成長痛?

このサイトを時々訪れてくださっている方はご存知かもしれませんが、うちの娘の目下の課題は背を伸ばすこと。以前も「背を伸ばそう」というエントリーで、カルシウム摂取のお話などを書きました。
その後も、カルシウムを意識的に摂る生活は続いております。

先日のこと、娘が体操の練習を終えたときに「膝が痛い」と言いだしました。

スポーツをしている子供さんのいるご家庭では、きっと「あるある」かもしれませんが、スポーツ中の怪我にはいつもハラハラさせられますよね。これまでに、我が家でも、捻挫をはじめいくつかの怪我で、娘の練習が滞ったり、お医者さん通いが続いたりしたことがありますので、「痛い」という言葉には、とてもドキドキします。

というわけで、今回も「え?膝痛いの?大丈夫?」とドキドキ・・・。

今、お世話になっている大阪の体操クラブには、氷がいっぱい入った製氷ボックスがあります(スーパーの生鮮食品用の氷がもらえる、ステンレスの大きなボックスをご想像していただけたら良いかと思います)。

体操競技は、捻挫系の怪我がとても多く、練習中に少しでも痛めた可能性がある選手たちは皆、率先してその氷の入ったボックスからビニール袋に氷を入れて、患部にあてたり、バケツにお水と氷(もっと冷たいのが欲しい人は塩を加えて)を入れて、そこに足を入れて冷やしたりしています。とにもかくにも、早めのアイシング!ということを徹底しています。アイシング時間は15分。それ以下だと患部が十分に冷やせないし、それ以上だと今度は凍傷になる可能性があるので、15分厳守なんだそうです。

娘も練習帰りの車の中で膝が真っ赤かになるまで、15分アイシングをしていました。

翌日見ると、膝は腫れることもなく、普通に歩くこともできる程度の痛みで済んだようです。
でも、体操の練習に行くと、跳馬の踏切をする時、床で宙返りなどの技の後に着地する時、思いっきり走る時など、膝に負担がかかる動きをすると、時々鋭い痛みが走るとのこと。

私は娘の体操の先生から「1度受診した方がよいのではないでしょうか」と言われ、同じ先生は娘に「病院にいってちゃんと診てもらわないと、次の練習に参加させないよ!(笑)」とまでおっしゃったとのこと。それほど大きな怪我ではないにもかかわらず、こうして心配して、大事を取ってくれるということに、とても感謝しました。

というわけで、素直に受診・・・。

かかりつけのスポーツ整形外科の先生は、まずはレントゲンの撮影をして、それから娘の膝を曲げたり伸ばしたり、あちこち押したりして痛みの確認をして・・・

「有痛性分裂膝蓋骨症」

という難し〜〜〜い文字を書いてくださいました。

「ゆうつうせいぶんれつしつがいこつしょう」

というそうです。

「成長期の子供に多い症状なんですが、激しい運動や、打撲などで膝のお皿が一部、割れるんですねー。サッカーとか、バスケットとかやっている子にはよくあることですよ。
お嬢ちゃんの場合も打撲などではないようですから、体操でそうなったんでしょうね。で、その割れた部分が、激しい動きをすると引っ張られて痛みが発生します。でも、成長とともにお皿の破れたところもくっつくと思いますよ。ね、ここ、わかりますよね」

 

とレントゲンの写真を見せて説明してくださいました。

それがこれ!!

 

赤い丸で囲った部分が、膝のお皿の割れた部分。

もしもこれが治らずに、痛みが続く場合は、割れた部分から数カ所あえて穴を開けて、その穴をふさぐべく、骨が自然にくっつくことで、割れた部分も補修されるという治療方法を取ることがあるそうです。ただしこれは、骨の成長が見込まれる成長期のやり方。

もう成長しないという年齢の場合は、ボルトで固定する場合も稀にあるんだとか。

 

娘の場合はまだまだ骨が成長するだろうから、このまま痛みがひどくならない限りは放っておいて大丈夫とのこと。練習もこれまで通り続けていいよと言われました。怪我というわけではなく、いわゆる成長痛の1つくらいに思っておけばよいようです。

体操の先生は「膝の痛みって、靭帯がちょっぴり伸びた可能性などもありますから」とおっしゃっていたので、不安でした。体操選手で靭帯を痛める人も多いですし・・・。だから、ほっと一安心。

 

しかも!

「ね、この辺見てごらん。骨がこれから伸びていくとこだよ。背が伸びるよ!」とレントゲンを見ながら、先生がおっしゃるではありませんか。

 

この青丸で囲ってあるあたり!

骨に隙間があって、白く濃く見えるあたり!うほー。

ここが成長するところなんですって!!「これから5センチ、10センチと伸びていくよ」との先生のお言葉に、満面の笑みで、いや、ハイタッチしながら診察室を後にしました。

さぁ、カルシウム生活続けるよー!

私もモチベーション上がりました。

“成長痛?” への3件の返信

  1. こんにちは〜^ ^
    成長痛… 痛みがひどいと辛いですね…小学、中学生の頃はみるみる成長しますからね〜(笑)
    朝起きて伸びをしたら骨がミシミシ音をたてて、「あ、今骨が伸びたな。」とわかったと言う男子がいました^ ^
    真美子さんの娘ちゃんも、まだまだこれから成長期。元気に楽しく、心も身体も健やかに過ごされます様に…
    寒くなりました。今晩は、クリームシチューにしますかね〜(^o^)

    1. 骨がミシミシって話、ダルビッシュ投手も高校時代におっしゃってましたよねー。その話を娘にしたら「うらやましい・・・」って言ってました(笑)
      私も背が伸びたのは遅めで、中学を卒業する頃には周りの背丈に追いついたから、娘も遅い方なのだと思います。「焦らない焦らない」って言い聞かせています。

      クリームシチューいいですね。素敵な週末を❤️

  2. 成長痛の1つだと聞いて一安心ですね(^▽^;)アスリートのは怪我が付き物(・_・;)心配ですもんね。私は中学生の時まで身長が低く(前にならえの時に腕を前に伸ばした経験無しでした(~_~;))病院に相談に行き、その時に手と腕のレントゲンを撮られ手と腕の繋ぎ目に同じ様に隙間があるから大丈夫だと言われ、確かに高校生の時に一気に伸びましたよ!長女は私の身長を早く追い抜かしたいらしく、やたらとライバル視してきます(;´Д`)こちとら、毎年数ミリ単位で身長が縮んでいるので時間の問題ですわ(;´Д`A “`物凄く寒くなるみたいですので御家族の皆さん、お風邪など引きませんように。

コメントを残す