運動会の練習の際、気をつけたいこと

スポーツの秋到来!
ということで、私も夏の間サボっていたジョギングを復活させました(ついでに、サボっていた本ブログも更新 笑)。秋の風をちらほら感じられる9月の夕方、赤く染まる空を見ながら走るのは、とっても気持ちが良いです。

 

でも日中はまだまだ暑いことも多い時期。そして秋の運動会が行われる学校では、2学期に入ってからの運動会の練習が、かなりハードになっているのではないでしょうか。うちの子供の学校も同じく、毎日のようにリレーの練習だとか、踊りの練習だとか、体操服に着替えて運動場に出ています。

 

 

学校からも「熱中症対策に、この期間はスポーツドリンクを持ってきてもいいです」というお達しをいただいています。普段から、屋外でハードに練習するスポーツに関わるアスリートの皆さんには、ごくごく当たり前の内容かもしれませんが、まだまだ暑い中での運動会の練習対策を、今回はしっかりと書いていこうと思います。

 

 

  • 朝ごはんをしっかり食べる

朝ご飯で摂取する塩分は、実はその後の運動会の練習の際に、汗で流れる塩分を補うためにもとても大切です。朝ギリギリまで寝ていて、朝ごはんを食べないで登校するというお子さんも、運動会の練習がある日は特に朝ごはんを食べて出ることが大切です。もちろんエネルギー補給としても大切。そのためにも、まずは大人が朝ごはん抜きの習慣を変えていきたいですね。
時間がない、食欲がないという場合におすすめなのは、スープ類。コーンスープ、ポテトスープ、パンプキンスープなどは、塩分と、牛乳のカルルシウムやタンパク質、そして糖質も、ビタミンも取れますので、スープ1杯でも栄養バランスが比較的良くなります。(もちろんそこにフルーツやサラダ、卵、パンなどが入ると、なお良いのですが)。
うちでは、朝ごはんは、胚芽米&具沢山のお味噌汁という組み合わせが多いのですが、お味噌汁ももちろん非常に栄養バランスが良い、朝食向きの一品ですね。
 
・ 睡眠時間は長めに
若さあふれる小学生でも、疲労がたまります。中には半日運動会の練習をした後に、スポーツの練習に行ったり、部活をしたり、塾やお稽古事に行ったりということもありますね。イマドキの子供は忙しい!その分疲れがたまりますので、しっかり寝る時間を確保することを、親が意識したタイムスケジュールを組みたいものです。ちょっと寝つきが悪い時は、寝る前に少しホットミルクを飲むのもおすすめです。

 

 

・ 水分を多めに

学校に水筒を持っていくお子さんも多いと思いますが、運動会の時期は水筒2本構えで持って行ったり、大きめの水筒に変えたりすることもあるでしょう。麦茶などの他、スポーツドリンクを持たせる場合もあるかもしれません。その場合に、気をつけたいのは市販のスポーツドリンクの場合、砂糖が多すぎること。スポーツドリンクを水で薄めて持っていくとか、手作りスポーツドリンク(以前「アス飯前!!」サイトでご紹介したことがあります。こちらをご参照ください)にして、お砂糖を少なめにするといった工夫をするのも良いですね。
また、口を直接ボトルにつけて飲むタイプの水筒ならば、口からの雑菌が繁殖しやすいのも、スポーツドリンクの欠点。砂糖が入っていると、それだけ雑菌の餌になりやすいですから、スポーツドリンクを水筒などに入れる場合は、

 

  • コップ付きの水筒で、毎回コップに移し替えてから飲むようにする
  • 大きな水筒に入れずに、短時間で飲み切れる量だけを1本の水筒に入れるようにする

 

など、雑菌が繁殖しにくい環境を作ることも大切です。
熱中症対策として、最近の学校では比較的こまめに水分摂取のための休憩を取ってくれるようになっていると聞きますが、喉が乾く前に飲む!ということをお子さんにもしっかり教えておいても良いですね。朝、出かける前に2口3口のお水を飲ませる、体育の時間の前にも数口の水分補給、などルーティーン化させるのも1つの方法です(きっと体育の時間が始まれば、先生が声かけをしてくれると信じて)。1度にごくごくと大量に飲むよりは、数口ずつ、何度も分けて飲む方が、熱中症対策としては有効です。

 

 

・ ペットボトルを凍らせて

先ほどのスポーツドリンクを飲む際の雑菌対策とも関連付けられるのですが、スポーツドリンクを小さいペットボトルに用意して、それを前日から凍らせておくのもいいですね。雑菌は温度が上がれば、より繁殖するので、凍らせていることで(保管する場所にもよりますが)しばらくは冷たさが保たれます。その分、常温のドリンクよりは、清潔に保てるでしょう。

凍らせたペットボトルがまだ冷たいうちなら、熱のこもった体を冷やすためにも使えます。脇、脚の付け根、首などの太い血管が通るあたりに冷たいペットボトルを当てて冷やしてください。

 

 

・ 汗対策の下着

この時期ならまだTシャツ1枚で登校するお子さんも多いと思いますが、体育のある日はその下にタンクトップなどの下着を1枚着ておくと、汗を吸い取ってくれます。体育が終わったら、体操服と一緒に下着も脱いでしまえば、すっきりですよね。また汗を拭き取るためのタオルも持たせたいところです。その際に、汗を拭き取る直前にタオルを濡らして、濡れタオルで汗を拭くと、水分の気化熱が奪われて、乾いた後さらっとします。汗のベタベタもおさまるし、スッキリ涼しく感じられるし、一石二鳥です。

 

 

以上、書いたことはある意味ごく当たり前の内容ばかりかもしれません。逆に言うと、当たり前のことを、当たり前にやるだけで、熱中症対策はかなりできるわけです。運動場での練習が長くなりそうな日や、気温が上がりそうな日などは、特に、出かける前のお子さんに、再度声かけをして注意を促してあげることも大切ですね。どうしても子供って、友達同士でワイワイ賑やかに過ごしていると、親からの注意が抜けがちになりますからねぇ。。。

 

大変ではありますが、運動会を経験すると、毎年少し成長した子供の姿を見せてもらえる気がします。子供にとっては大切な機会。健やかに乗り切れるように、応援したいものですね。

“運動会の練習の際、気をつけたいこと” への3件の返信

  1. さぼってたんですか!?!?(; ・`д・´) 運動会の練習、追い込みですよね!私達の時と違い日差しがキツイですもんね(;^ω^)娘達の学校はスポーツドリンクは持っていけないのですが塩分補給は大切です!朝ごはんで味噌汁は良いですね!(^^)!実践します!睡眠はいつも爆睡してるので大丈夫でしょう(^▽^;)私が眠りが浅いのでミルクを飲もうかしら?(;’∀’)それって年齢のせい?(・_・;)

  2. こんにちは~^^
    最近、息子の母校の小学校は、春に運動会をしています。
    これも、暑さ対策かと思いますが、やっぱり運動会は秋!!かなぁ??
    あの頃は日頃のケアにも気を遣いましたが、運動会当日のお弁当も暑さ対策が必要でした^_^;(ワサビに殺菌効果があるから????と聞いて、お弁当箱のフタに薄く塗ったことも・・・(笑))
    あれこれ考えてのお弁当作り・・・ホント昨日のことのようです。
    写真やビデオを撮る場所取りや、PTAでの参加種目など、親にとっても思い出深い行事でした。
    元気で怪我などのない楽しい運動会になりますように・・・・
    あ・・・何よりお天気!!!晴れるといいですねぇ~~(;^ω^)

    1. 雰囲気的に秋のイメージですよね、運動会って。春の運動会は、学年が変わってすぐに練習を始めるから、色々大変な気もします・・・
      そうそう、わさびの殺菌効果は確かにいいですよね。お弁当用のシートで、わさび成分が入っているものもありますよね。

      我が家ももうすぐ運動会。暑くなりすぎませんように祈っております!

コメントを残す