新しいスポーツと補食

2020年初のエントリーとなりました。

今年もよろしくお願いします。

 

アス飯前!!というアスリートフードに関するサイトなのですから

ちょっとスポーツの話を書こうと思います。

 

去年、私たち一家は関西から沖縄へ移住し、

娘は習っていた器械体操やバレエからも離れました。

その後、何か身体を動かすことはやりたいと言っていました

なかなか決めきれずにいた娘。

バレエではない、別のダンスをしようかなとか、

近所のお兄ちゃんから陸上を勧められて興味を持ったりは

していたものの、これといって決め手もありませんでした。

まぁ、そのうち何かやりたいものも見つかるだろうと

私も急かすことなく待っていました。

 

 

かく言う私自身も

アスリートフードマイスター2級の資格を取ったものの

環境の変化にワタワタして、

ちっとも資格や知識を使う機会がありませんでした。

 

ようやく新しい暮らしも落ち着いてきて、

娘は最近、新たなスポーツにチャレンジし始めました。

 

空手です!

きっかけは友達が一緒にやろうと誘ってくれたからと言う

とてもイージーなものなのですが(笑)

 

沖縄は空手が盛んな土地なんですよね。

古来からの沖縄武術と中国の武術が

混じり合ってできたとされる、沖縄空手。

確かにあちこちに空手教室の看板を見かけます。

 

どこまで本格的にやれるか分からないので、

まずはちょっと緩めなところからスタートしているのですが、

先生はフランス人の女性で勇ましくかっこいいお方。

フランス語、英語、ドイツ語、日本語を駆使しながら

いろんな国の子供たちに空手を教えてくれています。

 

器械体操やバレエをしていたので、

割と足はよく上がるらしく、娘も気を良くしております。

ただし、器械体操もバレエも足をあげた時に

つま先はピンと伸ばすのが鉄則。

ついそのくせが出て、

前蹴りの時にもつま先をピンと伸ばしてしまった娘に

先生は「そんなつま先伸ばしたら骨折れるよ!!」

とシャウト!

 

「これまで『つま先!』って先生に怒鳴られるときは

つま先を伸ばす、という意味だったのに、

空手で『つま先!』って言われたら

つま先を伸ばさない!っていう意味なんだよ。」と

娘が笑って教えてくれました。

 

 

練習は夕方に行われるので、

終わった頃にはお腹もペコペコ。

家に帰ってすぐご飯が食べられる時はいいのですが

そうでない時は、ちょっと補食を用意します。

 

体を動かした後、疲労回復と筋肉の回復のためには

出来るだけ早く消化のいい糖質を補給すること。

その後バランスの良い食事を出来るだけ早く摂ること。

これが基本です。

 

というわけで、今回はおにぎり、果物、

クリームチーズ(タンパク質補給をすることで

筋肉の補修が早く行われます)の補食を用意。

もちろん水分補給の水筒も持たせます。

 

その後、家では

お野菜たっぷり、チキンも入ったトマトスープや

白身魚のムニエルなどを夕食にする予定です。

 

そんなにハードな空手教室ではないとはいえ、

1日5回くらい「お腹すいた」と言う成長期の娘。

練習中に筋トレもしているので

疲労回復、筋肉補修を目指した補食があれば

帰ってきてから大慌てで夕食にしなくても

ちょっと余裕ができそうです。

 

 

実は娘が空手を始めて1番喜んでいるのは夫。

娘が空手をする姿を見て

「初心者とは思えない回し蹴りの速さだ!」などと

親バカ炸裂で嬉しそうにしてますわ(笑)

夫は日本に来て最初の数年間、

ものすごく真面目に空手を習っていたそうなのです。

 

去年、引越しで超断捨離モードになっていた私が

「もう全然空手やってないし、道着もいらないんじゃない?」と

言ったら「いや、道着は取っておいて〜!」と懇願した夫。

そのうち引き出しに眠っている夫の道着も

再び陽の目を見ることがあるのでしょうか?

