つけない、ふやさない、やっつける!

つけない、ふやさない、やっつける!

脂肪かな?お肌のシミかな?
いやはや悪い習慣もか・・・。

色々思い当たることがあるフレーズですが・・・

この時期「つけない、ふやさない、やっつける」というフレーズで、気をつけたいのは、「菌」。食中毒予防のフレーズなんです。

まずは菌を「つけない」ようにする。
そしてついた菌を「ふやさない」ように。
さらにはついている菌を「やっつける」ことで食中毒を防ぐというわけです。
【つけない】
梅雨時あたりからぐっと増えてくる食中毒。その中でもごくごく一般的な菌の1つが黄色ブドウ球菌。人の手、のど、耳など、そのへんに普通にいます。健康的な人の2〜3割が持っているとも言われていますし、化膿した傷口や、にきび、鼻水などにもある菌です。ですから何よりもしっかり菌を洗い流す、調理前に十分に手洗いをするのはまず基本ですね。ハンドソープや、ハンドスプレーなどに頼らせてもらいましょう。
特に気をつけたいのが、手が荒れている時、手に傷がある時。
傷口に黄色ブドウ球菌が存在する可能性が高くなりますので、キッチン用手袋や、お箸、トングなどを使って、手で直接食材を触らないようにします。おにぎりや、サンドイッチなどはラップを敷いた上で作ることも、菌を「つけない」ための簡単な方法ですね。

【ふやさない】
菌はたいてい高温多湿な環境でどんどんと増えていきます。ですから、低い温度で保存することで増殖スピードを抑えられます。10度以下での保存が基本。マイナス15度で、ほぼ増殖は止まるんだそうです。食品の持ち歩きは、保冷バッグを利用するなどして、温度が上がらないようにしたいものです。

 

【やっつける】
食中毒を防ぐには、しっかり加熱することも大切。仮にお鍋やフライパンの中で増えてしまった菌も、ほとんどは加熱することで死滅させられます。ただし中途半端な加熱は、逆に菌が増殖する居心地の良い温度にしてしまうだけですので、中心部までしっかり。75度で1分以上加熱が基本です。
カレーやシチューなど、とろみのある食材はお鍋の底部分は熱くなっても、中までしっかりと温度が上がっていないまま、プクプク沸騰しているように見えることがあります。加熱する時は中心までしっかり混ぜながら、全体の温度が上がり切るようにすることが肝心です。

 

ただし、黄色ブドウ球菌そのものは、加熱で消えますが、黄色ブドウ球菌が食品中で増殖するとできる毒素「エンテロトキシン」は、120度20分の加熱でも、消えません。
また、土や空気中、野菜など、そこらへんに存在している菌であるセレウス菌も100度30分の加熱に耐えるほど、熱に強い菌です。

 

【作り置き食材】

ご飯などの炭水化物に多いのが作り置き。一度にご飯を炊いておけば、何かと便利。食べ盛りのアスリートのいるお家などは、特にそうかもしれませんね。「おかわり!」という声に、すぐ応えてあげたいですもんね。
ただ、穀類の保存の仕方で食中毒のリスクが高まるのは想像できると思います。常温保存ではなく保温機能を使っているんだから安心と思いがちですが、↑先ほど書いた通り、熱に強い菌もあります。ご飯は冷凍保存、これはもう常識ですね。
でも、冷凍や冷蔵保存するにしても、一気に大量に保存して、中までなかなか冷めない状態が続くというのは、菌が増殖するほどよい温度でいる時間が長くなる分、食中毒のリスクが高まります。
ですから、早く冷めやすいように小分けにして冷蔵、冷凍することもポイントです。炊き上がったご飯は、1食分ごとに分けて、ラップや容器に入れる。その時も、おにぎり状などではなく、平らにまとめて包むと、中だけ冷めないということもありません。そしてさっさと冷凍!ということですね。

スポンサードリンク



【キッチン道具】

キッチンで活躍するふきんなどのツールも、使い方を間違えると細菌の温床になりがち。

奈良で作られている白雪ふきんを何年も愛用しています。柄が本当にたくさんあって、毎回選ぶのが楽しいふきんです。しかも乾きやすいので、どんどん洗って、どんどん乾かして、どんどん使っています!

洗っていない状態のふきんの細菌を100とすると、

水洗いすると 一般細菌は40% 除去  大腸菌群は80%除去

台所用洗剤で 一般細菌は80%除去  大腸菌群は95%除去

弱アルカリ性洗剤で 一般細菌は80%除去 大腸菌群は95.5%除去

されるそうです。

さらに、除菌効果を高めるには、乾燥、煮沸、塩素系漂白剤が大活躍。
塩素系漂白剤は0.5%に10分間つけると細菌が0になるというデータもあります。

美味しく、健康的に食べるためには、衛生面も大事。
元気に夏を乗り切るためにも、衛生のための一手間二手間を、面倒臭がらないように習慣化したいものですね。私も心がけます!!

4 Replies to “つけない、ふやさない、やっつける!”

  1. さすがに仕事柄、すぐに分かりました!!これは暗記させられました。手洗い場にもこの項目が貼られています!が、ここまで詳しい内容は完全に忘れてしまってました(;’∀’)これからの時期が要注意ですもんね(;^ω^)良い復習になりました!ありがとうございます(≧▽≦)

  2. まみこさんにきちんと記述いただいて、スッキリしました。
    私がいくら気を付けても、主人がなかなか理解してくれず
    悶々としています。見えない菌だけに怖いです。

    1. tide_girlさん、コメントありがとうございます!
      確かに、目に見えないモノですもんね。そして、普段の食生活でお腹が痛くなったり、吐き気がしなかったりするのも「当たり前」って、思いがちですもんね。
      そうやって、危険のない食事を作る側の努力って、実はすごく頑張ってるんだよ!って、わかってもらえるといいですよね(お互いに 笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください