修学旅行での出来事

うちの娘、てんやわんやの準備を経て(そりゃもうお年頃だから大騒ぎさ)、先日小学6年生としての修学旅行に、広島へ行ってきました。

 

帰ってきた彼女が、私の顔を見て最初に言ったのは「平和記念資料館がすごかった・・・」ということ。原爆が落とされて、亡くなる直前の子供が親に伝えた言葉、亡くなった子供に残された親が伝えた言葉などの展示を見て、涙が止まらなかったと言っていました。

 

お水を欲しがる子供に、でもお水をあげてしまうと火傷に良くないという、誰彼ともない噂を信じて、お水をあげなかったお母さん。その後数時間で亡くなった子供を思い「それなら思い切りお水を飲ませてあげれば良かった」と語ったことなど、娘は一生懸命私に聞かせてくれました。

「ひいおばあちゃんが生きていれば、今だったらもっといっぱいお話聞けたのに」と、数年前に他界した私の祖母に会いたがったりもしていました。

 

 

もちろん、お友達と過ごした時間、先生方と過ごした時間など、楽しかったこともたくさん教えてくれましたよ。地元の美味しいものも食べたりしながら過ごしたお土産ショッピングの時間の楽しさなども聞けました。お土産屋さんの一角で牡蠣まで食べさせてもらったんですって!ええなー。

 

家へのお土産はもみじ饅頭と、広島風お好み焼きせんべい(ソース味)。そして私には厳島神社で買い求めた小さなお守りもくれました。すごく嬉しかったです。大事にします。

 

無事に、楽しく修学旅行を終えたのだなぁと私もホッとしていましたが、その数日後になって娘が「あのな、実は言ってなかったんだけど」と、こんな話をし始めました。

 

平和記念資料館でのこと。

娘の学校は先生と生徒たちで資料館を見て回っていたのですが、修学旅行に来ている他の学校では、地元の観光ガイドさんのような方が、資料館での案内をされているところもあったそうです。

 

たまたま娘が通りかかった時、ある小学生グループのガイドさんが原爆の話をしていました。その後、小学生たちに質問を投げかけたのです。「では、これは誰が悪かったのでしょう」と。

 

娘は先を促す友達に「ごめん、ちょっとだけこの話聞きたい」と待ってもらい、娘はそのガイドさんの話の続きを立ち止まって聞きました。

「では、これは誰が悪かったのでしょう」。

その問いかけに、小学生グループの中の1人が答えました。

「誰も悪くない」。

ガイドさんは「違います」とおっしゃいました。

別の小学生が答えました。

「日本が攻撃をしかけたから、日本が悪い」。

ガイドさんはまた言います。「違います」。

そしてこう続けました。

「悪いのはアメリカです」。

 

 

日本とアメリカの両方の血を引く娘は、とても複雑な気持ちでそのやりとりを聞いていたそうです。そして「ママ、どう思う?」と。

私たちは日本人とアメリカ人のいる家族だから、複雑な気持ちはあるけれど、それと同じように、広島の人、原爆を体験した人ならではの思いもきっとあるよね。広島には、原爆の被害にあった人、そのご家族、子孫の方々も多いから、アメリカ憎しという考えの方もいまだにおられるのかもしれない。その考えを否定することはできない。みんなそれぞれの苦しみがあって、それは私には想像しきれないことだから。
でも、戦争の話ってとてもデリケートで、色々な考えがあるから、正解が1つだとは思わない。私はあえていうなら戦争を起こした人、戦争を続けた人、みんなに責任があると思う。平和についても、みんなが自分の責任だと考えるべきだと思っている。1番怖いのは、自分の考えだけが正解だと思って、それを押し付けること、そしてそれぞれが考える機会を奪うことだと思う。

 

というようなことを答えました。ちょっと長い答えにはなりましたが、娘は娘なりに一生懸命理解しようとして聞いてくれたように思います。

 

