修学旅行での出来事

うちの娘、てんやわんやの準備を経て(そりゃもうお年頃だから大騒ぎさ)、先日小学6年生としての修学旅行に、広島へ行ってきました。

 

帰ってきた彼女が、私の顔を見て最初に言ったのは「平和記念資料館がすごかった・・・」ということ。原爆が落とされて、亡くなる直前の子供が親に伝えた言葉、亡くなった子供に残された親が伝えた言葉などの展示を見て、涙が止まらなかったと言っていました。

 

お水を欲しがる子供に、でもお水をあげてしまうと火傷に良くないという、誰彼ともない噂を信じて、お水をあげなかったお母さん。その後数時間で亡くなった子供を思い「それなら思い切りお水を飲ませてあげれば良かった」と語ったことなど、娘は一生懸命私に聞かせてくれました。

「ひいおばあちゃんが生きていれば、今だったらもっといっぱいお話聞けたのに」と、数年前に他界した私の祖母に会いたがったりもしていました。

 

 

もちろん、お友達と過ごした時間、先生方と過ごした時間など、楽しかったこともたくさん教えてくれましたよ。地元の美味しいものも食べたりしながら過ごしたお土産ショッピングの時間の楽しさなども聞けました。お土産屋さんの一角で牡蠣まで食べさせてもらったんですって!ええなー。

 

家へのお土産はもみじ饅頭と、広島風お好み焼きせんべい(ソース味)。そして私には厳島神社で買い求めた小さなお守りもくれました。すごく嬉しかったです。大事にします。

 

無事に、楽しく修学旅行を終えたのだなぁと私もホッとしていましたが、その数日後になって娘が「あのな、実は言ってなかったんだけど」と、こんな話をし始めました。

 

平和記念資料館でのこと。

娘の学校は先生と生徒たちで資料館を見て回っていたのですが、修学旅行に来ている他の学校では、地元の観光ガイドさんのような方が、資料館での案内をされているところもあったそうです。

 

たまたま娘が通りかかった時、ある小学生グループのガイドさんが原爆の話をしていました。その後、小学生たちに質問を投げかけたのです。「では、これは誰が悪かったのでしょう」と。

 

娘は先を促す友達に「ごめん、ちょっとだけこの話聞きたい」と待ってもらい、娘はそのガイドさんの話の続きを立ち止まって聞きました。

「では、これは誰が悪かったのでしょう」。

その問いかけに、小学生グループの中の1人が答えました。

「誰も悪くない」。

ガイドさんは「違います」とおっしゃいました。

別の小学生が答えました。

「日本が攻撃をしかけたから、日本が悪い」。

ガイドさんはまた言います。「違います」。

そしてこう続けました。

「悪いのはアメリカです」。

 

 

日本とアメリカの両方の血を引く娘は、とても複雑な気持ちでそのやりとりを聞いていたそうです。そして「ママ、どう思う?」と。

私たちは日本人とアメリカ人のいる家族だから、複雑な気持ちはあるけれど、それと同じように、広島の人、原爆を体験した人ならではの思いもきっとあるよね。広島には、原爆の被害にあった人、そのご家族、子孫の方々も多いから、アメリカ憎しという考えの方もいまだにおられるのかもしれない。その考えを否定することはできない。みんなそれぞれの苦しみがあって、それは私には想像しきれないことだから。
でも、戦争の話ってとてもデリケートで、色々な考えがあるから、正解が1つだとは思わない。私はあえていうなら戦争を起こした人、戦争を続けた人、みんなに責任があると思う。平和についても、みんなが自分の責任だと考えるべきだと思っている。1番怖いのは、自分の考えだけが正解だと思って、それを押し付けること、そしてそれぞれが考える機会を奪うことだと思う。

 

というようなことを答えました。ちょっと長い答えにはなりましたが、娘は娘なりに一生懸命理解しようとして聞いてくれたように思います。

 

