新しいスポーツと補食

2020年初のエントリーとなりました。

今年もよろしくお願いします。

 

アス飯前!!というアスリートフードに関するサイトなのですから

ちょっとスポーツの話を書こうと思います。

 

去年、私たち一家は関西から沖縄へ移住し、

娘は習っていた器械体操やバレエからも離れました。

その後、何か身体を動かすことはやりたいと言っていました

なかなか決めきれずにいた娘。

バレエではない、別のダンスをしようかなとか、

近所のお兄ちゃんから陸上を勧められて興味を持ったりは

していたものの、これといって決め手もありませんでした。

まぁ、そのうち何かやりたいものも見つかるだろうと

私も急かすことなく待っていました。

 

 

かく言う私自身も

アスリートフードマイスター2級の資格を取ったものの

環境の変化にワタワタして、

ちっとも資格や知識を使う機会がありませんでした。

 

ようやく新しい暮らしも落ち着いてきて、

娘は最近、新たなスポーツにチャレンジし始めました。

 

空手です!

きっかけは友達が一緒にやろうと誘ってくれたからと言う

とてもイージーなものなのですが(笑)

 

沖縄は空手が盛んな土地なんですよね。

古来からの沖縄武術と中国の武術が

混じり合ってできたとされる、沖縄空手。

確かにあちこちに空手教室の看板を見かけます。

 

どこまで本格的にやれるか分からないので、

まずはちょっと緩めなところからスタートしているのですが、

先生はフランス人の女性で勇ましくかっこいいお方。

フランス語、英語、ドイツ語、日本語を駆使しながら

いろんな国の子供たちに空手を教えてくれています。

 

器械体操やバレエをしていたので、

割と足はよく上がるらしく、娘も気を良くしております。

ただし、器械体操もバレエも足をあげた時に

つま先はピンと伸ばすのが鉄則。

ついそのくせが出て、

前蹴りの時にもつま先をピンと伸ばしてしまった娘に

先生は「そんなつま先伸ばしたら骨折れるよ!!」

とシャウト!

 

「これまで『つま先!』って先生に怒鳴られるときは

つま先を伸ばす、という意味だったのに、

空手で『つま先!』って言われたら

つま先を伸ばさない!っていう意味なんだよ。」と

娘が笑って教えてくれました。

 

 

練習は夕方に行われるので、

終わった頃にはお腹もペコペコ。

家に帰ってすぐご飯が食べられる時はいいのですが

そうでない時は、ちょっと補食を用意します。

 

体を動かした後、疲労回復と筋肉の回復のためには

出来るだけ早く消化のいい糖質を補給すること。

その後バランスの良い食事を出来るだけ早く摂ること。

これが基本です。

 

というわけで、今回はおにぎり、果物、

クリームチーズ(タンパク質補給をすることで

筋肉の補修が早く行われます)の補食を用意。

もちろん水分補給の水筒も持たせます。

 

その後、家では

お野菜たっぷり、チキンも入ったトマトスープや

白身魚のムニエルなどを夕食にする予定です。

 

そんなにハードな空手教室ではないとはいえ、

1日5回くらい「お腹すいた」と言う成長期の娘。

練習中に筋トレもしているので

疲労回復、筋肉補修を目指した補食があれば

帰ってきてから大慌てで夕食にしなくても

ちょっと余裕ができそうです。

 

 

実は娘が空手を始めて1番喜んでいるのは夫。

娘が空手をする姿を見て

「初心者とは思えない回し蹴りの速さだ!」などと

親バカ炸裂で嬉しそうにしてますわ(笑)

夫は日本に来て最初の数年間、

ものすごく真面目に空手を習っていたそうなのです。

 

去年、引越しで超断捨離モードになっていた私が

「もう全然空手やってないし、道着もいらないんじゃない?」と

言ったら「いや、道着は取っておいて〜!」と懇願した夫。

そのうち引き出しに眠っている夫の道着も

再び陽の目を見ることがあるのでしょうか?

手作りが必ずしもベストではない?

やっぱりご飯は手作りが1番でしょう!
そう思って、早起きして、部活に行く子供にお弁当を作って持たせる親御さんも多いと思います。もちろん私もできるだけ手作りのご飯を娘に食べさせたいと思って頑張っています。

何が使われているかわかるし、栄養も考えながら作れるし、子供の好きな味で作ることもできるし、何より愛がこもっているじゃぁありませんか〜。
そう!それは確かにそうなんです。


でも!
必ずしも手作りがベストじゃないこともあるんです。
“手作りが必ずしもベストではない?” の続きを読む

鶏胸肉の生姜風味揚げ焼き

鶏胸肉はイミダペプチドのおかげで持久力を高めてくれますし、低カロリー高タンパクの、嬉しい食材。しかもお財布にも優しいですもんね。これからも鶏胸肉をパサつかずおいしく食べられる方法を追求してまいります!
今日ご紹介するのは、鶏胸肉の生姜風味揚げ焼きです。唐揚げよりも油を使う量が少なく、短時間で仕上がります。鶏胸肉1枚分の分量でお伝えしていますが、倍量にして作り置きにするのもオススメです(理由は後で書きます)。

“鶏胸肉の生姜風味揚げ焼き” の続きを読む

間食ではなくて、補食

アスリート、と呼ばれる人たちは、一般の人たちよりも当然エネルギーがより必要になります。持久系、瞬発系など、スポーツの性質によって、必要となる栄養素のバランスも変わりますが、簡単に言うと、炭水化物、糖質などのエネルギー源、筋肉など体の元になるたんぱく質、体の様々な機能を維持するミネラル(鉄分、カルシウムなど)、酸素量の多いアスリートが活性酸素を増やしすぎないための、抗酸化作用があるビタミンCなどは、意識的に多く摂った方が良いのです。

かといって、1日の食事で必要な栄養素があれもこれも・・・となると、食べる量が増えるばかり。そこで、お昼ご飯と夜ご飯の間の、いわゆる「間食」の時間も、質の良い栄養摂取に使うと考えます。嗜好品などを食べてリラックス、ちょっと空いた小腹も解消、という楽しみもある間食。でも、アスリートらしい食べ方をして、1日に足りなくなりがちな栄養素を補い、その後のスポーツのパフォーマンスを向上させる「補食」という考えです。

“間食ではなくて、補食” の続きを読む