「大丈夫」は世界の言葉

先日9月2日(月)に、大阪ガスが主催したアスリート食・Doという

トークイベントに、司会で参加させていただきました。

 

ゲストは、日本におけるトライアスロンのパイオニアの白戸太朗さん。

アスリートの目線から、食についてのお話を伺いました。

トライアスロンだけでなく、アイアンマンレースというさらに過酷な

レースにも挑んで来られた白戸さん。

 

トライアスロンの最も一般的なレース、オリンピックディスタンスは

スイムが1.5km、バイクが40km、そしてランが10km。

アイアンマンレースは

スイムは3.8km、バイクは180km、そしてランは42.195km。

消費カロリーも、体重60キロ〜70キロくらいの男性だと

5000kcal〜6000kcalとのこと。

試合時間ももちろん長く、10時間を超えるほど。

 

そうすると、水分とカロリーの補給がとても大切になるんですね。

水分補給はレース中に10リットル!

「1日に2リットルの水分を摂るといい」とよく言われますが、

1日2リットル飲むだけでもそれなりに意識と努力が必要ですよね。

それを、走りながら10リットル飲むだけでも大変。

お腹タポタポになりそうです。

でも「今飲む水分、今摂る補食は、この後1時間後、2時間後に

とても役に立つ。今飲めなければ、食べなければ、

1時間後、2時間後に絶対に足が止まるんです」。と白戸さん。

 

もちろん補食も走ったり、自転車を漕いだりしながら。

最も必要な栄養素は糖質です。だからアスリート用の羊羹などを

ポケットに忍ばせて、片手で持って食べるんです。

「本当はおにぎりとか食べたいんですが、

心拍数が150〜170の状態でおにぎりを食べるのはきついです」。

だから、手っ取り早くたくさんの糖質が食べられる羊羹が多いんですね。

 

「でも、ずっと羊羹を食べてたら、口が飽きるんですね」と

おっしゃる白戸さん。

そこで、口の中をさっぱりさせるアイテムが必要になります。

塩のタブレットや、梅干しなど、アスリートによって工夫があるそうです。

「おしること塩昆布」という組み合わせと同じ感じですね。

 

 

もちろん練習中もどんどんカロリーが消費されていくので、

とにかく食べなければならない。

だから、トライアスロン選手に最も必要な資質は

「胃腸が丈夫なこと」なんだと断言されていました。

 

白戸さんは、胃腸が丈夫だったこと、

たまたまタイからの留学生が家に何年かいて、当時にしては珍しい

タイ料理なども食べる機会があったこと、

そしてお母様の手作りのご飯を兄弟4人でワイワイ食べて育った環境

などもあって、気がつけば味の教育を受けていた、

様々な食を楽しむ素地ができていたとおっしゃいます。

 

だから、世界のどこへ試合に行っても、その地にあるものを

ポジティブに食べることができたそうです。

試合前には絶対に白ご飯のおにぎりを食べたいとか、

試合前日には絶対にパスタを食べたいとか、

いわゆる「勝負メシ」を持っているアスリートも多いですが

白戸さんは「そんなものは持つべきではない」。

 

勝負メシが食べられない環境に遠征に行くことも多かったから、

現地で「タンパク質食べたいな」と思ったら、そこにある肉や魚を食べる。

糖質を多めにしたいと思った時にマクドナルドしかなかった時は、

バンズを多めに食べたりと、工夫をしたそうです。

そしてそれを「あぁ、欲しい栄養が摂れてよかった」と前向きに

受け止めておられたんだとか。

 

「胃腸は丈夫です!」と言い切っておられた白戸さんですが、

それでも、練習で疲れすぎて食べたくない時もあるわけです。

練習の後、筋肉補修のためにタンパク質を摂ろうと思っても、

疲れてボロボロの時にお肉はちょっとキツイ。

じゃあ、今は豆腐なら食べられるかな、納豆ならいけるかなと、

その時の自分が食べたいものを食べる、それが心にも1番いいことだ

ともおっしゃっていました。

 

食べることって、生きる喜びの1つなんですよね。

それはアスリートも同じ。

よく、「食べることもトレーニングだ」と、我慢して、無理して

必要な栄養素を摂るようにしなければならないという話を聞きますが、

白戸さんの話を伺うと「食べる喜びを奪わないアスリート食がいいな」と

つくづく思いました。

もちろん必要な栄養素は補給するけれど、決まった食材だけを

ひたすら食べるとか、決まった調理法だけで作られたものを食べる

ということばかり続いていては、辛いですもんね。

 

ストイックに鍛えて、目標を高く持ってトライし続けておられる白戸さん。

でも、ただストイックなだけでなく、

ちゃんと楽しむことも作っておられる。

ここまで走ったら、これを食べようとか、

練習を最後までやったら、ビールを飲もうとか、

そういう喜びを持たなければ、楽しくなくなるでしょ?と

笑顔で話しておられた姿が、とても印象に残りました。

 