娘は「あんな風に小学生にガイドさんが自分の考えを正解だって教えていいのかなと思った」と言っていました。そういう疑問を持てたことだけでも、私は修学旅行に行った甲斐があったなぁと思います。ただ、目の前ではっきりと「アメリカが悪い」と言われたことは、娘にとっては半分自分が否定されたような気持ちになったのだろうなとも感じました。

娘の中での答えは、きっとまだ出ていません。それでいいのだと思います。

「色々考えさせられる経験だったね。でもこれからも考え続けていってほしいな」と伝えました。

 

 

そしてその後、宮島の水族館を見学していた時にも、ある出来事があったそうです。

お転婆な娘は水族館内を歩いているときに、ヒョイっとベンチをまたいだそうなんです。

決して褒められる行動ではないのですが、それを見た他の学校の修学旅行生たちが娘に言いました。

 

「あーー!ベンチまたいだりしたらダメなんだよ。外人さん!」

「うわ、ダメなんだよ!分かる?外人さん?」

「あ、日本語わかんないか~(笑)」。

 

 

そりゃ、ちょっと濃いめの顔ですが、うちの娘の母語は関西弁やっちゅーねん。

ガイジンって、なんやねん!うちの娘は日本国籍もってるっちゅーねん。

 

娘は傷つきながらも彼らに言いました。

「ベンチまたいでごめんね!でも日本語分かるから。今言ったこと全部聞こえてるから!!」。

 

気まずそうに立ち去った彼らは、それでも一言も謝らなかったとのこと。

 

そしてその後また水族館内で同じグループに遭遇してしまったそうです。

その時も「あ、さっきの外人や」「あ、日本語わかるんだった」とか言われたそうです。

 

 

今、2019年ですよ。

来年には世界各国から大勢集まる東京オリンピックもあるんですよ。

未来を担う小学生がいまだに「ガイジン」という言葉を使うこと、

いわゆる典型的な「アジア系」の見た目でない娘を「ガイジン」と簡単に呼んでしまうこと、

見た目が「ガイジン」っぽいなら日本語が分からないと判断してしまうこと、

それを誰もとがめないこと・・・。

恐ろしくなりました。

 

日本はどれほど時代に逆行しているんでしょう。

 

アメリカと日本の血を持つ子供を産み育てるということを、私は「もう21世紀なんだし、昭和的な差別なんてそうそうないだろう」と正直甘く見ていました。

それでも娘の話を聞くと、このような見た目だけで差別されることがいまだにしょっちゅうあるんです。

「嫌な思いをしたね。そんな中でもきちんと自分の言葉で言い返せて偉かったね」

と娘に言いながら、なんか悔しさやら悲しさやら、様々な感情がぐるぐる回って泣きそうになりました。なんでこんなに暮らしにくいの?なんでこんな風に意味なく傷つけられる必要があるの?

 

正直気持ち悪いです。

何を教育しているのだろう。

多様性とか、人権とか、

よく聞く耳障りのいい言葉って、上っ面のだけのものなんでしょうか。

 

もちろん、こんなしょうもない差別をするのはごく一部の人だと分かっています。

いわゆる「ハーフ」という人たちは何を言われても「はいはい、またか」ってさらっと流した方がいいよっていう考えをお持ちの方もいるでしょう。

でも、悲しい気持ちは否定できない。悔しい気持ちを持つのだって自然。

だって同じ人間ですよ。同じ小学生ですよ。なんでそんな排他的なことを言うんでしょう。

 

 

娘が平和を学びにいった広島であった出来事。

親としてもすごくモヤモヤしましたし、娘はもっと傷ついたことでしょう。

それでも、残念ながら世界にはまだまだ全然仲良くできない人たちがいっぱいいて、自分と違う人をすぐに排除する考えの人もいて、だけどそれは絶対的におかしいことだと娘が実感できたのではないかとも思っています。その思いが小さな光となって、彼女の平和を願う気持ちを育んでくれればと思います。

 

私たち家族もこれからも娘と一緒に考え、傷つき、悔しがります。

そしてきっとこういう経験が、娘を優しく偏見のない人に導いてくれると信じていきます。

 