娘は「あんな風に小学生にガイドさんが自分の考えを正解だって教えていいのかなと思った」と言っていました。そういう疑問を持てたことだけでも、私は修学旅行に行った甲斐があったなぁと思います。ただ、目の前ではっきりと「アメリカが悪い」と言われたことは、娘にとっては半分自分が否定されたような気持ちになったのだろうなとも感じました。

娘の中での答えは、きっとまだ出ていません。それでいいのだと思います。

「色々考えさせられる経験だったね。でもこれからも考え続けていってほしいな」と伝えました。

 

 

そしてその後、宮島の水族館を見学していた時にも、ある出来事があったそうです。

お転婆な娘は水族館内を歩いているときに、ヒョイっとベンチをまたいだそうなんです。

決して褒められる行動ではないのですが、それを見た他の学校の修学旅行生たちが娘に言いました。

 

「あーー!ベンチまたいだりしたらダメなんだよ。外人さん!」

「うわ、ダメなんだよ!分かる?外人さん?」

「あ、日本語わかんないか~(笑)」。

 

 

そりゃ、ちょっと濃いめの顔ですが、うちの娘の母語は関西弁やっちゅーねん。

ガイジンって、なんやねん!うちの娘は日本国籍もってるっちゅーねん。

 

娘は傷つきながらも彼らに言いました。

「ベンチまたいでごめんね!でも日本語分かるから。今言ったこと全部聞こえてるから!!」。

 

気まずそうに立ち去った彼らは、それでも一言も謝らなかったとのこと。

 

そしてその後また水族館内で同じグループに遭遇してしまったそうです。

その時も「あ、さっきの外人や」「あ、日本語わかるんだった」とか言われたそうです。

 

 

今、2019年ですよ。

来年には世界各国から大勢集まる東京オリンピックもあるんですよ。

未来を担う小学生がいまだに「ガイジン」という言葉を使うこと、

いわゆる典型的な「アジア系」の見た目でない娘を「ガイジン」と簡単に呼んでしまうこと、

見た目が「ガイジン」っぽいなら日本語が分からないと判断してしまうこと、

それを誰もとがめないこと・・・。

恐ろしくなりました。

 

日本はどれほど時代に逆行しているんでしょう。

 

アメリカと日本の血を持つ子供を産み育てるということを、私は「もう21世紀なんだし、昭和的な差別なんてそうそうないだろう」と正直甘く見ていました。

それでも娘の話を聞くと、このような見た目だけで差別されることがいまだにしょっちゅうあるんです。

「嫌な思いをしたね。そんな中でもきちんと自分の言葉で言い返せて偉かったね」

と娘に言いながら、なんか悔しさやら悲しさやら、様々な感情がぐるぐる回って泣きそうになりました。なんでこんなに暮らしにくいの?なんでこんな風に意味なく傷つけられる必要があるの?

 

正直気持ち悪いです。

何を教育しているのだろう。

多様性とか、人権とか、

よく聞く耳障りのいい言葉って、上っ面のだけのものなんでしょうか。

 

もちろん、こんなしょうもない差別をするのはごく一部の人だと分かっています。

いわゆる「ハーフ」という人たちは何を言われても「はいはい、またか」ってさらっと流した方がいいよっていう考えをお持ちの方もいるでしょう。

でも、悲しい気持ちは否定できない。悔しい気持ちを持つのだって自然。

だって同じ人間ですよ。同じ小学生ですよ。なんでそんな排他的なことを言うんでしょう。

 

 

娘が平和を学びにいった広島であった出来事。

親としてもすごくモヤモヤしましたし、娘はもっと傷ついたことでしょう。

それでも、残念ながら世界にはまだまだ全然仲良くできない人たちがいっぱいいて、自分と違う人をすぐに排除する考えの人もいて、だけどそれは絶対的におかしいことだと娘が実感できたのではないかとも思っています。その思いが小さな光となって、彼女の平和を願う気持ちを育んでくれればと思います。

 

私たち家族もこれからも娘と一緒に考え、傷つき、悔しがります。

そしてきっとこういう経験が、娘を優しく偏見のない人に導いてくれると信じていきます。

 

様々な考えの方がおられることを承知の上で、あえて書きました。

最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。

母さん夜なべ中

母さんが夜なべ〜をして

手袋編んでくれたぁ♪

 

という切ないメロディではなく、

できればチャイコフスキー「くるみ割り人形」を脳内再生お願いします。

 

先ほどまで私は夜なべをして

せっせと娘のバレエの衣装の修正をしていたのです。

 

来月のバレエの公演で娘が着る衣装、どれも可愛いのですが、

中には10年以上前に使われたものもあって

肩紐がズルルーンと伸びきっているものとか

背中のホックの大きさがまちまちで、はまらないものとかも。

 

今夜全部直したる〜〜!!と、決意した私。

 

10年以上前に縫われたホックの縫い目も

誰かのお母さんがチクチクやっていたのかな?なんて思いながら

ちょっとした連帯感なぞ味わってみたり。

いらんことしぃのニャンコにふわふわのチュチュを引っかかれないように

静かな攻防戦を繰り広げてみたり。

 

色々ありながらも、なんとか娘が起きている間に修正終了。

最終チェックのために全ての衣装を着てもらいましたが、

どれもバッチリ!

私の宿題は終わった!

あぁホッとした〜。

かぼちゃと共に成長

自然がいっぱいの環境に暮らしているからなのか、もともとの性格なのか、多分両方の理由から、うちの娘は動植物が大好き。クラスの男の子に「お前の動物への愛情は異常だ」呼ばわりされるくらいに、動物や植物のことになると血相変えて、空気も読まず(まぁ、もともとあまり読まないけど 泣)、一目散で解決に走ろうとします。

 

その勢いで迷惑をかけることもあるのですが、一方でそういう生き物に対する彼女の愛情深さを、私はちゃんと育てていきたい。だから、彼女の動植物へのこだわりには、できる限り付き合っていこうと決めています。

 

娘の学級で、学校の敷地内にかぼちゃの種を植えたそうです。でもこの暑さ。お休みの日、夏休み、水やりをしなければ枯れてしまいます。

 

そこで娘は休日の朝など、空いている時間を見つけては、せっせと学校へ水やりに通っています。

 

今日は私もお付き合い。

という名の写真係。いや、朝の散歩がてらでした。

最近、将来は北海道に住んで農業をやりたいと言い出した娘。おもろいなーって思いながら、「そしたら月一で遊びに行くから、美味しいもん食べに行こう」って答えています。

 

今朝、学校へ歩きながら娘に伝えました。

 

あなたが、動物や植物のことが大好きでお世話をしようという気持ちは素晴らしいと思う。でも相手は生き物だから、あなたが気まぐれでやったらアカンよ。やるって決めたら、ちゃんと最後までやることね。

 

まぁ、親としては、他の生き物の世話の前に、自分のことを最後まで世話できる人になりなはれ。

という気持ちもあるのですが! が!!

 

そこは娘も(頭では)理解している(しかし行動がともなわない)ことなので、ここではあえて言わずにおきました。

 

かぼちゃの実が成る頃には、娘の心も少しは成長しているかな?そうだったらいいなと、時々私もお散歩がてら眺めていようと思います。

 

 

そうそう、かぼちゃは、アスリートにもいい食材ですよね。

ベータカロテン、ビタミンA、Eが豊富で、活性酸素の多いアスリートには嬉しい抗酸化作用も高め。糖質も入っているので、エネルギー源としても優秀です。

骨を固めるビタミンK、糖質をエネルギーに変える時に必要なビタミンB1なども多めですし、ミネラルも豊富ですよ。

通学コロコロバッグ

体操の試合まで2ヶ月を切った娘の練習も、少しずつ本番を意識した内容になってきて、疲れが溜まってきている模様。

肩が痛い・・・。

ランドセル背負えへん・・・。

 