その後のトークでは、

大阪ガスの陸上 朝原宣治さんと、白戸太郎さんとのアスリートトーク。

世界の競技会に自分でエントリーして、自分で飛行機に乗って

現場に行くという形であちこち渡り歩いておられた白戸さんの

冒険談に会場は大爆笑。

まさに自分で世界に通じる道を切り開いて来られたのですね。

こういう第一人者がいるおかげで、今のトライアスロン人口の増加にも

繋がっているのだなと思いました。

 

トライアスロン、アイアンマンレースは、長時間の試合。

だから、何か辛いことがあって、それで心が折れてしまっていては

その後続かないんです。

例えば、自分が飲もうと思っていたドリンクが何かの拍子に溢れてしまった。

あぁ、飲みたかったのに・・・と思うのか

よーし身軽になった!と思うのか。

例えば、コースを間違えてしまった。

あぁ、もうダメだ・・・と思うのか、

もう一回戻って走り直したらええだけやん!と思うのか。

大事なのは「大丈夫!」って思うこと。という話も印象的でした。

スポーツだけに限らず、どんなシーンにも役立てられますよね。

 

世界のどの言語にも「大丈夫!」に相当する言葉があるんですよと白戸さん。

 

韓国語の ケンチャナヨ

英語の Take it easy

フランス語の Que Sera, Sera

スワヒリ語の Hakuna Matata

 

 

実際に自らの力で切り開いて来られた方だからこその

説得力ある言葉たち。

とてもいいお話を伺うことができました。

高好感度男子

暑さのあまり投稿をサボっておりました。

と、クーラーの効いた部屋で書いている私の説得力ゼロ(笑)

 

とにかく暑いですね。

ご飯を作っているだけでも暑い。火を使うと、身体にこたえます。

夏場に揚げ物する人、尊敬します。

 

 

先日、夫は数日間の出張で家におらず、娘と2人で過ごしていた時のこと。

「ねーねー、今日がママと2人で過ごす最後の日だから、夜ご飯どこかに食べに行こうよ〜」と、猫なで声ですり寄ってくる娘。

暑いけど夜ご飯頑張って作るぞー!と思っていた私の気合いが、ゆるやかに溶けていってしまいました。悪魔のささやきやな、これ。そしてまんまとそのささやきに乗っかってしまった、意志の弱い私・・・。

 

「ただし、あなたは体操の試合も近づいているし、バレエのワークショップも6日連続で受けるんだから(今日もロシア人の先生からみっちり習っております)、あんまりいい加減な食事はさせたくない」と主張してみました。

 

そこで娘はアピールしてきました。

「バイキングに行こう!そこで私がいかに上手にバランスよく食べ物をチョイスするか見せるから」と。

 

 

はい。

結果から言いますと、娘の圧勝でした。

 

アスリートフードマイスター的視点から見ても、とてもバランスの良い選び方をしていました(腹ペコな娘はあっという間に食べ始めたので写真がなくてすいません)。

・生野菜のサラダ

・白身魚と蒸し野菜のイタリア風

・豆腐のバジルソース和え

・大根の煮物

・煮豆

・ナポリタンパス

・チーズダッカルビ

・きんぴらごぼう

・オレンジなどのフルーツ

 

といったチョイスで、カロリーも抑えめ、野菜やたんぱく質もしっかり取れて、牛乳・乳製品、果物というアスリートは特にしっかり摂った方がいい食材もきちんと選んでありました。

 

娘!よくできました!

自分の身体のことをしっかり考えているなと、私も嬉しくなりました。ドヤ顔の娘は、調子に乗った勢いで「デザート!」と言いながらフルーツにスプレーチョコを振りかけておりましたが(笑)ま、それくらいいいじゃん!

これだけはかろうじて写真に撮れました

 

そんな私たちのテーブルのすぐ近くに、中学生くらいの男の子たちが4人テーブルを囲んでいました。真っ黒に日焼けした細身の少年たち。明らかにスポーツをやっていそうなルックスです。「何のスポーツかな?水泳?サッカー?」とか、こっそり娘と話しながら見ていました(私の予想はサッカー部)。

 

彼らもそれぞれのお皿にバイキングを取りに行きました。

戻ってきた彼らのお皿を見て、娘の目が飛び出そうなくらいにまあるく見開きます。そして小声で「ママ!見て!炭水化物だらけ!!!」。

 

寿司

パスタ

チャーハン

焼きそば

フライドポテト

 

てんこもり〜!!!