様々な考えの方がおられることを承知の上で、あえて書きました。

最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。

りんご様様

朝からバレエ、夜までバレエ。

朝ごはんを食べたら、きっと夜まで帰ってこない娘。

何時に帰るか分からない・・・。

 

お弁当を持って行きました。

ネギ入り卵焼き、ハーブソーセージ、たらこおにぎり、ピーマンとナスの味噌炒め、自然薯の梅和え、きんぴらごぼう。

 

絶対これだけではエネルギー不足なので、あとはりんご1個。

 

果物の果糖はエネルギーに素早く変わってくれます。

リンゴ酸などの有機酸は乳酸を減らして、疲労回復効果も。

それから殺菌作用も持っています。風邪の季節の補食にいいですね。

食物繊維も豊富な分、しゃきっとした食感で食べ応えもありますね。

 

アスリートには嬉しい働きいっぱいのりんご。

この冬はりんごを箱買いして、キッチンの床下収納に入れて保存しています。

ここはお酒の保存にもいい場所なのですが、果物にもぴったり。

温度も湿度も低くて、とってもいいのです。

 

りんごさん、ありがとう。あなたが娘のバレエを支えてくれているわ。

あ、ちなみに私、娘がお腹にいる時のつわり中、

数少ない食べられたものがりんごでした。りんごサイコー。

おじさま酵素?

【この投稿に特に広告の意図はありません。どの企業からも金品の提供などは受けておりません】

 

娘の話ばかりで恐縮ですが、

先週のバレエの公演後、1週間ほどレッスンがお休みになりました。

それまで食べすぎないように我慢していた彼女も、

公演後すぐに「焼肉食べたい!!」とモリモリ。

体が肉を欲していた!って感じの見事な食べっぷりでした。

基本的に食べるの大好き、好き嫌い無しという娘が

「わぁ、お腹いっぱい食べた〜」と満足気な笑顔を見せていました。

 

その後、ボチボチ現実に戻ってきて

「レッスン再開前にもう少しスッキリしておきたいなぁ」と言い出した娘。

私としては「ダイエットなんてやらなくてええんちゃうの?」

って感じだったのですが、

バレリーナとしての自覚は大事なことだと思いますし、

体に影響がない程度のダイエットを計画しました。

 

でもダイエットって一人でするのはしんどいですよね。

ですから、私と夫も一緒に

2日半のファスティング的ダイエットをすることにしました。

 

今回娘がどうしても試したいと言っていたのはお嬢様酵素Jewel

 

フィギュアスケートのメドベージェワ選手がアンバサダーを務めているそうで、

可愛いYouTuberさんたちの間でも人気なんだとか。

 

酵素ジュースにマンナンタピオカ入りというこの商品を

牛乳、豆乳、炭酸水、ヨーグルトなどで割って1食置き換えるというダイエットです。

「これだけを食事にする生活を2日続ければ即痩せ!」

 

みたいな謳い文句も書かれていたのですが、

なんせ成長期の子供ですので、これだけを食べ続けるのは絶対禁止。

 

1日1食は、お嬢様酵素Jewel、

あとはスープやご飯少なめのおじやなどにしました。

脂肪分はほとんど摂らず、

消化にいいものだけを食べるという生活を2日間。

お腹が空いたら、お茶を飲む。

水分は1日2リットルを目標に。

 

栄養バランスはしっかり考えて、体の不調が起こらないよう、気をつけました。

 

 

その結果、2日半で

娘は1.5キロオフ。

夫も私も約2キロのオフとなりました。

 

痩せたこと以外によかったこと。

 

1 胃が小さくなったこと

スープなども、ちょっと食べたらお腹が満足!という感じになりました。

 

2 昼間の眠気が軽減されたこと

ランチの後、眠くなったりしませんか?

