。
(56g入り2011円)

私が買ったのは、カナダ産で、EU米国カナダでオーガニック認証を受けているコオロギパウダーだったので、お値段高めというのは納得なのですが、日常的に使うとなると、もう少し値段が下ってくれるとありがたいですね。

 

ちなみに、大量に作りすぎたパンケーキ。

あまった具材を挟んで、(コオロギパウダー入り)パンケーキサンドイッチとしてオヤツに食べました^^ 美味美味。

 

さぁ、あなたもコオロギパウダーが食べたくなって来たでしょ〜。