 

というお皿がどーんと3枚テーブルに並んでいます。

「まぁ、彼らがサッカー選手で、さっき練習や試合が終わったとするならば、糖質をしっかり補給することは必要なんだけどね・・・」とフォローをしつつ、

やはり「野菜は?お肉は?果物は?」と思ってしまったのも事実。

 

きっと空腹のあまり、1皿目はとりあえずお腹にたまりそうな炭水化物中心に。

それでお腹が落ち着いたら、もう少しバランスを考えた野菜や、肉、魚を取りに行くのかもしれないなと思っていました。

しかし、彼らの2皿目も似たようなチョイス。炭水化物祭りは続く・・・。
あ、そこに鶏の唐揚げも加わっておりましたっけ。

 

でも、4人の男の子がいたのに、先ほど私は「お皿がどーんと3枚テーブルに並んでいます」と書いたのを、察しのいい読者の方なら覚えておられるかもしれません。

 

そう、4人中3人は炭水化物祭りに興じていたのですが、残りの1人がいたのです。4人でテーブルを離れてバイキングを取りに行き、最後にテーブルに戻ってきた少年。彼のお皿だけは違っていました。

 

ハンバーグにサラダ、白身魚と蒸し野菜のイタリア風(娘もお気に入りだった一品)、などなど、お野菜も肉も魚もしっかりバランス良く取ってあるではありませんか!

「あのお兄ちゃんだけ、すごくいい選び方しているね」と娘も気づきました。

周りの友達がフライドポテトを頬張っている横で、彼は美しいお箸の持ち方で、「うわ、この魚うまい!」とか言いながら大切に食べている様子でした。

 

 

なんか私、感動しちゃったんです。

 

彼らくらいの年の男の子ならば、大人の目のない場所でのバイキングで、自分が好きなものばかりをお腹いっぱい食べることって、すごく楽しいと思うんです。ある意味快感ですよね。炭水化物祭りをしていた3人の少年たちの気持ちも、十分理解できます。

 

だけど、おそらくスポーツをしているであろう様子(後で彼らがサッカーの話をしているのも聞こえてきました)から、体のこと、パフォーマンスのことを考えると、1食1食を大切に、何を食べるかを考える姿勢もすごく大切なはず。

よく、一流アスリートは「食事もトレーニングのうち」と言いますが、そこまでストイックでなくても、ある程度の食バランスを整えられる能力を、特にスポーツしている子供達には手に入れて欲しいと思います。

 

周りに流されず、自分が大事にしていることをちゃんと貫いているその少年の様子に、「いいもの見せてもらえたな」と、私までとても幸せな気持ちになりました。そして、彼はそういうバランスのいい食事を心から楽しんでいる様子だったことも、なんだか嬉しい光景でした。そしてその彼のチョイスをからかうでもなく、普通に接していた他の3人の男の子たち。彼らとの関係性の良さも、素敵だなと思いました。

 

あの少年は、きっとお家でも美味しいご飯をきちんと食べているんだろうな、そしてサッカーがうまくなりたいという気持ちをしっかり持っているんだろうなと感じました。その後、お代わりを取りに行った少年は、具材がたっぷりはいったお味噌汁も持ってきていました。本当に見ていて気持ちのいい食事をしている男の子でした。

 

そしてこれは、様々な要因が重なっていることなので一概に食だけが理由だとは言い切れないのですが、4人の中でその少年が他の3人よりも10センチ以上背が高く、体格もしっかりしていたのも印象的でした。あとの3人がドリンクバーでひたすらメロンソーダを飲んでいた一方で、その彼はお水を飲んでいたのも、よく覚えています。

 

 

食だけが全てではないけれど、やはり命を作るもの。

毎日体をコツコツと作り上げてくれるもの。

その生きる基礎をきちんと整えている様子だった少年は、とても魅力的に見えました。

 

さぁ、暑くてもバランスのいいご飯に!

もうすぐお腹を空かせてバレエのワークショップから帰ってくる娘のために、今からご飯の支度をします!

