自然派虫刺され対策

蚊が出てきましたね・・・。嫌いです。
ちょっと血を吸うだけなら、お目こぼししてあげるのに、なぜヤツらはかゆくするのでしょうか。かゆくするから嫌われるのに。。。

体操選手はレオタードを着て演技します。娘の試合用レオタードはノースリーブなので、腕も足も丸出し。虫刺され跡があちこちにあるのは、ちょっと格好悪いなぁと思うんです。とはいえ、我が家はそれなりに自然に囲まれておりまして、蚊にさされるのは当たり前。掻かなければ、治りも早いし、虫刺されの跡も残りにくいのですが、ついつい掻いてしまうんですよね。
というわけで、早めにかゆみを抑えるために我が家で愛用しているのは、おばあちゃんの知恵みたいなこれ。

ヘビイチゴをさっと洗って水分を切って、ひたひたになるくらいの焼酎を加えるだけ。ちなみにこれは黒糖焼酎に漬けてあります

 


ヘビイチゴを焼酎につけたものです。蚊にさされたら、なるべく早めにこれをチョンチョンと塗るだけ。これで随分かゆみが軽減するように思います。あまりにも重宝するので、ある日そのへんの空き地に生えていたヘビイチゴを、根っこごと少々採ってきて、うちの庭に植えました。今ではしっかり根付いて毎年たくさんの赤い実をつけてくれます。春先のお庭がとっても可愛くなるのです。

放ったらかしにしているのですが、ヘビイチゴは年々伸びていて、実のサイズも大きくなっています。日当たりとか、水はけとか、うちのお庭がヘビイチゴの生育に向いていたのかもしれません

先ほど、今年収穫したヘビイチゴを、焼酎の瓶の中に加えました。これで一夏は余裕で持つはずです。

スポンサードリンク


市販で便利なものは溢れかえっています。それを適宜選んで暮らすことももちろん必要ですし、私も実際そうしています。でも一方で、自然なもので賄えるなら、できればそうしたいという思いもあります。ささやかなことですが、この虫刺され対策も、私にとっては小さな自然派生活の1つです。

“自然派虫刺され対策” への2件の返信

  1. ヘビ苺って、食べたらダメ!!って、言われてたので恐ろしい物だと思って増した(^▽^;)虫刺されの薬になるとは!!って、いうか、最近、近所で見なくなってしまいましたが(;´・ω・)

    1. 実はヘビイチゴ食べたことがあります。。。まぁ、ほとんど味も香りもなかったんです。
      今はすっかり、ヘビイチゴ=虫に刺されてすぐ塗るお薬 っていうイメージです^^

コメントを残す