昼休みのあり方

先日投稿した、市販の加工食品の栄養価というエントリーにも書きましたが、今時の20代30代の働く女性が栄養不足だというお話。

昨日もテレビで特集が組まれていました。
今のいわゆるOLさんたちの栄養状態は、戦争直後の栄養状態以下だとか。

テレビでのインタビューで、丸の内のOLさんたちに

「仕事が忙しくて食事を抜くことってありますか?」と尋ねたところ

「時々ありますね。忙しくてお昼ご飯食べられなくて。おやつ、後で食べるかな、みたいな」

 

といった答えが出ていました。

 

それを見て思ったのは、お昼休みを12時から13時に設定している会社が、その設定をなくすだけでも、欠食を減らすことができるんじゃないかなということ。12時には食べられなくても、午後になって仕事が一段落したところで、ランチをとればいいのになと思ったのです(その分、夜ご飯を軽くするなどの対策も出てくるでしょうけれど)。

いやいや、その分残業が増えるじゃないかとか、一段落したってランチ食べる時間なんてないぞ、ということもあるのかもしれませんね。でも、それが普通と思うのはどこか違うぞという気がしてなりません。

とはいえ、
私は大学卒業直後からずっとラジオ局で働いているので、12時から13時の間にランチ休憩が設定されているという環境で働いたことがありません。24時間稼働しているラジオ局では、それぞれの番組や仕事のスケジュールに合わせて、食事がとれるタイミングで、各々食べています。だから、現実がわかっていないのかもしれませんけどね。

 

企業戦士のみなさんには、「言うは易し、行うは難し」ですかね。
でも、2017年この飽食の時代に栄養失調っていうのが、どうも気になって・・・。

 

ま、フリーランスの人間の独り言です(笑)

 

“昼休みのあり方” への2件の返信

  1. う~ん、食べる物が溢れている時代にそこまで栄養状態が良くないのは考えものですね(・_・;)確かに時間が取り難いですね…私もお昼抜きが当たり前(^▽^;)真美子さんがおっしゃってる様に時間の設定に幅を持たせれば可能かも!定着してしまってるパターンを変えるのも難しいんでしょうけどね(;’∀’)

  2. 真美子さん、こんにちは^ ^
    寒くなりましたね。ウチのニャンコさんのおこもり時間が長くなり、季節を感じます(笑)
    お昼ご飯…私たち夫婦も時間に関係なく仕事の合間に食べてます。最近、またお弁当を始めました。忙しい時もきちんと食べられるので身体にも気分的にも安心です。
    息子の会社では、早番と遅番の交代制で、ランチタイムとなっているそうで、忙しい時も仕事の分散をしつつ、お昼休みも確保出来る様です。
    色んな方法で、欠食せずにみんな健康的に働けますね。何よりお腹が空いたらイイ仕事なんて出来ません。社員の健康第一の企業はきっとイイ仕事をする会社だと思いますね…
    しっかり食べて元気に頑張りたいと思います^ ^

コメントを残す