それがほとんどないというのは、とっても快適。

なんだか軽快に動けました。

 

3 何を食べるかを厳選するようになったこと

1回の食事で、何をどう食べるか、どういう順番で食べるかも

含めて、じっくり考えるので、食のありがたみもすごく感じます。

 

などなど、メリットはいろいろありました。

 

続いてはデメリット。

1 空腹

もちろんお腹は減ります。「お腹すいたー」と家族の誰かが言い出したら

「この空腹の瞬間、あなたは痩せているのよ!」と励ます(笑)。

 

2 買い物が辛い

スーパーやデパ地下、パン屋さんやケーキ屋さんなど、

街に溢れるいい匂いの誘惑に負けないように頑張りました。

 

3 レシピ作りが辛い

一人でダイエットをしていると、自分は食べないのに家族のために

ご飯を作るのはなかなかの苦行。

そうならないように、家族全員でダイエットしようと決めたのに、

私は番組でご紹介しているレシピを作らねばならない・・・。

美味しいのができたら、試食はほんのちょっぴり。

あとはダイエット終了後に食べるように冷蔵保存にしました。

 

4 味に飽きる

甘いものがあまり好きでない我が家にとって、

お嬢様酵素のマンナンタピオカの酸味は、とてもありがたかったです。

とはいえ、甘酸っぱいだけのご飯っていうのもやっぱりさみしい。

しかもお嬢様酵素以外の食事も、スープ1皿とか、おじや1ボウル

と言ったワンプレートもの。

いわゆる日本の定食のような、様々な味のものをバランスよく食べる

というのは、本当にいいものだなぁと改めて思いました。

 

5 あっという間に痩せたから、リバウンドに気をつけねば

身体は、自分に必要なエネルギー量に適応していきます。

つまり、急激に摂取カロリーを減らしたら、当然痩せるものの、

少ない食事をデイリーに続けていたら、ある一定以上は痩せません。

ダイエット中の停滞期の理由です。

停滞したら、ちょっと運動を増やすなどの負荷をかけると

また身体は痩せ始めますが、少ないエネルギーでも身体を維持しようと

いう風に人の体は変化していくんですね。

今、うちの家族みんなの身体は

「やばい!急激に痩せている!」と思っているわけです。

ここでどか食いなどしてしまったら、「よっしゃー、取り戻すぞ!」と

どんどん増やしていこうとするはずです。

 

だからこそ、大事なのはここから。

少しずつ、

量やタイミングに気をつけながら、通常食に戻していく。

「この体重が正常だよ。この食事量で、この体重を維持するんだよ」と

身体を騙していくという感覚ですね。

 

 

あーーー、書いてしまった。

リバウンドしないように、自らを追い込んでしまったよ、私。

2キロくらいのダイエットだったら、周りに分かるほどではないし、

リバウンドだって気づかれないはずなのに。

 

みなさま、私がふっくらしてきたら(今も十分ふっくらしているのだが)、

「リバンドしちゃったんだね。人間だもの。よしよし」と

優しい目で眺めておいてください(←すでに逃げ腰だわ 笑)。

 

 

まぁ、ダイエット&リバウンド防止は

多くの方にとって興味あるトピックスに違いありません。

まずは体が健やかに動くことを前提に、

これからも人体実験、いや、実体験も踏まえながら

書いていけたらと思っています。

 

余談ですが。

このお嬢様酵素って、どこから見ても若い女性をターゲットにした商品。

それを40代後半の夫が、いそいそとグラスに注いで

「今日は豆乳で割ろうかな」とか言っている図は

なかなかシュールでした。

 

お嬢様酵素ならぬ、おじさま酵素。

我が家のおじさまにも好評でした(笑)

 

冒頭にも書きましたが、お嬢様酵素の回し者では決してございません。

春の七草とやらかし話

1月6日(日)に娘のバレエの公演があり

娘も私も心地よいとはいえ、疲れが溜まりまくり。

 

翌日7日からは、仕事に学校と通常モードだったので、

私は朝早く起き、朝食作って、家族を送り出して、仕事へ。。。

 

ちょっと疲れが取れていないなぁという感じはあったのですが、

いつも通りに働いて、夕方からは新年会へ。

 

 

結果的にはこういうスケジュールだったのですが、

2つほどやらかしました。

 

その1

七草粥作り忘れた!!