このままだと、旅行用のコロコロバッグを転がして学校に行きかねない・・・。

(絵的にちょっと面白いけど)

 

そこで私がそっと娘の肩に触れると「ヒャーーー痛い!!」とのたうちまわるのです。これは肩こりとかではなくて、ちょっと筋を痛めているかもしれないねと、しばらく寝るときに湿布を貼っていたら、数日で痛みは引いてきました。

 

しかし、肩から背中、腰にかけてのコリはなかなかのもの。

30分ほどみっちりマッサージをして、コリはかなり解消されたようです。

 

「今度は私がママにマッサージとか肩もみとかしてあげるね」との娘。

そうだそうだ。そっちが本来あるべき順番だ。

 

アスリートフードマイスターのオカンは、食事のケアだけでなく、体のメンテナンスのお手伝いもするのです!がんばるぅー。

日本チベット化計画

最近、めちゃめちゃサボっていたアス飯前。

日頃読んでくださっている方々、申し訳ありませんでした。

本業がばたついていたことや、娘の体操&バレエのスケジュールが変わり、段取りに慣れるまで、隙間時間の利用の仕方がうまくいかなかったことなどの理由が重なりました。

 

それでも3桁の方が読みに来てくださっている日が続いていることに気づき、感謝感謝しかありません。

 

というわけで、せっかく作った「子育て」カテゴリーの記事を1つ。

 

2歳頃の子供を「イヤイヤ期」ではなくて「ぶらぶら期」と呼ぼう、という記事を読みました。この記事面白いので、オススメです。

 

なんでもチベットでは、農作業などに乳児を連れて行き、その子が大きくなったら(4、5歳くらいから)、作業の手伝いをさせるとのこと。では乳児でもなく、作業の手伝いもできない、いわゆる2、3歳の頃はどうしているのかと聞くと「その辺をぶらぶらしている」のだそう。

外を好きにぶらぶらして、排泄の必要がある時は、そのへんで勝手にする。そして近くの大人を捕まえてお尻を拭いてもらうんだそうです(笑)

だから、2、3歳の子供が「いやいや」するという説にピンとこないというチベットの留学生のお話が載っていました。

 

なぜイヤイヤするのかというと、
この年頃の子供は、小さな楽しみをつなぎ合わせて過ごす時期。お母さんとお出かけしている時に「あ、お花」と気になったら、そこに座り込んで、納得いくまでお花を眺める。そのうち地面を歩いているアリさんが気になったら「あ、アリさん」と飽きるまで眺める。こういう、大人から見たらなんでもないことが、彼らにとっては最高の楽しさなんでしょうね。

 

そんな風に、小さな楽しみをつなぎ合わせて過ごしていれば、比較的ご機嫌なのに、お母さんは買い物に行かねばならない、上の子が学校から帰ってくるまでに家に戻らなければならないなど、親側の都合もあるわけです。だから「さぁ、行くわよ!帰るわよ」となる。でもまだアリさんを見ていたい子供は「いやいやいやいやいやいや!!!」と大騒ぎになるというからくりなんだそうです。

 

だから、ぶらぶら自由にしていられる2歳児はちっとも「イヤイヤ期」らしい様子を見せない。チベットの子は「いやいや」って思うことが起こりにくいんでしょうね。

 

日本で子育てしていたら、さすがに親が仕事している間に2、3歳の子供をそのへんでぶらぶらさせるわけにもいかなければ、周りの大人に「おしりふいてー」っていうのもできませんよね・・・。

 

英語でも「terrible twos」と言われる2歳期。直訳すると「ひどい2歳児」。いわゆる「魔の2歳」なんて言われちゃうやつですね。ぶらぶら期の記事にもありましたが、こういう言葉で2歳児のイメージが刷り込まれてしまって、親が構えてしまうというのも残念なことなのかもしれません。

