鶏胸肉の生姜風味揚げ焼き

鶏胸肉はイミダペプチドのおかげで持久力を高めてくれますし、低カロリー高タンパクの、嬉しい食材。しかもお財布にも優しいですもんね。これからも鶏胸肉をパサつかずおいしく食べられる方法を追求してまいります!
今日ご紹介するのは、鶏胸肉の生姜風味揚げ焼きです。唐揚げよりも油を使う量が少なく、短時間で仕上がります。鶏胸肉1枚分の分量でお伝えしていますが、倍量にして作り置きにするのもオススメです(理由は後で書きます)。

・鶏胸肉(皮なし)1枚
・お酒 大さじ2
・醤油 大さじ1
・砂糖 小さじ半分
・生姜 1かけら
・片栗粉 適量
・オリーブオイル 適量

1 お酒、醤油、砂糖とすりおろした生姜を混ぜ合わせる

2 そこに1.5センチ位の厚みに切った鶏胸肉を漬け込み、途中で上下ひっくり返して1時間ほど置いておく。

3 漬け汁を切った鶏肉に、薄く片栗粉をまぶして、少し多めのオリーブオイルをひいたフライパンで、揚げ焼きにする。

4 中まで火が通ったら出来上がり。

鶏肉を薄く切っているので、おにぎりやおにぎらずの具材にも使いやすい形。お弁当にも隙間なく詰められます!うちでは夕食のおかずに作るときに多めに作っておいて、翌日のお弁当や、おにぎらずの具材に使っています。
鶏胸肉で作っているのが分からないくらいに、しっとりと食べやすく、中まで味がしっかり行き渡っているので、そのままでおいしくいただけますよ。

“鶏胸肉の生姜風味揚げ焼き” への2件の返信

コメントを残す