水分補給のコツ

一気に夏めいた気候になってきました。スポーツをするときに、熱中症対策に一層気をつけなければならないシーズン到来ですね。ここではスポーツ中の水分補給についてのお話です。

食べ物の機能として
一次機能:栄養、健康の維持
二次機能:嗜好品、おいしさや食べる楽しみ
三次機能:機能性(水分補給や特定保健用食品)、噛む力の強化

が挙げられます。水分補給は口に入れるものの中でも機能性重視。できるだけ効率よく水分補給をして、パフォーマンスの質が下がらないようにしたいものです。

“水分補給のコツ” の続きを読む

ビストロ アスリートにチェックイン!

東京体育館で行われた、体操NHK杯女子の試合を見に、娘と共に東京へ行ってきました。日本の最高峰の選手たちの、研ぎ澄まされた演技は、生で見るとさらにそのしなやかさや、美しさ、そして力強さが伝わりました。

その後、お腹がすいてきた私たちが向かったのは、京王新線幡ヶ谷駅から徒歩6分。渋谷区スポーツセンター。

住宅地の細い道を抜けていったところにある、渋谷区スポーツセンター。道を行く人が結構多いなぁと思っていたら、ほとんどの人がこの場所へ入っていき、驚きました

“ビストロ アスリートにチェックイン!” の続きを読む

体重1kgあたりに1gのタンパク質

普段の食事の中で、必要な栄養素をどれだけ摂るのかの目安は、厚生労働省・農林水産省の出している食事バランスガイドで示されています。
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/index.html

その中で、今回注目するのは、タンパク質
一般的に、体重1kgに対して1gが、1日に必要なタンパク質の目安です。例えば、体重50キロの人ならば、1日に50gのタンパク質を目安にします。

ここで気になるのが、タンパク質の量。 “体重1kgあたりに1gのタンパク質” の続きを読む

間食ではなくて、補食

アスリート、と呼ばれる人たちは、一般の人たちよりも当然エネルギーがより必要になります。持久系、瞬発系など、スポーツの性質によって、必要となる栄養素のバランスも変わりますが、簡単に言うと、炭水化物、糖質などのエネルギー源、筋肉など体の元になるたんぱく質、体の様々な機能を維持するミネラル(鉄分、カルシウムなど)、酸素量の多いアスリートが活性酸素を増やしすぎないための、抗酸化作用があるビタミンCなどは、意識的に多く摂った方が良いのです。

かといって、1日の食事で必要な栄養素があれもこれも・・・となると、食べる量が増えるばかり。そこで、お昼ご飯と夜ご飯の間の、いわゆる「間食」の時間も、質の良い栄養摂取に使うと考えます。嗜好品などを食べてリラックス、ちょっと空いた小腹も解消、という楽しみもある間食。でも、アスリートらしい食べ方をして、1日に足りなくなりがちな栄養素を補い、その後のスポーツのパフォーマンスを向上させる「補食」という考えです。

“間食ではなくて、補食” の続きを読む