 

 

そういえば・・・と、うちの娘のことを考えてしまいました。

 

うちの娘は今10歳。まだ小学生とはいえ、年齢が2桁になった直後から、なんだかティーンエイジャーみたいな自意識や、反抗的な態度などが続出しております。「ちょっと早いんじゃない?」とは思うのですが、今時の子は早いのかしらと、隔世の感を噛み締めたりもしています。

 

「いやー、もううちの子、体はちっこいくせに、態度だけは思春期って感じよー」と先輩ママにぼやいたりもしました。その時は「でも早く反抗期が来た子は、終わるのも早いらしいよ」と慰めてもらいました。

 

いや、ちょっと待てよ。

その台詞、聞き覚えがある。。。

 

そう。そうして思い出したのが、娘のイヤイヤ期

 

あれは娘が1歳半ごろだったかしら・・・。

 

いわゆる「イヤイヤ期」が2歳ごろから始まるとは聞いていたのです。

 

でも、1歳3ヶ月くらいから「NO!!」って言葉が増えてきたんです。

当時も今も我が家は英語と日本語が混ざり合った会話をしていまして、例えば、話し始めは日本語だったはずなのに、夫の相槌につられて、急に英語に切り替わったり、英語で話し始めたのに、面倒くさくなって日本語に変えちゃったり。1つの文章の最初と最後の言語が変わってしまったりしていました。

 

そんな環境で過ごしていた赤ちゃんの頃の娘。当然彼女も日本語と英語が混ざりまくっている喋り方をし始めました。その時は、「我が家の、このバラバラな言語を、もう少し何とかせねばいけないのではないか?」とも思ったものです。娘がそこそこ喋れるようになってきてからも「あのおねえちゃんのHair はすごくLongだねー」とか「FluffyなDoggyがParkにきたよ」など、ルー大柴や!!って突っ込んだことしばしば。。。

 

 

その後、調べた結果、「3歳くらいになると、日本語と英語など、2つの言語の区別がついて、同じ言語で最初から最後まで話せるようになる」と知りました。結局、日本語英語チャポンな我が家の会話は、変わることなく現在に至りますが、娘はルー大柴からは完全に卒業しております(ホッ)。

 

そうそう、話を元に戻します。

日本語英語チャンポンな家庭に育った娘は、やはり「言いやすい言語で話す」傾向がありました。「いや!」より「NO!」の方が言いやすかったのでしょうね。最初に現れた反抗的な言葉は、英語で「NO!」でした。

これが1歳3ヶ月ごろ。

 

この時も「え?早いんとちゃうん?」と思いました。そして同じく先輩ママに話しました。

その時に「早くイヤイヤ期が来た子は、終わるのも早いらしいよ」と言われたのです。そうか、早く終わるんだ!よし、がんばろう。イライラせずに付き合えるといいな。

 

と思ってはいたのですが、

そのまま娘は3歳になり、3歳半になり・・・

 

気づけは「NO」のバリエーションがどんどん増えていました。

もちろん日本語での「いや」「やだ」も「NO!」の後からすぐに加わり、「◯◯したくない」とか「Don’t do ◯◯(◯◯しないで!)」とか「Stop it」とか、状況に応じて、否定的な言葉を2カ国語で伝えるスキルだけが向上していきました。そこはバイリンガルじゃなくても・・・(泣)だって、拒否する言葉が倍増するんですもの。

 

3歳後半も、そうして過ぎていき、4歳になる頃まで続きました。

イヤイヤ期が終わったなと実感できたのは4歳になってから。4歳になってからの激変は、「ちょっとちょっと、この子、はーいって素直にお返事してるやんか。もう、天使やん♡」ってなもんですよ(笑)

 

 

天使に変身する前、おそらく3歳半ば頃に「あれ?早く始まったら、早く終わるんちゃうん?」と思ったのですが、

 