近々と言いながら・・・

先月、スピードスケートの金メダリスト清水宏保さんのトークショーに行って、ものすごい筋肉を見せてもらった!というお話は書きました。

 

そこで、「トークショーの後に清水さんにちなんだ食材を使った調理実習があった」ということも書きました。

さらには「調理実習については、近々、改めて書きますね」的なことも書きました・・・。よね。よね。

 

近々って、私の感覚では1週間とか、10日くらいまでの間のイメージなんですが、1ヶ月近く空いてしまいましたーーー!ごめんなさいっ!

 

というわけで、大阪ガスのアスリート食・DO、清水宏保さんにちなんだ調理実習編!いきます。

清水さんは北海道出身で青魚を食べる機会が多かったそうなので、青魚を使ったものと、食材としてはバナナを使って欲しいというご希望があったとのこと。

あとはアスリート食としてタンパク質が豊富なもの。

 

そこでメニューはこんなラインナップになっていました。

・アジのムニエル野菜たっぷりソース(青魚)

・卵豆腐のお吸い物(タンパク質)

・サバそぼろのちらし寿司(青魚)

・フルーツのレモンジュレ(バナナ)

 

有能なスタッフさんたちが、アジの中骨を抜く作業や、調味料をはかる作業など、下ごしらえ、下準備をしっっっかりしてくださっていたので、私たちは正直すごく楽な実習でした。

 

・アジのムニエル野菜たっぷりソースは、

塩とお酒をふっておいたアジに、薄力粉をまぶし、それをガスオーブンで焼いていきます。

その間に玉ねぎ、ピーマン、ナスなどのお野菜を1センチ角くらいに切っていため、トマトケチャップやブイヨン、醤油などで味付けをしたソースを作ります。

これをアジの上にかけるだけ。

お野菜たっぷりの美味しいソースでした。

 

・卵豆腐のお吸い物は、

あらかじめ塩茹でしたオクラを1センチ幅に切っておく、卵豆腐を1センチ角に切っておくという下準備をした上で、お吸い物のだし汁をつくり、卵豆腐、オクラに加え、吸い口に千切りにしたミョウガを加えて出来上がりです。

 

普通の豆腐で作っても美味しいのですが、卵豆腐の栄養価の高さを取り入れるお料理としてもいいなぁと思いました。ミョウガもいい仕事しています。

 

・サバそぼろのちらし寿司は、

昆布を入れて炊いたお米に、みじん切りにした紅生姜を加えて、これを酢飯代わりにします(めちゃ便利。このアイデア使えます!)。

サバは水煮の缶詰で、生姜とともに、お酒、みりん、醤油で味付けしてそぼろを作ります。

卵は塩を加えて、いり卵に。

エビは背わたをとって、塩とお酒で揉んでから、さっと茹でで殻を剥きます。

キュウリは斜め薄切り。

型を使って、ご飯、サバそぼろと卵を半分ずつ、その上にキュウリ、エビ、薄切りにした紅生姜を飾り付けて出来上がり。

サバのそぼろは、常備食としても便利で、青菜のおひたしに加えたり、おにぎりの具材に使ったりしても美味しいです。

 

・フルーツのレモンジュレは、

キウイ、オレンジ、バナナを、レモン汁と砂糖にゼラチンを加えたゼリーで固めたもの。

時間を短縮するために、板ゼラチンと粉ゼラチンを併用して作りましたが、時間があるなら板ゼラチンだけでゆっくり冷やし固めることもできます。割と酸味のある仕上がりなので、バナナの甘みがとってもいい仕事をしてくれていました。

 

6人いる班ごとに分かれて実習をして、1人もしくは2人で1つのメニューを担当する形で作りました。私は、一緒にこのイベントに参加したお友達のIさんと、サバそぼろのちらし寿司を担当。

 

「私ら、お互いを知ってから随分の時間が経つけどさぁ、まさかこんな風に一緒にお料理する日が来るとはなぁ」とか言いながら、楽しく作りました。

 

そしていよいよ実食。

 

甘み、酸味、塩味、旨味、辛味など、色々な味覚と食感が楽しめるメニューで、ボリュームもたっぷり。食材数も多かったので、すごく満足感が高かったです。

テキパキと下準備や、実習中のお手伝い、後片付けのお手伝いまでしてくださった有能スタッフの皆さんに、ひたすら感謝感謝でした。

 

そして知らないもの同士が同じ班になって、一緒にご飯をつくり、テーブルを囲んで食べるという作業は、一気に気持ちの敷居も下げてくれて、ご飯を食べながらの会話も弾みました。

食って、体の栄養だけでなく、心の栄養にもなってくれるなぁと実感できる体験でした。