もったいないお話

アスリートフードマイスターの資格を取る前から、食には興味がありましたし、娘がとにかく運動好きなので、より健やかに体を動かせるために、食はおろそかにできないと常々考えておりました。
だからこそ、プロのアスリートたちがどんな食べ物を食べておられるのかに、興味があるのですが・・・。

先日、ビックリな記事を発見。

 

牛が草を食べているから、牛肉を食べている人間は野菜を食べなくて良い??
冗談でしょ?ネタでしょ?って思ったんですが。。。

牛が食べた草は、牛の体のために使われるのであって、牛肉を食べた人間にそのおこぼれは、ないでしょう?

子供の教育上よくないから、子供の前では野菜を食べるっていうのも、なんだかなぁ。。。

牛肉を悪いと言っているんじゃないですよ。牛肉はたんぱく質としても良質で、そして赤身部分には鉄分も豊富。適宜、食事に取り入れたい食材です。

でもアスリートなんですから、仕事なんですから。お野菜のビタミンやミネラルをないがしろにするなんて、もったいない!!よりよいパフォーマンスができるための食事をすることも仕事のうち。怪我や病気をしないことも大事な仕事ですね。

サッカーの川島永嗣選手とか、

中澤佑二選手とか、

霊長類最強女子・吉田沙保里選手とか、

食の意識の高いアスリートの話題には事欠かないのになぁと、ちょっと残念に思いました。カッコいいプレーを見せてくれるアスリートが、食の大切さを説いてくれれば、絶大な影響力がありますよね。一方で、プロで活躍するアスリートが、いい加減な食事を公表すれば「偏食でもいいや!野菜食べなくても大丈夫!」なんていう誤解に繋がりかねません。

私はアスリートではないですが、偏った(食材数の少ない)食事をしていると、食の満足感が低くなり、ついつい味の濃いものとか、ジャンキーなものを欲しがちな気がします。たくさんの種類の食品を摂取していると、3食だけで満足できるように思います。きっと栄養価が足りているから、体が満足しているのでしょう。私ですら、食と体ってこんなにダイレクトにつながっているんだと感じるのです。ですから、毎日ハードなトレーニングを重ねるアスリートなら、もっともっと違いが分かるはずなんです。もっと考えた食事にすれば、きっとパフォーマンスの質も上がるはずなんです!
あぁ、村田修一選手!つくづくもったいないですよ〜(涙)
(村田選手ファンの皆様、ネガティブ投稿ごめんなさい)

“もったいないお話” への5件の返信

    1. いづみさん、ありがとうございます。ついつい読み込んでしまいました。ブックマークしておきます!アモーレさん、さすが長年活躍されているだけあって、プロ意識の高さが半端ないですね。素敵。

  1. まぁ、人それぞれ、色々な考えがあって良いと思います(;^ω^)教育の為に野菜を食べる(。´・ω・)?これは、ちょっと違う気が(^▽^;)私は肉2:野菜8ぐらいの割合ですね(笑)美味しい野菜を食べさせてあげたら自然と野菜好きなります!わが娘達も嫁のお母さんの手作り野菜のお蔭で野菜好きです!バランスの取れて食事を教育していけば良いと思うのですが(・_・;)

    1. 好き嫌いは仕方ないと思うこともあるんですが、今時のアスリートとしては「食べるのも大事な仕事、大事なトレーニングの1つ」という考えが主流という実感があるんです。だからこそ、ちょっと驚き、残念に思いました。
      第一線で活躍する人の影響力って大きいですからね。
      お野菜って、慣れもあると思うんです。特に小さい頃は食べず嫌いみたいなのもありますから、味覚が少しずつ大人になったら、苦手だったものが好きになることもありますしね。

  2. なるほど、確かに各スポーツに適した体作りは食べることで必要ですね!ただ単に鍛えれば良いという訳でもないですし…まだまだ、アスリートの方々の中には「食」に対する重要性が浸透していないのかも(・_・;)

コメントを残す