「バレエの公演の日はとてもスーパーになんて行く余裕がないだろうから、

七草キットはあらかじめ用意しておこう」と、ちゃんと買って

冷蔵庫に入れておいたのですよ。

 

なのになのに、すっかり忘れて全然別の朝食を用意していました。

 

出勤途中にFacebookを立ち上げたら、いろんな方が

「今日は七草粥」って投稿されていました。

私「あ・・・」。

 

てな訳で、本日8日に、1日遅れの七草粥をコトコト煮込む。

1日遅れでも、優しい美味しさ。やっぱり食べてよかった。

 

悔しいから、春の七草の栄養を調べました。

 

ビタミンAやCを中心に、鉄分、カルシウム、などのミネラルが多そう。

ほとけのざには、抗酸化物質が多いんですね。

つまり、風邪のひきやすい時に、粘膜を健やかに保つビタミンAや

免疫力UPのビタミンCや抗酸化作用を持つ食材。

さらには、お餅やお魚お肉といった、炭水化物、タンパク質が多い

お正月料理の後に、ビタミン、ミネラル補給という意味合いも

あるのかもしれませんね。

よく言われることですが

疲れた胃に消化のいいお粥というのも理にかなっています。

昔からの風習は本当によく考えられているものですね。

 

 

そうそう、やらかしネタもう1つ。

その2

職場でダウンジャケット紛失事件

 

FM COCOLOの番組制作チームは、ファンキーバーと呼ばれる

フリースペースでそれぞれのチームごとに打ち合わせを

することになっているので、その日もパシフィックチームで

朝から打ち合わせ。

打ち合わせをしていた隣のテーブル&椅子に、私は

朝出勤した時に着ていたダウンジャケットを置いたのです。

 

その後、スタジオへ移動する時に、荷物をすべて持っていき

番組が終わったらまた荷物を全部持って打ち合わせスペースに戻る。

というのが通常のパターン。

 

で、番組終了後に打ち合わせスペースに戻り、

さぁ、そろそろ局を出ようとしたところ、

ダウンジャケットがない!!

 

スタジオに置いてきたかなぁと、

探しに行きましたが(メメさんお邪魔しました)、ない!

スタジオ前の机とか、打ち合わせスペースを見ても、ない!

他のスタッフに聞いてもみんな見ていない!

 

あれ?私、そもそもジャケット着てきたっけ?

と思うくらいに見つからない。

そりゃ着てるわ。着てなきゃ凍え死んでる!(奈良の朝をなめるな、私)

 

誰か間違えて着て帰ったとか?

まさかコングさん?いや、サイズ的に無理やな。

 

とか、いろいろ考えたのですが、

ふとファンキーバーを見ると、朝の打ち合わせテーブル横に

そのまんま置きっ放しになっておりました。。。

私のジャケットが数時間テーブルを占領していました。

関係者各位、ご迷惑おかけしました。ごめんなさい。

 

 

この2つのやらかし、私史上初めてのこと。

やっぱり疲れが溜まっていたのかなぁ。。。

ま、大きな怪我とか事故とかじゃなくてよかったよかった。

 

みなさまもお気をつけあそばせ(私に言われたくないでしょうけど)。

 

外れたつけまつげ

この週末、SNSの発信もせず、遠出することもなく・・・。

(グラミー賞の予想や、イベントの取材や、

YUMMY TOPICSのレシピ作りはやってましたけど)

 

娘のバレエの公演が今日6日に行われたため、

レッスンへの送り迎えや、

衣装の最終チェック(やっぱりほつれている箇所あり)や、

補食の準備やら、

細々動いたりもしていました。

 

とにかくこのところ気を遣っていたのは、体調管理。

 

インフルエンザも猛威をふるい、

風邪も蔓延しまくりな今日この頃。

「手、洗った?」「うがいした?」

「髪の毛乾かした?」「早く寝なさいーーー!!!」

 