全然終わらへんやーーーん。ちっとも早く終わらへんやーーーん。

果てしなく続くイヤイヤ期。

 

魔の2歳、魔の3歳が、魔の5歳くらいまで続いたらどないしよ、

ってチラリと頭をよぎっては、

震えて〜たあのころ〜(by 村下孝蔵「初恋」)

 

ま、とにかく娘のイヤイヤ期は早く始まり、遅く終わるパターンだったようです。早く始まって早く終わる子も、いるのでしょうけれど・・・。

 

とはいえ、さすがに私も慣れてきたので、3歳後半頃の娘が「No!! 帰らない!」と公園からお家に帰りたがらずに意地を張っている姿を見ながら「あなた、人生の半分以上を『NO!!!』って言っていて、パンクだねぇ」としみじみ呟いては、苛立つ気持ちを笑いに変えておりました。

パンクだった頃の娘(笑)

 

思春期らしき反抗期も、予想より早く始まった娘。

またパンクな日々が長く続くのかもしれません・・・。

 

とにかく、この「イヤイヤ期」は社会的環境(つまり、ワンオペ育児や、頼れる人がいない、少子化で子育て仲間がいないなど)によって、一人で家事も育児も仕事も・・・と抱え込むからこそ起こりやすいものなのかもしれませんね。あぁ、2、3歳だけでもチベットに引っ越しておけばよかった。

いやいや、チベットに引っ越すのではなく、日本の子育て環境をもう少し楽にできるような形に変えられないのかなとは、本当に思います。

 

日本チベット化計画!

とは言い過ぎですが、

親だけに肉体的・精神的負担がかからないような子育て環境を作ることは大事ですよね。かつての日本はもっと「地域全体で子供を育てる」という意識があったと思うのですが・・・。

 

それこそ、トイレにもゆっくり行けないワンオペ育児。

ほんの30分だけでも抱っこしてくれる人がいたら、助かるのになぁって思ったこと、私もありました。時々母が「スーパーとか銀行とか、一人で行った方がずっと早いでしょ」と、娘を見ていてくれた時は、本当にありがたかったこともよーーく覚えています。

 

三世代、四世代が同じ家に住んでいた大家族が当たり前だった時代、家族の誰かが赤ちゃんを見ていてくれるような子育てをしていた時代のイヤイヤ期ってどうだったのでしょう?

 

そういえば、イヤイヤ期という言葉が増えてきたのと、核家族が増えてきたのって、ある程度時期が近いのかなもしれないなと、気づきました。「イヤイヤ期」という言葉はワンオペ育児が増えたことによる、副作用のような存在なのかもしれませんね。昔の日本ではチベット的ぶらぶら期のように、家族の誰か、近所の誰かなどが比較的付き合ってくれる中で育った子供も多かったでしょう。

 

ワンオペ育児を減らすのは一朝一夕にはできないにせよ、記事にもあったように「ぶらぶら期」という言い方に変えるだけでも、受け止め方が変わり、親も、そして周りの人たちも、もう少しおおらかな気持ちで見守れるようになるといいなぁと思いました。

イヤイヤ期の子供を連れて出かけた先で、イヤイヤ〜!!って大騒ぎになった時の申し訳なさ、いたたまれなさったらもう、辛いですもん。特に電車の中とかレストランとか・・・。親の方が泣きたくなるってもんですよ。

多かれ少なかれそういう経験は、子育て世代ならあるはずです。自分の子でなければ、2、3歳の子がイヤイヤ言って泣く姿もかわいいなぁと思えるのですが、中には「うるさいな」って感じる人もいますしね。

だから、電車の中などで泣いている小さい子を見ると、私はなるべくにっこり笑うようにしています。「お母さん、周りの目線を気にしすぎないで。大丈夫だよって思っている人もいっぱいいるからさ」ってビームを目から出しまくっているつもりです。伝わっていますように。私のビーーーーム!!