成長痛?

このサイトを時々訪れてくださっている方はご存知かもしれませんが、うちの娘の目下の課題は背を伸ばすこと。以前も「背を伸ばそう」というエントリーで、カルシウム摂取のお話などを書きました。
その後も、カルシウムを意識的に摂る生活は続いております。

先日のこと、娘が体操の練習を終えたときに「膝が痛い」と言いだしました。

“成長痛?” の続きを読む

アスリートわらび餅

毎日暑い中、体を鍛えているアスリートたちにもオススメの、ひんやり美味しいエネルギー補給スイーツをご紹介します。

とはいえ、普段ご飯ばかりで、スイーツを作ることがほとんどない私は、強力な助っ人を頼みました!私の心友の娘ちゃん(仮名 上子ちゃん・高校生)です。未来のスイーツ職人(いや、今も十分スイーツ職人)が、私の「この食材は使ってくれるな」「これは使ってくれたら嬉しいな」という細かい注文にも、文句も言わずに開発してくれたレシピです。

“アスリートわらび餅” の続きを読む

もったいないお話

アスリートフードマイスターの資格を取る前から、食には興味がありましたし、娘がとにかく運動好きなので、より健やかに体を動かせるために、食はおろそかにできないと常々考えておりました。
だからこそ、プロのアスリートたちがどんな食べ物を食べておられるのかに、興味があるのですが・・・。

先日、ビックリな記事を発見。

 

牛が草を食べているから、牛肉を食べている人間は野菜を食べなくて良い??
冗談でしょ?ネタでしょ?って思ったんですが。。。

牛が食べた草は、牛の体のために使われるのであって、牛肉を食べた人間にそのおこぼれは、ないでしょう?

子供の教育上よくないから、子供の前では野菜を食べるっていうのも、なんだかなぁ。。。

牛肉を悪いと言っているんじゃないですよ。牛肉はたんぱく質としても良質で、そして赤身部分には鉄分も豊富。適宜、食事に取り入れたい食材です。

でもアスリートなんですから、仕事なんですから。お野菜のビタミンやミネラルをないがしろにするなんて、もったいない!!よりよいパフォーマンスができるための食事をすることも仕事のうち。怪我や病気をしないことも大事な仕事ですね。

サッカーの川島永嗣選手とか、

中澤佑二選手とか、

霊長類最強女子・吉田沙保里選手とか、

食の意識の高いアスリートの話題には事欠かないのになぁと、ちょっと残念に思いました。カッコいいプレーを見せてくれるアスリートが、食の大切さを説いてくれれば、絶大な影響力がありますよね。一方で、プロで活躍するアスリートが、いい加減な食事を公表すれば「偏食でもいいや!野菜食べなくても大丈夫!」なんていう誤解に繋がりかねません。

私はアスリートではないですが、偏った(食材数の少ない)食事をしていると、食の満足感が低くなり、ついつい味の濃いものとか、ジャンキーなものを欲しがちな気がします。たくさんの種類の食品を摂取していると、3食だけで満足できるように思います。きっと栄養価が足りているから、体が満足しているのでしょう。私ですら、食と体ってこんなにダイレクトにつながっているんだと感じるのです。ですから、毎日ハードなトレーニングを重ねるアスリートなら、もっともっと違いが分かるはずなんです。もっと考えた食事にすれば、きっとパフォーマンスの質も上がるはずなんです!
あぁ、村田修一選手!つくづくもったいないですよ〜(涙)
(村田選手ファンの皆様、ネガティブ投稿ごめんなさい)

ゴルフ定食いただきましたー!

ゴルフの競技会に出場するという方からの質問にお答えする形で、メニュー提案の投稿をしましたら、前日の夜の食事の様子を写真に撮ってくださいました。「ゴルフ定食」って名前もつけてくれました。

 

(主食)玄米   (主菜)あじの開き   (副菜1)かぼちゃの煮付け   (副菜2)ブロッコリーと人参、じゃが芋の温サラダ  (汁物)小松菜、豆腐、ネギ、大根など具沢山の味噌汁 というメニュー提案をしました

こういうの、本当に嬉しいものですね。
他にもゴルフをされる方々から「全然ダメダメなものを食べていた」とか「こんなこと考えたこともなかった」というお声もいただきました。

食事を変えて、体が変わるには時間がかかります。一朝一夕というわけにはいきません。でも食を意識することで、スタミナが維持できて、集中力が高まり、よりいいプレーに近づいていきます。そして怪我や体調不良を起こしにくくなるというメリットもあるはずなんです!
と書きながら、私ももっと勉強して、もっとレシピも工夫して、元気で運動できる人のお手伝いをしたいなぁと、メラメラして来ましたよー。

 

昼食の中食を考える

「平日はいつ昼ごはん食べてるの?」とよく聞かれます。
月曜日から木曜日、11時〜14時のラジオの生放送を担当していると、いわゆるお昼ご飯の時間はずっとマイクの前にいることになります。喋り手さんにもよるのですが、番組中の曲の合間などに軽くつまみながら空腹を収める人もいれば、番組が始まる前にしっかり食べておく人もいるでしょう。私は番組中は食べずに、終わってからランチを食べることにしています(番組中食べると、唾液が増えて、なんとなくしゃべりにくくなるんです)。

“昼食の中食を考える” の続きを読む