などなど、どれだけ口うるさかったことでしょう。

 

「早く寝なさい」、とはいえ、この冬休みの間ほとんどバレエ漬けで

ひどい時は帰宅が22時半過ぎとか・・・。

12時間以上バレエスタジオにいるとか・・・。

冬休み中、バレエがお休みだったのは3日間だけ。

 

娘と一緒にバレエをやっている仲間たちも

寝不足でニキビができただの、

結膜炎が辛いだの、

口の周りにヘルペスができただの、

満身創痍の中、公演への準備を進めてきました。

 

寝不足なら、せめてしっかり食べて、体調整えなさい

と簡単に言えないのが、バレエの大変なところ。

本番を前に、衣装のサイズが大きくなってしまうような事態は

避けなければなりません。

長時間のレッスンに持っていく食料も、脂っこいものは避け、

でも糖質補給はある程度やってもらいたいし・・・と悩んだり。

 

 

とにかく、そんなこんなを経て、ようやく本番の日を元気に迎えました。

 

今日の私が用意した補食はこれ。

鮭と海苔のおにぎり、唐揚げ、ちくわきゅうり、ネギ入り卵焼き、プチトマトのお弁当に、一口サイズに切ったりんご、さけるチーズ。

 

バレエの本番の時の食事で気をつけたのは

・メイクが落ちないような一口サイズのもの。

・衣装を着たまま食事はしないのですが、万が一の場合に備えて、こぼしてもシミができにくそうな食事内容にする。

・栄養バランス。

・お腹ぽっこり、なんてことにならないように量はほどほどに。

・合間にちょこちょこ食べるので、小分けして。

・様々なスポーツ同様、本番前は消化のいいもの。

 

 

といったところです。

衣装を汚さないというのはすごく気配りしなければならず、

水筒にもお茶ではなくお水にして、ストローもつけて・・・

といった工夫も必要です。

 

食事のサポートくらいしかできない私ですが、

本番はお当番として、クロークの担当などもしつつ、

娘の衣装替え、ヘアアクセサリーの付け替えなどを

手伝うために楽屋と客席を行ったり来たり。

今日、万歩計をつけていたら2万歩は行ったんちゃうか?

っていうくらい会場内を歩きました。

足の裏がジンジンするなう。

 

 

でもね、そんなことはどうでもいいんです。

娘が思いっきり練習の成果を発揮できたから。

親バカに聞こえるかもしれませんが、

すごい成長を見せてくれたから。

娘が、娘らしく思いっきり表現していたから。

 

それですべて吹っ飛びました。

バレエのお迎え時間が遅くて、いつまでもお風呂に入れず

私も寝不足が続いていたことも、

決して少額とは言えない出演料に心拍数が上がったことも(笑)、

疲れと緊張感でイライラする娘に八つ当たりされたことも、

すべて吹っっっっっっ飛びました!!!

 

何より嬉しかったのは、

娘がカーテンコールで感激のあまりぼろ泣きしたこと。

 

ステージを作り上げる感動、やりきった喜びを

いっぱい味わわせてもらえた涙なんだなぁと、

本当に私も幸せな気持ちになりました。

そう、この醍醐味を知って欲しかった。

ジャンルは違えど、私も音楽やMCなどで何度もステージに立ち、

その準備の苦しみも、作り上げる達成感も知っているから。

だから娘にもこの病み付きな喜びを実感して欲しかったのです。

 

バックステージで、先生にご挨拶をしに行った娘に、

先生は素晴らしい言葉をかけてくれました。

もったいないから内緒ですが(笑)、

娘のこれからに、大きな影響をくれるようなあったかい光のような言葉。

ここまで厳しかった先生だからこそ、大きな意味のある言葉でした。

それで、また娘の涙腺は決壊してました。

証拠写真。

ここから15分くらい号泣が続きました。

つけまつげも外れました(笑)。

 

これまでで1番嬉しいまつげの外れ方でした。

 

いいもの見せてもらいました。

お疲れ様。ありがとう。

母としてあなたを誇りに思います。